夢見る少女じゃいられない!?30代になって変わる女性の恋愛観

夢見る少女じゃいられない!?30代になって変わる女性の恋愛観

女性は20代の頃は映画やドラマみたいな恋愛に心をときめかせているものですが、30代になるとその恋愛観というのは様変わりするものなのです。

好きな男性のタイプや結婚において重要視することなどにも徐々に変化があらわれ、理想よりも現実感が顕著に表れるものでしょう。

30代過ぎて周りの女性の恋愛観に乗り遅れないためにも20代の少女と30代の大人の女との恋愛観の違いをきちんと把握しておきましょう。

ドキドキさせてくれる男性より安心感をくれる男性

若い頃は恋愛の醍醐味といえばドキドキ感であり、常に自分をときめかせてくれる男性に魅力を感じたものです。

しかし歳と共にその感覚にも変化があらわれて、30代女性は男性にドキドキ感よりも安心感を求めるようになってきます。

一緒にいてほっと出来たり私生活において頼れる存在であるというのが心の安心感に繋がり、そういった男性とずっと一緒にいたいという気持ちが結婚にも繋がるようです。

若い頃は将来など気にせずに突っ走ることも出来ましたが、やはり歳を取ると現実感が一気に押し寄せてくるので「ときめかせてくれる彼が理想!」などとは言ってられなくなります。

確かに恋愛においてときめきは大事なことではありますが、交際相手に対してずっとドキドキしているというのは現実的には難しい話です。

それに30代の大人の女性は安心感からくる穏やかなときめきというものにも魅力を感じるものなので、いつまでも「ドキドキさせてくれる王子様みたいな男性じゃなきゃ嫌!」といっている女性はいまいち大人の女になりきれていない証拠かもしれませんよ?

自分の恋心よりも仕事や家族の状況を重視しがち

20代の女性はお付き合いするうえで最も重視するのは自分にとって魅力的な男性かどうかやどれだけ自分が彼を愛しているかなどの点でしょう。

しかし歳を取ると自分の恋心だけを重視してはいられなくなります。

自分の仕事の状況によっては「この人との恋愛は私の仕事の妨げになるな・・・」と気付いてしまうこともありますし、両親も年老いてくれば身体の心配などもあるので収入の安定した経済的にも頼れる男性を望むようにもなります。

30歳を過ぎるとどうしても結婚というものが頭をよぎるので恋人選びにも慎重を期すようにもなりますし、現実を考えれば自分の気持ちひとつで突っ走れなくなるのも当然と言えるでしょう。

背伸びしなくていい自然体でいられる男性に惹かれる

若い女性というのは憧れの彼に近づくためにオシャレやダイエットなどの努力を欠かさないものです。

美意識が高いというのは素晴らしいことですし、努力した結果憧れの彼と付き合えれば努力の甲斐もあるというものでしょう。

しかし背伸びした状態で長く彼と付き合っているとどうしても自分自身に無理が生じてくるものです。

それでも若いうちは気合いで頑張れますがやはり歳を取ると無理している自分にも気が付いてきてしまいますし段々「無理に取り繕う必要のない男性」や「自然体を受け入れてくれる男性」の存在に強く惹かれるようになってくるのです。

20代の頃と違い30代女性は身の丈に合った無理をしなくてもいい恋愛を好むものなので穏やかな気質の男性や女性に自分の趣味を強要しない男性などが人気となってきます。

もしも身近にそういう男性がいる場合は放っておくと他の女性に取られてしまう場合もあるので早めに頑張ってアプローチしておくといいでしょう。

前までは全然意識していなかった男性が実は貴女にぴったりの運命の相手という可能性もありますよ。

顔やスタイルよりも育ちの良い常識力のある人を選ぶ

10代20代は顔が格好良くて背の高いイケメンがモテる傾向がありますが、30代女性には容姿の魅力以上に常識力があったり育ちの良さが伺えるという点が魅力になってきます。

若い頃は知らなかった社会生活を経ると、女性は容姿が整っていることよりも礼儀がなっていたり社会マナーがきちんと身についているという面の方が「かっこいい!」「素敵な男性!」と感じるようになります。

男性のそういった内面の部分は生まれ持ったものではなく社会経験から積まれてくるものなので「たくさんの経験を積んでいる人間味の深い人なんだな」と感じてそういった社会能力の高い男性に惹かれるのです。

容姿が整っているのは悪いことではありませんが恋人選びにあまりに容姿を重視してしまうと歳を取ってから「あんなに魅力的だった彼なのに何故か最近魅力が半減したように感じる!?」という事態を招きかねません。

良い歳の取り方をしたい女性であれば人の外見だけではなく中身もきちんと見極める練習をしておくといいでしょう。