純粋さとワガママは紙一重。子どもっぽい男性との恋愛のコツ

純粋さとワガママは紙一重。子どもっぽい男性との恋愛のコツのイメージ画像

何歳になっても、少年のような遊び心と夢を持った男性にはどこか惹かれてしまうものです。仕事もファッションもクールにキメてるのにやんちゃな一面があったりするとそれだけでキュンときてしまいます。

そしていざ付き合ってみると・・楽しいことに対して貪欲で素直な彼とのデートは大盛り上がり!どんどん新しいことに興味を持つので、話題は尽きないでしょう。

夢について語る彼にウットリすることもありつつ、彼の魅力にどっぷり浸かっているアナタ。しかし時に、想像を超えた「コドモっぽさ」にビックリすることもあるのではないでしょうか!

少年のような心を持つ彼は魅力がいっぱいですが、逆に年齢に似合わない意外な行動を取ったりします。きっと振り回されることも多いでしょう。そんなピーターパンのような男性との上手なお付き合いの仕方をお伝えしていきたいと思います!


持つべきは、母親のようなおおらかさ

彼はきっと、自分の欲望に忠実でしょう。美味しいものを食べたい、テレビを見たい、眠りたい、楽しく遊びたい・・きっと幼少のころから、両親に大切にされて不自由なく育ってきたのかもしれません。

そんな彼が女性に対して求めるものは「母性」です。落ち着きのない彼を暖かく見守ってあげられるような存在です。彼が多少のワガママを言っても、笑って許してあげましょう。

彼の話に静かに耳を傾けましょう

子どもっぽい彼の話は、基本的に自分中心の話題が多いものです。彼が目を輝かせながら話をしている時に、「それってこういうこと?」と結論を急いだり無関心に聞いていては彼も冷めてしまいます。

そうならないためにも、彼の話を聞くときは「うんうん」と相づちを交えながら聞き手に回りましょう。

話の方向が予想外に飛んで行ってしまったり、オチがない話だとしても聞いてあげてください。彼はそんなアナタに安心感を覚え、どんどん話をしたくなるはずです。

時には「それってすごいね!」とリアクションしてあげたり、「うんうん、それで?」と会話がスムーズにいくようにサポートしてあげることもお忘れなく!

彼の話のメインは自慢話!?

このような男性に共通してみられるのが、自分自身に関すること。中でも、自慢話は多く見受けられます。このような話をする心理としては次のようなことが挙げられます。

  • 他人に褒められたい・認められたい
  • 相手よりも優位に立ちたい
  • 好きな相手の気を引きたい

子どもっぽい男性は、他の男性と比べて特に承認欲求が強い人が多いものです。その心理を分かってあげた上で、自慢話は「すごいね」と褒めてあげましょう。

内心、たいしたことないと思っていても、彼のことが好きであれば褒めてあげてください。まるで母親から褒められた子どものように喜びますよ。

また、アナタよりも自分の方が良い経験をしたと自慢してくる例もあります。そんなことぐらいで何よ、と思うかも知れませんがグッと我慢してください。

彼はアナタにちょっかいを出して遊びたいだけなのです。なので、「いいなぁ、羨ましい!」と素直に羨ましがってあげるか、「自分だけずる~い!」とイジワルな笑顔で返したりしてみましょう。

間違っても真顔で「で?だからなに?」なんて返してしまうと、彼がアナタを怖がってしまうか反抗心が芽生えてしまうかも。

子どもっぽい男性と相性が悪いのは?

子どもっぽい女性というのは、この男性のタイプとは相性が良くありません。例えば彼の子どもっぽさに対して感情的になってしまう女性は特に振り回されやすく、ケンカも激しいものになってしまいます。

彼のワガママな発言に対して「なんで!?」「ひどい!」と声を荒げて抵抗してしまうのは、逆に火に油を注いでしまうようなもの。

なぜアナタの気持ちが傷つけられたのか。それを解消するために、彼にどのようなことをしてほしいのかを、順を追ってきちんと説明してあげることが大切です。

子どもを叱るとき、なぜそれがいけないのかを説明することがありますが、まさにそれと同じなのです。彼が理解するまで、根気強く説明しましょう。

過剰な期待は彼を押しつぶします

まだまだ自分のことで精一杯な彼に対して、過剰な期待をしてしまうのはNGです。まだ遊び足りない、勉強もしたい、色んな物事に触れたい。彼の中にはたくさんの欲求が渦巻いています。

それを全て排除して、アナタ一人を見てもらおうなどとは考えてはいけません!彼には人を一人養うことができるほどの準備がまだ整っていないのです。少なくともアナタに言われる段階では。

なのでその期待は彼にとってとても鬱陶しいものになり、逃げたくなる気持ちを増幅させます。親や先生を避ける子どものようにアナタとの接触を避けるのです。

早い段階では、付き合う前にデートをしたり一夜を共にした段階で女性との関係を絶ってしまう男性もいます。

「この人を私のものにしたい」「結婚したい」という女性の期待の感情をいち早く読み取り、そのプレッシャーから逃げるように電話やメールを遮断してしまうのです。

アナタからの過度な期待は避け、彼にじっくり考える時間を与えてあげるのもイイでしょう!おのずと彼の中では答えが見えてくるはずです。

頼みごとをするときは、交換条件付きで

彼に頼みごとをするとき、面倒くさがられることはありませんか?そんなときは一工夫で、具体的な締切と報酬を設定してあげるとうまくいくんです。

  • 明後日までにやってくれたらお礼に美味しいもの食べさせてあげる
  • マッサージしてくれるお礼にマッサージしてあげる
  • まずはこれを早く終わらせて、映画を観よう

などと、頼みっぱなしにしないのがポイント。どうしてもアナタの時間が限られている時や体調が悪い時は、後日穴埋めしてあげるのも重要です。

もちろん、「アナタに頼んでよかった!有難う!」と彼のプライドをくすぐる一言も忘れずに。彼の心が気持ち良くなれば、もっとアナタの役に立ちたいと意気込むはず!しかし気まぐれな部分も多いので、無理強いは禁物ですよ!

いかがでしたか?このタイプの男性とお付き合いするととても苦労や気遣いも多いですが、たくさんの刺激と楽しさを分かち合うことが出来るのでオススメです!

まるで母親が子供を育てるような根気強さと愛情が必要になってきますので、気持ちが分かち合えたなら最高のカップルになるでしょう!