価値観の合わないカップルが結婚前に確認しておくべき3点

価値観の合わないカップルが結婚前に確認しておくべき3点のイメージ画像

すごく好きな人ができて、その人も自分のことを好きだと言ってくれていて、彼は優しいし、自分も一途になれるし、お互いさえいればなにも要らないとさえ思える恋人同士。とても理想的ですよね。

それなのに時として、仲睦まじく見えた二人が突然別れを選んで、周囲を驚かせることがあります。原因を尋ねてみると、お互いのことが嫌いになったわけではないけれど、価値観が合わなかったという回答。

それを言われてしまうと、「ああ、そうなんだ…」と納得するしかなくなるんですが、実際のところ、”価値観が合わない”ってそんなに致命的なことなんでしょうか?

”価値観”ってなに?

価値観とは、自分にとってなにが大事で、なにがそこまで大事ではないか、という、自分なりの基準であり、判断です。

たとえば音楽を聴くときに、なによりもメロディが大事だという人と、メロディなんかどうでもいいから歌詞が大事だという人がいます。この二人は音楽に対する価値観が違っているということになります。

まあ、それぐらいの相違点ならば、それを理由に仲の良い恋人同士が別れを選ぶほどの事態には発展しづらいでしょうが、そういった小さな食い違いでも積み重なれば、二人の未来に不安を覚える原因になるとしても不思議じゃありません。

そして、二人の相違点がもっと大きいケース。恋人がいても異性の友人を大事にしたいタイプと、恋人がいるなら異性の友人と遊ぶなんてとんでもないと考えるタイプの組み合わせだったりすると、事あるごとに大喧嘩に発展する可能性も考えられます。

こうした価値観が異なる場合、どこを妥協点とするかや、違う境遇で培われた双方の考え方をどうやって尊重するかが二人の大きな課題になりますね。

価値観が合わないのはだめ?

必ずしもそうとは言えません。というか、どの事柄についても価値観がぴったり合うなんて、家族間でもほぼありえませんから、小さなことまでいちいち気にして、同じ価値観を持たない人とはうまくやれっこない、と自分を追い詰める必要は全くないです。

ただ、もし二人が恋人同士の期間を経て、いずれは結婚したいと願っているのであれば、事前に照らし合わせておきたい点が少なくとも3つ、あると思います。

”食”は意外と重要

人間が生きていく上で重要な三大要素は「衣・食・住」。このうち、”食”が合うか合わないかは極めて重要なポイントとなります。

でもそれは、私はお寿司が一番好きなのに彼は断然焼き肉派、とか、目玉焼きに醤油をかけるかケチャップをかけるかでちょっと言い争ったことがある、などの、”食の好み”の話ではないんです。

ただの好みの違いなら、慣れるまで時間はかかるかもしれませんが、ご飯デートのときは交互に行きたいレストランを決めるとか、目玉焼きは2個焼くか、卵が1個しかないなら最初から半分に切り分けるかすれば済みますからね。

じゃあなにが食の大事なポイントかといいますと、『食に注ぐ情熱レベル』。

食事は基本的に一日三回摂るものですから、食事にかける手間や費用の感覚は合わないより合っていたほうが断然いいです。美味しいものを食べるのが大好きな男性と、食事なんて単なるエネルギー補給と考えている女性の結婚をイメージしてみてください。

最すごく好きな人ができて、その人も自分のことを好きだと言ってくれていて、彼は優しいし、自分も一途になれるし、お互いさえいればなにも要らないとさえ思える恋人同士。とても理想的ですよね。

それなのに時として、仲睦まじく見えた二人が突然別れを選んで、周囲を驚かせることがあります。原因を尋ねてみると、お互いのことが嫌いになったわけではないけれど、価値観が合わなかったという回答。

それを言われてしまうと、「ああ、そうなんだ…」と納得するしかなくなるんですが、実際のところ、”価値観が合わない”ってそんなに致命的なことなんでしょうか?

”価値観”ってなに?

価値観とは、自分にとってなにが大事で、なにがそこまで大事ではないか、という、自分なりの基準であり、判断です。

たとえば音楽を聴くときに、なによりもメロディが大事だという人と、メロディなんかどうでもいいから歌詞が大事だという人がいます。この二人は音楽に対する価値観が違っているということになります。

まあ、それぐらいの相違点ならば、それを理由に仲の良い恋人同士が別れを選ぶほどの事態には発展しづらいでしょうが、そういった小さな食い違いでも積み重なれば、二人の未来に不安を覚える原因になるとしても不思議じゃありません。

そして、二人の相違点がもっと大きいケース。恋人がいても異性の友人を大事にしたいタイプと、恋人がいるなら異性の友人と遊ぶなんてとんでもないと考えるタイプの組み合わせだったりすると、事あるごとに大喧嘩に発展する可能性も考えられます。

こうした価値観が異なる場合、どこを妥協点とするかや、違う境遇で培われた双方の考え方をどうやって尊重するかが二人の大きな課題になりますね。

価値観が合わないのはだめ?

