年下の男性に好かれる年上の女性の5つの条件とは

年下の男性に好かれる年上の女性の5つの条件とはのイメージ画像

生き方が多様化し、必ずしも結婚が女の幸せとは限らないと気付き始めた女性は、それと同時に恋愛観も変化させてきました。これまでの女性の恋愛対象は、出来れば年上の男性というのが基本にあったように思えます。

これは、結婚というゴールを見据えるならばある意味で当然の結果であったと言えるでしょう。

しかし現代の女性の中には、年上の男性が持つ包容力や安心感を求めない人も増えています。結婚が目標の恋愛ではないため、相手に上記のような部分がある事を必要と考えないからです。

女性が自由に恋愛をし始めた結果、年上の男性よりむしろ年下の男性の持つ「かわいらしさ」や「幼さ」を愛しく感じる女性は多くなって来ています。

とは言え、男性の価値観で「年下の女性を好む」傾向は今も昔も変わりません。年下の男性を恋愛対象と見る女性に比べ、年上の女性を恋愛対象と見る男性は圧倒的に少ないのが現実です。

このような事から、実際に年下の男性を好きになったとしても、最初から自分なんかは恋愛対象ではないと諦めてしまいがちではないでしょうか。

では、年下の男性に好意を持ってもらえる年上の女性とは、一体どのようなものなのでしょうか。

そこがわかれば、年下の男性を好きになってしまったからと言って、すぐに諦める必要はなくなる気がしませんか?

年齢を理由に自分を下げない女性である事

年下の男性と出会うと「こんなおばさんでごめんね」とか「年上なんかに興味がないでしょ」と言ったように、相手から言われる前に自分で自分を下げてしまう方がいますが、この言い方は男性に「ネガティブな人なんだ」という先入観を植え付ける事になってしまいますので避けた方がよいでしょう。

誰しも、後ろ向きな人より前向きな人との方が「また会いたい」と思うはずです。年齢差にこだわらない姿勢でいる事が、年下の男性との恋愛の可能性を高めてくれます。

甘えさせてくれる女性である事

年下の男性と親しくなりたいと思った時、自分が年下の女性のように彼に頼ってみるのがよいのではと考えがちですが、これは逆効果と言えます。と言うのも、年下の男性が年上の女性に惹かれる一番の理由は、「甘えさせてくれる」事、なのです。

男性は本来、誰もが皆マザコンと言われ、母親のように自分を包み込んでくれる女性を望んでいます

同年代や年下の女性とのお付き合いは、自分が優位に立てる一方で、何でも頼られっぱなしになって疲れてしまい、それが原因で破局に至るケースも多いのです。

年上の女性の自立した振る舞いで、年下の男性に「頼らない」強さを見せる事は、差別化を図る上でも有効な手段と言えます。

女性に好かれる女性である事

女性の傾向として、恋人には「私だけに優しくして欲しい」と思ってしまいがちですが、男性は逆に「誰にでも優しい」恋人を周囲に自慢したいという深層心理があります。

このため、職場などで普段から仲間を大切にしている姿を見せる事は、「あの人が僕の恋人だったら皆に堂々と紹介出来るな」と思わせる一つの切っ掛けとなります。

中でも、同性である女性から好かれている女性というのは、男性から見ても非常に高ポイントとなります。勿論、年下の男性に好印象を持ってもらうために、無理に年下の女性と仲良くなる必要はありません。

仕事上の厳しさは必要ですし、時には叱責する姿を見せてしまう事もあるかも知れませんが、その後のフォローが利いていたり、職場で率先して明るく挨拶をする事で年下の女性からの支持は得られるでしょう。

人徳のある女性は、男性にとってそれだけで「連れて歩きたい」自慢の恋人として候補に挙がるのです。

頼らせてあげられる女性である事

年下の男性が、年上の女性に好意を持つ切っ掛けとして〝甘えさせてくれる女性である事〟というのは2つ前の段階で述べさせて貰いましたが、やはり男性というのは基本的には「自分に頼って欲しい」と思うものです。

なので、何でも自分で解決してしまう女性を見てしまうと、自分は必要がないと考えてしまいがちです。

小さな事でも構いません。年下の男性にお願いしてみましょう。例えば、重い物を別の場所に運ぶ時や、高いところから荷物を下ろす時などに「お願いしてもいいかな」と素直に言う事で、年下の男性は「頼ってくれた」と満足するものです。

そして必ず「ありがとう」とお礼を言いましょう。

年上だから弱みは見せないと肩肘を張らずに、自然にお願いが出来、そしてお礼が言える女性というのは、年下の男性に限らず「チャーミング」であると捉えられます。

ギャップを見せられる女性である事

仕事をバリバリとこなし、上司にも物怖じせず意見を言える年上の女性を、年下の男性は「かっこいい」と思うと同時に、自分なんかには近寄りがたい存在だな、として認識してしまいがちです。

この、近寄りがたい存在という認識は2人が恋愛関係に発展する上において、一見するととても大きな障害と捉えがちですが、実はこの距離感こそ、年下の男性を自分に惹きつける大きな武器となるのです。

「自分なんかにはこんな素敵な人を落せるはずがない」と一旦は年下の男性に思われながらも、飲み会の席で話してみたら意外と気さくで楽しい人だった、とか、会社では冷たそうな印象だったのに、偶然見かけたペットショップで子犬を愛しそうに抱いていたなど、いわゆる〝ギャップ〟を知る事で、年下の男性の中にあった「自分には絶対手の届かない人」という諦めが、「もしかしたら恋人になれるかも」と言うチャレンジ精神に変化するのです。

男性には本来、狩りの本能があるため、ここまで思わせる事が出来たら、後は彼の方から積極的に迫って来てくれる事も考えられます。

どうでしたでしょうか。
年下の男性にとって、年上の女性というのはなかなか恋愛対象にならないとは言われますが、元々年上の女性が好きだという男性も存在するのは事実ですし、また、これまで年上の女性を好きになった事がなかったからと言って、これからも一生、絶対に好きにならないと断言する事も出来ないのです。

なぜならば、恋は、条件や好みのタイプに沿って選ばれた相手とだけするもの、ではないからです。

あなたが、あなたらしく素直に自然体でいて、大人の女性として周囲に気遣いが出来る女性であれば、年齢に関係なく年下の男性からも好意を持ってもらえるはずです。