辛い恋愛で尽くすことに疲れたあなたに。背伸びをやめてみよう!

辛い恋愛で尽くすことに疲れたあなたに。背伸びをやめてみよう!

付き合い始めた頃は、優しかった彼。でも、いつの間にか私ばっかり尽くしてる…。メールも電話も私から。返信もろくにしてくれない。わがまま放題のあの子は、いつもちやほやされてるのに。どうしてなの??
彼に喜んでほしくて、一所懸命頑張ってるのに、ちっとも報われない。そんなことが続くと、悔しくて、悲しくて悶々としちゃいますよね。でも、実はこういう時って、努力の方向性がちょっぴりズレているんです。


「物分かりの良い女」のつもりが、「都合の良い女」に

彼の負担になりたくない、嫌われたくないという気持ちが強いほど、無意識に「いい女」を演じてしまいがち。

例えば、ホントは彼に会いたいのに、「私のことは気にしないで。仕事頑張ってね!」なーんて、背伸びをしてはいませんか?この「強がり」こそが、誤解を生じる原因かもしれません。

いつの間にか手を抜かれてしまう人は、「自分の気持ち・要望を伝える(自己主張する)=わがまま」と錯覚していることが多いのです。

自己主張とわがままはイコールじゃない

彼も超能力者ではないので、ちゃんと気持ちを伝えないと、なかなか気づいてもらえません。

けれど、自己主張とわがままを混同していると、こんなことを言ったら迷惑ではないか、嫌われるのではないか、と不安になってしまいます。その結果、自分の気持ちを飲み込んで、相手に合わせ「過ぎて」しまうのです。

ほどほどに、無理のない範囲で相手に合わせるのは全く問題ありません。けれど、自分の気持ちに蓋をして、我慢して合わせていては信頼関係は作れません。不平不満が募り、むしろ不信感が膨らんでしまいます。

わがままとは、自分の気持ちや主張ばかり押し付け、相手の意思や気持ちは受け入れない身勝手さのこと。

自己主張は、自分の意見や気持ちを伝えることで、相互理解・信頼関係を築くためにはとてもに大切なことなんです。

伝え方一つでこんなに違う あなたの印象

A子「最近、忙しそうだね。なかなか会えなくて寂しいな。時間が出来たら連絡ちょうだいね」

B子「最近全然会えないよね。忙しいのは分かるけどさぁ…電話位くれてもいいじゃない」

A子とB子は言ってる内容はほとんど同じ。でも印象が全然違うでしょう?わがままに聞こえる言い方には特徴があります。

それはズバリ「相手を責める響きがある」という点。上の例だとB子の言い方は「電話位くれて当たり前→それをしないなんてひどい」と聞こえてしまいます。

「多忙」な「相手の状況」を「分かっている」と言いつつ、「無視している」ので、わがままに聞こえるわけですね。

寂しさも焼きもちも 素直に伝えられる人は愛され上手

さて、ここで最初に戻ります。あなたは恋人に「俺のことは気にしないでいいよ。仕事頑張って」と言われるのと、「寂しいから、時間できたら連絡ちょうだい」と言われるの、どちらが「求められてる」と感じますか?

強がって「理解してるから私は平気」という顔を「し過ぎ」ると、助かる反面、ちょっと物足りなくなるのが人情。「もしかして俺って必要とされてない?」という気になるわけです。全然やきもち焼かれないと、もやっとするのと同じ感覚ですね。

伝え方を工夫すれば、気持ちや要望を伝えるのは、むしろ二人をより強く結びつける架け橋になるのです。

ほんのり焦げ目がつくような、刺激もないと、味気ないのが男女の仲。背伸びしていい女を演じる必要はありません。お互い好きあって付き合ってるのだから、素顔のあなたでいいんです。

我慢しすぎて真っ黒な炭にしないよう、熱すぎず、冷め過ぎずの自己表現を心がけてみてはいかがでしょうか?びっくりするほどスムーズに、愛が深まるかもしれませんよ!