現代の理想の女性像は?男が結婚に求めるものが変わりつつある!

1

時代の移り変わりとともに、男女ともに異性に求めるものは様変わりしていきます。女性であれば、以前は圧倒的に経済力や安定性というものが重要視されていましたが、時代背景もあってか、働く女性も増え、高望みをせず、共働きで生活を支える分、家事などのサポートに協力的な男性を強く求める傾向にあるようです。

では一体男性との理想の女性像とは?

様変わりする理想と永遠の女神である女性像

2
男性の中には、刷り込みのように女性に求めるものがあります。それはいわゆる母性であるように思います。良き母が強く求められる日本の土壌においては仕方ないことなのかもしれませんが、時代は変わっても、古風な女性がもてはやされるのもこういった背景があるのかもしれません。

ここでは、そんな男性が求める変わらない女性への願望と新しい理想についていくつか挙げてみたいと思います。

経済的にも共に家族を支えてくれるパートナー

現在の社会背景から見て、両親の頃のような「男性たちは働けば働くほど豊かになっていく」という時代は終わり、現代は非常に厳しい時代に突入しました。それとは逆に、女性の社会進出が進み、順調にキャリアを積んでいく女性たちも増えました。

男性が以前のような男らしさを示せなくなったことで、女性と男性が対等に協力関係を結ぶという方向性に向き、「夫は外で働き、奥さんは家庭を守る」というものは徐々に少なくなってきています。

男性側も、ひとりでは支えるのが難しくなった家族という集合体をともに支えてくれるパートナーを求めるようになったということでしょうか。

自分を認めてくれる女性

これはいくら時代が変わっても、男性が女性に求める大切な要素ではないかと思います。ただし現実生活においては、女性のパワーが強まった分、なかなか難しいのが現状のようです。

女性よりも男性の方が、ずっと繊細に作られていますので、どんな時でも自分を励まし、支えてくれる母性あふれる女性というのはいつの時代も女神のような存在ということなのでしょう。

仕事の悩みが話せるパートナー

厳しい時代を生き抜く中で、男性もたまには音を上げてしまうこともあるでしょう。悩みを誰にも打ち明けられず、辛い時に、信頼できる奥さんに話を聞いてもらえるというのは、男性にとってとても心強いことです。

ひと昔前のように結婚と同時に寿退社が当たり前の時代の頃は、女性に仕事のことを話してもわかってもらえないという男性側の思いがありましたが、現代は事情が変わり、仕事は男性のものという考えから移行して、女性と男性が対等に話せる話題となりました。

大幅なリストラが行われるようになり、仕事の面でも厳しい競争が高まる中だからこそ、男子側もそんな時代に沿ったパートナーを求めているのかもしれません。

自分の仕事を持って、ヴィジョンを持てる女性

上記にも書いたように経済的な問題や時代背景が反映されているということもあり、ただ若くて、かわいいだけがお嫁さんにしたい条件でなくなっているのが、シビアな現代の日本なのです。

男性に従順な女性と言えば、聞こえは良いのですが、逆の表現をすれば、依存度の高い女性と言い表すこともできます。これからの時代、なかなか男性だけに頼って生きていくのが厳しく、男性としてもそういったことを強く感じていることもあってか、自分の仕事なり、将来のヴィジョンを持って、生きていけるような女性を理想に感じるようになってきているのでしょうか。

これからの時代に女性が求められるものとは?

shutterstock_1612110414
このように男性の女性に求めるものが変わっている中で、女性たちがこれから兼ね備えておくべきポイントについていくつか挙げてみたいと思います。

  • 仕事でも趣味でも自分の好きなものを持てること
  • 他人に依存ばかりしない独立心
  • 適応能力の高さ
  • 生活力の高さ
  • 外の世界に興味関心をもつ力

何度も書いているように昭和の夫婦像が崩れてきている現代では、「男は外で仕事、女性は内で家庭を守る」という形も古いものに・・・。そしてこのような形では、なかなか家族を支えていくことが難しくなってきているという現状もあります。

よって、女性自身も外の世界に出て、どんな状況でもサバイバルできるような能力を身につけることが求められています。バリバリ働いて、お金を稼ぐということだけがサバイバルするというわけではなく、外の世界への興味関心の高さであったり、適応能力や独立心といった、自分ひとりで立てる力を兼ね備えておくことが何かが起きた時の為のお守りにもなります。

男性に左右されない自分の人生を考える

shutterstock_257056219
強すぎる独立心も、我の強さも、確かに結婚を遠ざけてしまうものではありますが、結婚がまるでゴールかのようにそこに自分自身を注ぎ、委ねてしまうのも非常に危険なことです。男性の考えの変化によって、女性に求めるものも変化しているのは確かですが、それはある意味、時代や社会が求めているものと言えるのかもしれません。

女性にとって結婚は選んだ男性によって大きく人生が変わるものと言われますが、そんな表現も古くなり、相手に振り回されない自分の生き方を持った個人として結婚を捉えてみることで、選択肢もぐっと広がるかもしれません。