必ずしもそうとは言えません。というか、どの事柄についても価値観がぴったり合うなんて、家族間でもほぼありえませんから、小さなことまでいちいち気にして、同じ価値観を持たない人とはうまくやれっこない、と自分を追い詰める必要は全くないです。

ただ、もし二人が恋人同士の期間を経て、いずれは結婚したいと願っているのであれば、事前に照らし合わせておきたい点が少なくとも3つ、あると思います。

”食”は意外と重要

人間が生きていく上で重要な三大要素は「衣・食・住」。このうち、”食”が合うか合わないかは極めて重要なポイントとなります。

でもそれは、私はお寿司が一番好きなのに彼は断然焼き肉派、とか、目玉焼きに醤油をかけるかケチャップをかけるかでちょっと言い争ったことがある、などの、”食の好み”の話ではないんです。

ただの好みの違いなら、慣れるまで時間はかかるかもしれませんが、ご飯デートのときは交互に行きたいレストランを決めるとか、目玉焼きは2個焼くか、卵が1個しかないなら最初から半分に切り分けるかすれば済みますからね。

じゃあなにが食の大事なポイントかといいますと、『食に注ぐ情熱レベル』。

食事は基本的に一日三回摂るものですから、食事にかける手間や費用の感覚は合わないより合っていたほうが断然いいです。美味しいものを食べるのが大好きな男性と、食事なんて単なるエネルギー補給と考えている女性の結婚をイメージしてみてください。

最初の内こそ「料理がんばらなくてもいいよ」なんて言っていても、スーパーのお惣菜ばかりが並ぶ食卓が続けば、いずれ旦那さんのほうに不満が溜まるのは目に見えています。そしてそれは奥さんには理解しがたい不満ですから、改善するのもきっと大変。

「記念日はプレゼント交換より、ちょっと高級なレストランでお食事がしたいよね」とか、「旅行に行くときも食事はファミレス。その分、ホテルの部屋のグレードを上げたいね」など意見が合う二人なら、一緒に暮らすときのハードルがひとつ減るでしょう。

お財布を分かつことの意味

お財布の問題、つまり、お金の問題。これはもう、どの夫婦も必ずといっていいほどぶつかる問題じゃないでしょうか。

価値観が合う夫婦でも揉めることがあるぐらいですから、節約タイプと浪費タイプのカップルは、溢れんばかりの財産があるか、他の部分での繋がりがよほど強くない限り、いずれうまくいかなくなることは火を見るより明らか。

恋人同士のうちは、お財布が違うので大目に見てあげられたりもするんですけどね。それは、それぞれの収入がそれぞれの生活費、と切り分けられている時の余裕。この人の収入も私の収入も”二人の生活費”という認識が生まれるとワケが違ってくるのが普通です。

なので、もしあなたが堅実に生きるタイプなのに、彼が車のカスタマイズにボーナスをドンと使ってしまう人だったり、あなたの趣味のキャラクター小物集めにも彼がいちいち、「そんなの買ってどうするの?」と口を出してくるようなら要注意。

絶対にうまくいかなくなるから別れたほうがいい、とまでは言いませんが、同棲後や結婚後の金銭トラブル発生の可能性も視野に入れて、交際を見つめ直すひとつの機会ではあるかもしれません。

フリータイムの過ごし方

男性と女性は性別が違いますから、趣味にも性差が出て当たり前。同じスポーツ好きだとしても、女性がフィギュアスケートに心を震わせている横で、男性は今日のゴルフトーナメントの結果を新聞でチェックしていたりしますよね。

一般論ですけど、食べ物なら女性は炒めもの、男性は揚げもの、観賞するなら女性は動物園や水族館など生き物を観るのが好きで、男性は比較的、模型やコレクションなどの人間が作ったものや集めたものを観るのを好む傾向にあるんだそうです。

”平日の夜や休日の自由時間になにをして過ごしたいか”も同じで、「せっかくのお休みだからお買い物に行きたい!」という女性と、「せっかくの休みなのに買い物なんか行きたくない」という男性の意見が衝突するシーン、ドラマなんかでもよく描かれますが。

あなたと彼の休日の過ごし方はどうですか?大きなズレに、窮屈さや不満を感じてはいませんか?

