彼氏の気持ちを包んでずっとラブラブでいる5つの秘訣

shutterstock_86327149 - コピー

彼氏とずっと一緒にいるとマンネリ化してしまう人や彼氏の気持ちが段々と分かってきて面倒くさくなってしまう人にずっとラブラブでいる5つの秘訣についてご紹介します。

ずっとお互いに「大好きだよ」「愛しているよ」と優しい気持ちで向き合えていたら幸せですよね。毎日一緒にいても飽きなくてどんどん好きがひたすら積もっていくような末永い幸せを求めている人もいるはず。

「そうはならないよ」と思っている人は彼氏とのボタンをかけちがえてしまっているだけで今からでもずっとラブラブでいられるように改善が出来るかもしれませんよ。

広い世界でたった一人の人に出会って一緒にいるという事はその出会いには必ず意味があるというもの。出会いがあれば別れもあるけれど自分にとって必要な出会いであることに違いはありません。

ずっと優しいあなたでいられるように、ずっと優しくしてくれる彼であるように自分に出来る事をやっていきましょう。


1.自分も相手も許す

付き合いが長くなってくると面倒くさくなる人とそうでない人の違いの一つに「相手を許せるか」どうかでしょう。それは「自分を許せるかどうか」という問いと同じ事が言えます。

よく小さい頃から「こうしなさい」「ああしなさい」と言われた育った人は自分は我慢をしてそれをしてきたのに相手が出来ない所をみるとイライラして思わず突っ込んでしまったりします。

けれど彼氏に対してそういう気持ちが出てきた時は自分の中にそういった気持ちがあるのだという事に気づきましょう。そして「どうしてイライラするの?」と自分に聞いてみるのもいいでしょう。

相手は自分の鏡だという事を忘れずにいましょう。相手に非が見られるときは自分の心を映してくれているのだと感謝してください。

彼氏を嫌いになってしまいそうになっている人は彼氏が嫌われるのを覚悟でそういった役に回ってくれているのだと思えば許すことができるのではないでしょうか。

そうやって相手を許して自分も許すようになると心が穏やかになり相手の良い所や今まで気付かなかった所に気づく事が出来ます。それはあなたの心が一つ大きくなって成長したから。

そうやって彼と向き合っていくとずっとお互い成長し新たな発見をしていける最高のパートナーとなれるでしょう。

2.出来るだけ心が穏やかな状態を保つ

大好きで大切な彼氏とずっとラブラブでいたいのならまずは自分の心を優しく穏やかな状態に保てるように心を磨きましょう。あなたの心と相手の心が近くなればなるほど相手の心にいつもあなたの心が届いているのだという事を忘れずに。

出来るだけ優しく、包み込むようにその心を大切にしていると彼氏と会った時に仕草や態度、思いやりが溢れて短い時間でもとても幸福な時間を過ごす事が出来ます。

遠距離恋愛で中々会うことが出来ない人にとっては「さみしい」「会いたい」「連絡が欲しい」といった感情が出てくるかと思いますがそんな時こそ自分と向き合って、その気持ちを自分で抱きしめてあげるようにしましょう。

決して彼氏に泣き言を言うのではなく、自分が感じる事は自分で引き受けるくらいの覚悟で恋愛をしましょう。

恋愛は本来尊ぶものであり、二人の間に生まれる思いやりや愛は目には見えない分とても繊細でお互いが意識をして守らなければすぐに壊れてしまうもの。

ずっとラブラブでいられるカップルはそういった事を分かっており、いつでも二人の間に生まれた愛を守るように優しく抱きしめているのです。ずっとラブラブでいられる秘訣は相手とそれ以上の何か大きいものに対する尊敬の思いなのです。

2.自分をとことん愛する

彼氏とずっと一緒にいてもいられなくても大切にしたいのは「自分を愛する事」。

彼氏とラブラブでいる秘訣なのに自分を大切にするの?と思いがちですが、彼氏の心と自分の心は繋がっているので、あなたの心がご機嫌斜めの時、彼の心もご機嫌斜めになってしまいます。

それは会った時に喧嘩してしまう、といった事や相手のことを蔑ろにする言葉を吐くといった事です。

それは付き合いが長くなるにつれ段々と自分にも相手にも許してしまいがちな事なので初心の頃のような気持ちをずっと持ち続けられるのが忍耐であり愛の勉強です。

「そんな事言ったって」と余裕がない人も中にはいるのではないでしょうか。仕事が終わるのが遅くて心身共に疲れていたり、不安な事が沢山あって心がどこかに行ってしまったり。

だからこそ、誰よりも先に自分の心を守る必要があります。泣きたい時に食事に誘われたらそれも断って、自分との時間を大切にしましょう。

自分の輪郭を持っている女性はずっと愛される存在になります。それは彼にずっと尊敬し、愛してもらえる女性とも言えるでしょう。ずっと一緒にいる事で段々と深くなる愛に気づき出会った頃のような気持ちを大切に出来るといいですね。

4.相手を自分の心と考える

自分は機嫌がいいけれど彼氏の機嫌が悪くなったり、自分が嫌だなと思うことをされるようになったりする時もあり、「このまま一緒にいてもいいのかな」と思うときもありますよね。

でも一緒にこれからもいたいと思う時どうしたらいいのか悩んでいる人もいるかもしれません。そんな時に有効な秘訣は「相手を自分の心として考える」事です。

「私彼みたいに冷たい態度とったことないし」と思う人もいるかもしれませんが、「嫌な気持ちになり誰かにあたってしまう」という経験はあるのではないでしょうか。

相手を自分の心と考えた時そういった現象が起きるのは相手が何かに傷ついたとき、分かって欲しいとき、自分自身が迷子になって助けて欲しい時だったりします。その気持ちを理解してあげることがあなたにとって相手に出来ることかもしれません。

一見「嫌だな」と思えてしまう彼氏の態度を自分のように一緒に悩んで包んであげることによって改めて信頼や愛の絆が深くなるのかもしれませんね。

5.ありがとうを口癖にする

「いつも側にいてくれてありがとう」「やさしくしてくれてありがとう」「好きになってくれてありがとう」といった嬉しい気持ちをいつも口に出して相手に伝えましょう

一緒にいると慣れてきてしまって言葉を交わさなくても分かる事が増えます。それはそれで良い事なのですが、ずっと一緒にいるためには自分と相手は他人でありお互いに「一番に尊重する相手」として敬う気持ちが大切です。

あなたが「ありがとう」を口癖にすれば、相手もおのずと「ありがとう」と伝えてくれます。感謝を伝え合う事はずっとラブラブな二人でいる秘訣で一番重要なものでしょう。