もう、うんざり!今すぐ都合のいい女をやめたい

shutterstock_193715138 - コピー

★恋愛中に「あれ?わたしって都合のいい女扱いされていない?」と思ったことがある。

☆自分では気づいていなかったけれど周りの人から「それって都合のいい女だと思われているよ」と突っ込まれたことがある。

こんな経験のある女性は男性から「都合のいい女」と思われている可能性が。

でも大丈夫。都合のいい女から卒業したい、都合のいい女はもうやめたいと思っている女性は普段の行動にちょっとだけ癖があるのです。その癖を治せば都合のいい女から愛される女へと昇格間違いなしです。

こんな癖があなたを都合のいい女へと導いている?

1. いつでも連絡がとれる

いつ電話をしてもつながる、メールの返信が早いなどいつでも連絡が取れる女性に男性は魅力を感じません。いつも自分の手の内にいるような気持ちになってしまうからです。自分が恋愛の主導権を握っていると思ってしまい、都合のいい時に呼ぶ女にしてしまうのです。

向こうからきた連絡にすぐ応えるのではなく、ワンテンポ置いてからにしましょう。恋愛はイメージ作りができるかできないかで勝負が決まります。

連絡の時間があけばあくほど男性は女性が何をしているかを妄想し始めます。妄想が膨らめば膨らむほど恋愛がうまくいき都合のいい女感が低くなります。

2. 人に合わせることが大好き

一匹オオカミがいいわけではありませんが、「うん、うん」といつも笑顔でうなずいてくれる女性に男性は興味を持ち続けることができません。男性の話に「それは違うだろ~」とツッコミをいれてくるような女性にあっという間に心を持っていかれるものなのです。

いつも人に合わせなくても嫌われることはありません。それどころか相手の気持ちばかり気にしていると自分の本当の気持ちがわからなくなりますよ。

男性に「もう、わがままだな」と笑って言われるような女性は都合のいい女だと思われる確率がぐんと低くなります。

3. 恋愛のことばかり考えている

いつも恋愛のことしか考えていない女性のことを男性はつまらない女と思いがちです。そしてつまらない女=都合のいい女と位置づけてしまいます。男性は何を考えているのかわからないような不思議な女性のことが大好きなのです。

恋愛のことしか頭にない女性よりも恋愛のこと以外に一生懸命な女性の方が魅力的でドキドキと心臓が高鳴るのです。「都合のいい女」から卒業するためには男性にドキドキしてもらうことが重要です。

こんな風に書いているわたしですが、実はバリバリの都合のいい女時代がありました。メールの返信は早いし、昼間は誘ってくれないのに夜になると誘ってくる男性の要望を笑顔で応えていました。

当時のわたしは自分に自信がありませんでした。都合のいい女だと男性に思われてしまう女性のほとんどがわたしのように自分に自信がないと言っています。自分に自信がないから男性に寄りかかってしまうのです。

そんな弱みに付け込んでくる男性がいることが残念ですが、実際にある話なのです。ほんの少し勇気を出してみませんか?その勇気が都合のいい女だった恋愛を大逆転へと奇跡を起こしてくれます。

都合のいい女でいることに疲れた、もう都合のいい女はやめたいと思うだけでも恋愛に転機は訪れます。今まで都合のいい女だと思われていた癖を治す方法はどんなものでもいいのです。

例えば

  • いつも笑っていたけれど時々無表情になってみる
  • わざと電話にでない
  • メールの返信を遅らせる
  • 今まで嫌われると思って言えなかったことを言ってみる

など、自分ができることから初めてみてください。

男性が「あれ?変わった?」と思って何かアクションを起こしてくれば奇跡を手にした合図です。どんな状況も自分で変えることができます。諦めずに行動を起こした女性が恋愛の勝ち組になれるのです。