彼の本命になるために!都合のいい女と彼女にしたい女の違い

彼の本命になるために!都合のいい女と彼女にしたい女の違い

彼のことが大好き!」「頼まれれば何でもしてあげたい!」世の中にはそんな男性に尽くすことが好きだという女性も多いでしょう。

しかし度が過ぎて都合のいい女になってはってはいませんか?男性にとって何でもしてくれる都合のいい女と彼女にしたい本命の女は違います。

いくら彼のことを愛していても彼からも同じように愛されなくては幸せな二人の未来は期待できません。

未来の見えない都合のいい女にならないためにも双方の違いをしっかり把握して彼の本命彼女を目指しましょう。

彼と対等な関係を保てるのが本命彼女の特徴

都合のいい女というのは彼を想うあまり尽くし過ぎてしまい対等な関係を保てません。

主従関係のようになってしまったり母親のように世話を焼いてしまい恋人よりも親子関係のような間柄になってしまうことも少なくありません。

それに比べ本命の彼女というのは彼と対等な関係でいることが出来ます。

男性は何とも思ってない都合のいい女には何をして貰っても「得してラッキー」とか「楽が出来た」などの感想しかありませんが、本命彼女に対しては「こんなに気を遣わせて申し訳ない」や「もらってばかりではなく自分からも返さないと!」と焦る気持ちが生まれるものです。

お互いに気遣いの気持ちを忘れず、して貰って嬉しかった思いやりは自分からも返すというのが対等な大人の関係です。

本命彼女でいたいのであれば与えるだけで満足してはいけません。

尽くすだけではなく相手からも尽くされる「この女性に何かしてあげたい!」と思われるような愛させる女になりましょう。

何時でもどこでも呼び出されるのは都合のいい女の危険アリ!?

彼からの呼び出し電話やメールが仕事中であったり深夜であったり・・・なんてことはありませんか?

実はそれ都合のいい女になってしまっているかもしれませんよ?深夜の呼び出しや仕事中の連絡というのは本命の彼女にはしないものです。

なぜなら本命彼女に対しては嫌われたくないという気持ちが働くので「こんな時間に連絡して迷惑じゃないかな?」とか「非常識だと思わせたら嫌だな」と思い通常の男性は躊躇してしまうのです。

しかし都合のいい女に対しては「まあ嫌われてもいいか」とか「呼び出して来たらラッキー」くらいの気持ちで接していることも多いので気軽に呼び出すことが出来ます。

都合のいい女になりたくないのであれば急な呼び出しにすぐに駆けつけるのは止めましょう。

男性の呼び出しに言いなりになってしまうと軽い女というイメージが強くなります。

嫌なときはちゃんと嫌だと意思表示の出来る自立した女性になれば都合のいい女に見られることもなくなるでしょう。

彼のだらしない姿や気合いの入っていない恰好は危険信号

彼が貴女と合う時だけだらしのない姿や気合いの入っていない恰好を見せるということはありませんか?

「私の前だけ素の姿を見せてくれる」「気を許してくれている証拠」なんて喜んでたら大間違いですよ。

男性は好きな相手には恰好良く見られたいし、だらしない姿は見せたくないものです。

反対にどうでもいい相手や気合いを入れる必要のない相手と会う際には服装には気を遣わないので、貴女と会う時にだらしない部屋着やほつれた洋服などを着ていたら要注意ですよ。

だらしのない恰好はだらしのない気持ちの表れなので貴女自身が服装に気を遣いきちんとした恰好で彼に会うようにしましょう。

そうすれば彼の方も「だらしない恰好でこの娘と一緒に歩くのは恥ずかしいな・・・」と思い貴女に敬意を払い服装を改めてくれるはずでしょう。

彼の友達や両親に挨拶済みであれば本命彼女の確立高し!

男性は都合のいい女とはいつ関係が切れても構わないと思っている場合が多いです。

なのでどうでもいいと思ってる相手には仲のいい男友達も紹介しませんし、自分の家族への挨拶の場など設けることはありません。

いつも会うのは二人の時、時間帯はあまり人目のない夜だったりすると都合のいい女と見られている可能性が高いでしょう。

反対に実家によく呼んで貰うという女性や彼の両親と仲がいいという女性は彼の本命彼女として大事にされている可能性が高いですよ。

嫌われることを恐れないのが本命彼女になれるポイント!

「彼に嫌われるのが怖い・・・」「もう会わないなんて言われないために言う通りにしなきゃ!」と思ってしまう女性はいつの間にか都合のいい女になっていることが多いです。

そういう女性は男性に不当な扱いを受けていても適当な対応に気付いていても文句が言えないので言われるまま言うことを聞いてしまう傾向があります。

そんな都合のいい女にならないためには彼に嫌われることを恐れないというのがポイントです。

嫌われたり喧嘩になったりすることを恐れずしっかりと自分の意見を言う、強い意志を持った女になりましょう。