年上好きの女性は必見!年上男性にモテる甘え上手な女性の特徴

年上好きの女性は必見!年上男性にモテる甘え上手な女性の特徴

年上男性が好みなのだけど・・・何故かいつも年上の彼との恋愛は上手くいかない。

そんな女性に朗報です!今回は年上の男性をたちまち虜にする年上キラーのモテ技を紹介していきます。

彼への上手な甘え方や年上男性に「この娘は心配で放っておけないな」や「この娘には俺が付いていなくちゃ」などと思わせてしまうテクニックを駆使して意中の年上彼氏をゲットしちゃいましょう。

恋愛面以外でも会社の上司や取引先の相手に気に入られるテクニックとしても有効なので覚えておくと役に立つこと間違いなしですよ。

若い女の子特有の素直で柔軟な姿勢は好印象

年上の経験豊富な男性に気に入られるためについつい背伸びをしてしまう年下女性は多いものです。

確かにあまりに子供っぽい発言や過度な我儘、人前でベタベタしたり等の行動は年上の彼に呆れられてしまう可能性もあるでしょう。

しかし、だからといって分不相応の恰好をしたり、知ったかぶりの知識を披露するなどの背伸びした行動は不自然に見えてまうし、自分自身に無理を強いるとすぐにボロが出てしまいます。

年齢や経験値が違うのだから認識や知識に差が生じるのは当然のことです。

なので無理をして彼に合わせるのではなく、分からないことや知らないことは素直に彼に質問したり相手の意見をよく聞くようにしましょう。

素直に相手の意見を受け入れたり、新しい知識を柔軟に吸収できるというのは若者特有の魅力でもあります。

無理をして大人びた態度で接するよりも等身大の自分で彼にぶつかっていく方がずっと好印象ですし、背伸びした付き合いというのはお互いが疲れてしまうので結局長続きしないでしょう。

若い貴女だからこそ使える素直さを武器に年上の彼にアタックしてみてはどうでしょうか。

上手く男性を立てられる女の子は年上キラー!?

どんな男性にも少なからず「尊敬されたい」「凄いと思われたい」という願望があるものです。

そんな気持ちを満たしてくれるのが上手く男性を立てることの出来る女性であり、そういったテクニックのある女性は自然と男性人気も高くなるでしょう。

しかしいくら尊敬されたいといっても明らかに自分よりも役職の高い女性やずっと年上の経験豊富な女性からの賛美は男性側としても素直に受け取れず、複雑な心持ちになってしまうようです。

そんな複雑な男心にも上手く対応できるのが年下の女性なのです。

年下の女の子や部下であれば「○○さんのこと尊敬します」とか「いつも落ち着いてて格好いいですよね」などの言葉も男性は自然に受け止めることが出来るので「もしかして皮肉で言ってるんじゃ・・・」という邪推を持たれる可能性も低いでしょう。

それに年下女性であれば自然と年上男性に教えを乞う立場になることが多いので控えめに彼をサポートしたり、さり気なく気遣いを見せるチャンスも多くなるでしょう。

特に「頼りがいがありますね」とか「いつも感謝してます」などの言葉は自尊心を擽るので喜ばれるワードですよ。

やはり礼儀正しい女性は好印象!

年上の男性は若い男の子に比べて礼儀を重んじる場合も多いです。

きちんとした言葉遣いや行儀作法などにこだわっている場合もあるので社会人のマナーは身に着けておくべきでしょう。

男性も年を重ねると交際に結婚を意識することも多いので「この娘は礼儀正しいし常識もあるからいい奥さんになるだろうな」という印象を抱かせれば恋愛関係に発展する可能性も格段に高くなりますよ。

元より礼儀正しい女性が嫌いという男性もいないので普段からの丁寧な言葉使いや食事の際のマナーなどは勉強しておくに越したことはありません。

マナー検定や秘書検定などを受けるのもいいですがマナー教則本などに目を通すだけでも周りへの印象は変わってくるでしょう。

ひたむきで一生懸命な姿に心打たれる男性多し!

年下女性の強みともなるのが未熟だからこそ見える一生懸命な姿です。

女性のひたむきに頑張っている姿に心打たれるという年上の男性は割と多く、年下の女の子が懸命に頑張っていると「この娘を守ってあげたい」とか「自分が支えてあげなくちゃ」という感情になるのです。

庇護欲をそそるという言葉があるように余裕で仕事をこなしている女性よりも、不器用ながらも必死に仕事に食らいついている女性の方に男性は心惹かれる傾向があります。

とくに自分よりも若い女の子が一生懸命になっているとついつい助けてあげたくなりますしアドバイスしたくなるものでしょう。

なので年上男性に「この女性には自分が付いていなくちゃ」と思わせるテクニックを身につければ年上キラーになることも夢ではありません。

気になっている彼には余裕のある恰好いい姿しか見せたくないと思っている女性もいるかもしれませんが意外となりふり構わず必死になっている姿の方が輝いて見えているものですよ。