「寂しい」「辛い」アラサー女が孤独を感じる3つのエピソード

shutterstock_130152032

未婚だから孤独?彼氏がいないから寂しい毎日?そんな考え方は馬鹿らしいと口では言うけれど、気がつけば人を羨んでいる自分がいる。

だけど同情なんてされたくない。だから楽しいフリをする。年齢を重ねれば重ねるほど、辛いことがあっても素直に弱音をはけなくなるアラサー女性は少なくありません。

彼女たちはいったいどんなことに傷つき、戦っているのでしょうか。少し心が痛くなる、そんなエピソードをご紹介します。

寂しさを人に見せない女

shutterstock_192454835
仕事のあとにデートする相手も、休日に泊りがけで旅行に行く相手もいない。もう何度、ひとりきりの夜を過ごしただろう。けれど「彼氏がいなくて寂しい」なんてセリフは死んでもはかない!

まずは、フリー生活を満喫する自分を演じている女性のお話をご覧ください。

隙間なく予定を入れるA子

A子のスケジュール帳は赤や青、緑で書き分けられた文字でビッシリ。平日には習いごと。金曜日はワインの試飲会。そして休日にはエステにネイルにヘアサロン。

A子の一週間には、予定がぎっしり詰め込まれている。

「彼氏がいないから寂しいなんて、可哀想な人が言うことよ」

それが口癖のA子の周りには、彼女と同じように恋愛から遠ざかっている人間ばかりが集まる。

皆、口を揃えてそんなA子を素敵だと褒めるし「自分もそうありたい」と、まるで独身アラサーのカリスマかのように扱うのだ。

けれど最近その中からひとり、またひとりと消えていくメンバーもいた。ある者には恋人ができ、ある者は結婚が決まったのだという。

そして少しの後ろめたさからか、まるで示し合わせたかのように「仕事が忙しくて」「体調が優れなくて」などと明白な言い訳を残して去っていく。

リア充を演じても虚しいだけ

私は几帳面な性格だから、常にスケジュール帳を持ち歩いている。それも二冊。この二冊目の存在は、私以外の誰も知らない。

非公開のスケジュール帳。実はここ数年、空白ばかりだ。黒いペンで書き込むのは仕事のアポイント、そしてたまの帰省の予定だけ。本当に大事な用は数えるほどしかない。

これが本当の私の姿。いつからだろう「寂しい」と言えなくなって、充実した毎日を演じるようになったのは。ひとりでも楽しいんだと、周りを納得させるように予定を詰め込むようになったのは。

自分で入れた数々の予定に体は疲れているのに、心は空っぽのまま。本当に欲しいのは、二冊目を真っ黒にしてくれる相手なのに

仕事の合間やお昼休みに、メッセージがきているかドキドキしながら確認したい。会社帰りに待ち合わせて、デリを買ってお家デートがしたい。私に似合う春物のスカートを一緒に選んでほしい。

けれど周りは私のことを「シングルライフを満喫している大人の女」として見ている。だから今さら後には引けないし、弱音もはけない。

自分でまいた種から出たツルに、がんじがらめにされてるなんて馬鹿みたい。こんな真似、もうやめたい。だけど私は演じ続けるしかないの。

孤独を自ら選ぶ女

shutterstock_197581949
結婚式への参加に出産祝い。あたり前に乗り込むはずだった人生の船に、まるで自分だけが乗れずに取り残されたような気分。焦りと戦う毎日に疲れた結果、出した答えは人との関わりを断つことだった。

