真の美人はお世辞の返し方が超一流!褒められたら褒め返すが基本

真の美人はお世辞の返し方が超一流!褒められたら褒め返すが基本

お世辞って私たちの周りに日常的に飛び交っていますよね。

「きれいですね」、「かわいいですね」、「若いですね」、「本当に素晴らしい人材ですね」…そうやって褒められたはいいけれど、でもいざ褒められるとどう返していいかわからないという女性、実はけっこう多いみたいです。

また、この返答の仕方なら当たり障りないだろうと思って返した言葉がかえって相手の反感を買ってしまったり。どうやって返すのが一番いいのでしょうか。

肝心なのは、褒めてきた相手というのはなにもあなたを本当に褒めたいと思っているわけではなく、コミュニケーションをとろうとして話しかけてきているという場合があります。

それを理解しておかないと、褒められて「あ、どうも、そんなことないですよ」だけで会話が終わってしまうことになりかねません。

褒められたら褒め返す、これを基本にしましょう。真の美人さんになるには、外見だけでなくお世辞の返し方にも気を使う必要があるみたいですね。

外見を褒められたら、外見を褒め返しましょう

相手に外見を褒められることって、女性ならけっこうあると思います。顔、スタイル、服、持ち物。目に見えるものを褒められる場合。

なんだかちょっと照れくさくて、どう返したらいいかわからないこともあると思います。でも大丈夫です。外見を褒められたら、必ず相手の外見を褒めかえるようにしましょう。そうすれば外れなしです。

相手は、あなたのことを本当に褒め称えたいのではなく、自分も何か褒めてほしい部分があるから褒めているのです。

どこかを褒められたら、相手の外見に関する部分を、具体的に褒め返すように心がけましょう。そうすることで、相手の気分もさらにアップし、人間関係も潤滑に回るようになります。

どうして相手がそのタイミングで褒めてくるのか、を考えましょう

さて、相手があなたのことを褒めてくれた場合、考えなくてはならないことがあります。それは相手はどうしてそのタイミングであなたのことを褒めてくれたのか、ということです。相手は何も考えなしにあなたのことを褒めたりはしません。必ず目的があります。

たとえば、大事な会議の前でしたら少しでもコミュニケーションをとっておきたいと思うはずですし、打ち解けなければならない必要がある場合には距離を縮める目的で近づいてくる場合もあるでしょう。

褒めてくるタイミングのその裏には、必ず目的があることを忘れないようにしましょう。「わー、やったー、褒められた」だけだと、大事なものを見落とす可能性もあります。

相手があなたとの距離を縮めようとして褒めてくる、この事実を正確に察知して、人間関係に活かせるようにしていきましょう。褒められたら、相手にもっと歩み寄るチャンスと考えるといいかもしれませんね。

9割は社交辞令だと考えるようにしましょう

褒め言葉というのは、決して真に受けてはいけません。9割が社交辞令と考えておいて間違いないでしょう。褒め言葉を真に受けすぎてしまうと、なんだか「痛い人」と思われてしまうこともあります。

「きれいですね」と言われて、相手のことを褒め返すこともせずに「そうみたいね」といった態度をとってしまうと、女性社会においてたちまち陰で「あの人、自分のこときれいって本気で思っているみたい。こっちはお世辞で言ったのに」と悲しいことを言われてしまうかもしれません。気をつけましょう。

さきほども述べたとおり、褒められたら油断してはいけません。必ず褒め返すようにしましょう。

ときには自分から相手を褒めましょう

 さて、褒められ慣れている人。けっこう多いのではないでしょうか。社会に出てそれなりに働いていれば、それがお世辞かそうでないかに関わらず、誰かに褒めてもらう状況というのは自然と発生します。それはコミュニケーションをとる上でとても大切なことです。

しかし、その状況に甘んじてはいけません。ときには、あなたのほうから相手のことを褒めることも重要だったりします。相手のことを自分から褒めるのって、なんだか負けているような気がしていやだ、という人もいるかもしれません。

ですが、「褒めるが勝ち」、です。誰だって、褒められて嫌な気持ちになる人はいません。あなただって褒められたときの喜びは知っているはずです。相手のことを積極的に褒めて、心を開いてもらうことも、社会人として、そして一人の女性としてとても大切なマナーと言えましょう。

そして面白いことに、人を自然に褒めることができる女性というのは、周りに自然と仲間や味方が増えていきます。これは人生を歩んでいく上でとても重要なことです。

褒めることはすなわち自分自身の味方を増やしていくことにつながるわけです。真の美人さんになるためにも、これからは外見だけではなく、褒め上手のテクニックを身につける必要があるわけですね! 頑張ってますます女性パワーを上げていきましょう。