あなたは出来るだけゆっくり休みたいのに、彼は朝から晩まで外出することを望む行動派だったり、気晴らしをするならショッピングかカラオケに行きたいと思っていても、彼がずっとゲームばかりしているから言い出せなかったり。

もしそういう状況に我慢を重ねているようなら、一緒に暮らし始める前に、一度じっくり話し合うことをおすすめします。なぜなら、自由時間の過ごし方に大きな違いのある二人はいずれ、行動を共にしなくなる可能性が高いからです。

私は彼を信用しているし、同じ家に帰ってきてくれさえすれば、どこで何をしていても構わない、と今は思えるかもしれません。ですが、もう子どもを育てるつもりのないカップルならまだしも、夫婦はいずれ、”両親”になるかもしれないんですから。

せっかく同じ日に休みがとれても、お互いに別々のことをして過ごすのが当たり前、という関係に慣れ切ってしまったあとで、子どもが生まれ、子どものために生活スタイルを変えましょう、と思い立ってもすぐには難しいです。

今の内にきちんと話し合うことで、お互いの趣味や望みを尊重しながらも、二人一緒に楽しめる休日の過ごし方を見付けておきましょう。初の内こそ「料理がんばらなくてもいいよ」なんて言っていても、スーパーのお惣菜ばかりが並ぶ食卓が続けば、いずれ旦那さんのほうに不満が溜まるのは目に見えています。そしてそれは奥さんには理解しがたい不満ですから、改善するのもきっと大変。

「記念日はプレゼント交換より、ちょっと高級なレストランでお食事がしたいよね」とか、「旅行に行くときも食事はファミレス。その分、ホテルの部屋のグレードを上げたいね」など意見が合う二人なら、一緒に暮らすときのハードルがひとつ減るでしょう。

お財布を分かつことの意味

お財布の問題、つまり、お金の問題。これはもう、どの夫婦も必ずといっていいほどぶつかる問題じゃないでしょうか。

価値観が合う夫婦でも揉めることがあるぐらいですから、節約タイプと浪費タイプのカップルは、溢れんばかりの財産があるか、他の部分での繋がりがよほど強くない限り、いずれうまくいかなくなることは火を見るより明らか。

恋人同士のうちは、お財布が違うので大目に見てあげられたりもするんですけどね。それは、それぞれの収入がそれぞれの生活費、と切り分けられている時の余裕。この人の収入も私の収入も”二人の生活費”という認識が生まれるとワケが違ってくるのが普通です。

なので、もしあなたが堅実に生きるタイプなのに、彼が車のカスタマイズにボーナスをドンと使ってしまう人だったり、あなたの趣味のキャラクター小物集めにも彼がいちいち、「そんなの買ってどうするの?」と口を出してくるようなら要注意。

絶対にうまくいかなくなるから別れたほうがいい、とまでは言いませんが、同棲後や結婚後の金銭トラブル発生の可能性も視野に入れて、交際を見つめ直すひとつの機会ではあるかもしれません。

フリータイムの過ごし方

男性と女性は性別が違いますから、趣味にも性差が出て当たり前。同じスポーツ好きだとしても、女性がフィギュアスケートに心を震わせている横で、男性は今日のゴルフトーナメントの結果を新聞でチェックしていたりしますよね。

一般論ですけど、食べ物なら女性は炒めもの、男性は揚げもの、観賞するなら女性は動物園や水族館など生き物を観るのが好きで、男性は比較的、模型やコレクションなどの人間が作ったものや集めたものを観るのを好む傾向にあるんだそうです。

”平日の夜や休日の自由時間になにをして過ごしたいか”も同じで、「せっかくのお休みだからお買い物に行きたい!」という女性と、「せっかくの休みなのに買い物なんか行きたくない」という男性の意見が衝突するシーン、ドラマなんかでもよく描かれますが。

あなたと彼の休日の過ごし方はどうですか?大きなズレに、窮屈さや不満を感じてはいませんか?

あなたは出来るだけゆっくり休みたいのに、彼は朝から晩まで外出することを望む行動派だったり、気晴らしをするならショッピングかカラオケに行きたいと思っていても、彼がずっとゲームばかりしているから言い出せなかったり。

もしそういう状況に我慢を重ねているようなら、一緒に暮らし始める前に、一度じっくり話し合うことをおすすめします。なぜなら、自由時間の過ごし方に大きな違いのある二人はいずれ、行動を共にしなくなる可能性が高いからです。

私は彼を信用しているし、同じ家に帰ってきてくれさえすれば、どこで何をしていても構わない、と今は思えるかもしれません。ですが、もう子どもを育てるつもりのないカップルならまだしも、夫婦はいずれ、”両親”になるかもしれないんですから。

せっかく同じ日に休みがとれても、お互いに別々のことをして過ごすのが当たり前、という関係に慣れ切ってしまったあとで、子どもが生まれ、子どものために生活スタイルを変えましょう、と思い立ってもすぐには難しいです。

今の内にきちんと話し合うことで、お互いの趣味や望みを尊重しながらも、二人一緒に楽しめる休日の過ごし方を見付けておきましょう。