続いては心を閉ざした女性の話をご覧ください。

周囲から疎遠になったB子

B子のスマホは夜、決まった時間に点滅する。ディスプレイは見なくてもわかる。彼女の母親からだ。ここ1ヶ月は、ほぼ毎晩これが続いていた。

けれどB子がスマホに触れることはない。まるで相手に聞こえてしまうのを恐れるように、忍び足で部屋を出てコンビニに向かう。

朝食用にパンを少し買い部屋に戻ると、不在着信のマークにほっと息をつく。そして恐る恐る録音メッセージを再生すると、母親の心配そうな声が響いた。

「なんで連絡くれないの。家族みんな、心配してるのよ?これ聞いたら折り返しちょうだい!」

B子は溜息とともに録音メッセージを消去する。もちろん電話をし直したりはしない。

B子にはわかっていた。母親は心配などしていない。心配なのは、いつまでも嫁にいかない娘をもつ自分なのだ。

壊せないほど自分の殻が厚くなっていく

私は今、ほとんど人と関わらない生活を送っている。外に出るのは出勤時と、実家からの連絡がある夜だけ。それ以外は家にいる。

私がアラサーに突入したあたりから、明らかに周りが変化していった。仲の良かった友人は次々と結婚し、子どもを産んだ。気楽に話せる独身の友人が、一気に減った。

そんな話を親にすれば必ず「お前はいつなの」そう聞かれた。時には優しく、時には説教するように。それは母親だけでなく、祖母や叔父叔母まで口をだすようになっていった。

その愚痴を、久々に会った友人たちの前で話した時のことは忘れられない。ひとしきり私の話を聞いた皆は「結婚も親孝行だと思ってさ、早く安心させてあげなよ」そう言ったのだ。

それはなにか、彼氏すらいなくて結婚の気配もない私は今親不孝者で、結婚しない限りは心配をかける存在だということなのだろうか

その日を堺に、友人たちとは会わなくなった。母親からの連絡も無視するようになった。それでもまだ心がヒリヒリするけど、自分の殻に閉じこもっている方が百倍マシだ。

でも時々、少し怖くなる。この殻を自分で壊すことができなくなっている気がして。

辛い気持ちをひた隠す女

【モテたい女性必見】かなり重要なポイント!男ウケする髪型とはのイメージ画像
「彼氏いない歴何年?」「結婚するなら若いうちだよ」何気ないけれど残酷な言葉たちは、平気で心に傷をつけていく。それでも泣いたり悔しがったりしない。それは敗北を意味するから。

最後にお送りするのは、笑顔の仮面をつけて生活する女性のお話です。

どんな時も笑顔でいるC子

人はC子を「明るくて優しく、おおらかな女性」そんな風に評価する。確かに彼女はよく笑い、誰からも好かれる。

ある時ひとりの年輩社員が、周囲の人間が凍りつくようなことをC子に言った。それは新人の歓迎会の席で、彼はだいぶ酔っているようだった。

「C子ちゃんさ、彼氏いないの彼氏。もうアラサーでしょ、あっという間に若い子にさらわれて嫁の貰い手がいなくなっちゃうぞっ!」

やりとりを聞いていた何人かは固まり、こっそりとC子の表情を盗み見た。しかし彼女の顔はひきつることなく、笑顔のままだった。そして笑顔のまま話題を変えた。

またある時は街で声をかけてきた男に捨てゼリフを吐かれた。彼はC子の後ろからやってきて声をかけた。いわゆるナンパだった。しかしC子が振り向くと顔をしかめてこう言った。

「なんだババアかよ。紛らわしいカッコしてんじゃねーぞ」

運の悪いことに、その一部始終を待ち合わせていた後輩に見られていた。何も言えずに見ないふりをした後輩に、C子はそれでも明るく声をかけた。

心無い言葉に慣れる日なんて来ない

会社に入って数年は、誰もがチヤホヤしてくれました。にこにこしてれば評判は良かったし、実際イヤなことなんてなかったんです。

彼氏はいました。けど仕事も楽しかったし、結婚はもっと先でいいかなと呑気に構えていたらふられました。正確には、うんと年下の学生上がりみたいな女の子にとられたんです。その後すぐに結婚したと、風の噂で聞きました。

その頃からだんだん状況がおかしくなっていきました。大きな変化が現れたのはその数年後です。30歳目前で「おいおい大丈夫かぁ?」とニヤニヤされ、30歳を超えてからは気を遣われたのか何も言われなくなりました。

だけどアラサーも後半に差し掛かった今、誰もが無遠慮に無神経なことを言うようになりました。時には後輩たちまで。歳をとれば感情まで鈍くなるとでも思っているのでしょうか

でも私がアラサーで恋人もいない独身なのは、変えようのない事実。相手の言うことに傷ついたら負けです。だから、ただただ受け入れるしかないんです。笑って。それが唯一の対抗策なんです。

でも、こんなピエロみたいなこと続けてたら・・・そのうち心が死ぬかもしれません。

アラサー女性のリアル

shutterstock_223628788
もしあなたが同じような経験で傷つくようなことがあったら、決して自分を追い込まずに周囲に助けを求めましょう。孤独な苦しみから解き放たれるには、やはり人の手が必要なのです。