告白してフラれた!再チャレンジ出来る「フラれた理由」とは?

告白してフラれた!再チャレンジ出来る「フラれた理由」とは?のイメージ画像

長い間募らせてきた、もしくは運命的な出会いを感じて燃え上がった彼に対するアツい想い。それを思い切って告白したけど・・残念ながらフラれてしまったアナタ。

とても悲しくて傷ついて、他のことが考えられないぐらいに落ち込んでしまいますよね。気持ちはとっても分かります!


しかし!辛いかもしれませんが、落ち着いて思い出してみて下さい。アナタがフラれたときに言われた「彼の一言」はどういう言葉であったかを。

実はそこには、彼のホンネがひっそりと隠されているのです。本音と建前は違うと言いますが、彼の言葉をそのまま鵜呑みにしてしまうのはせっかくのチャンスを無駄にしてしまうという恐れがあるのです。

そんな事態に陥らないように、彼のホンネを見極めることが大事です。それを見極めることで、【告白の再チャレンジ】が可能になるのです!

「今はまだ誰とも付き合う気になれない」

今は彼女を作りたい気分ではない。アナタに原因があるのではなく、誰とも付き合う気になれない自分自身に原因があるのだとアナタに伝える言い方です。

これには、「自分自身を悪い人間に見せないため」と「他に好きな女性がいる」という本音の二つが隠れているのです。

彼はアナタに対してハッキリとした理由を言うことでアナタを傷つけ、周囲から悪者扱いされることを恐れています。

また、好きな女性がいるというパターンもありますが、この言い方だと好きな女性はいるが、まだ付き合う段階まで進んでいないため、アナタと天秤にかけている状態であるとも取れます。

すなわち、彼が密かに想っている女性とうまくいかなかった場合のキープとしてあなたを置いておきたいという考えも見えてくるのです。

なので、アナタが諦めることなく彼へのアピールを続けた場合、ひょっとすると彼の心がアナタに向くかもしれません!

「他に好きな女性がいる」

先ほどの内容に対して、このようにハッキリと好きな女性の存在を伝えてくる場合は、彼はその好きな女性に気持ちが定まっているので、残念ながら逆転できる可能性は低いでしょう。

その場合アナタがやってはいけないことはこちら

  • 自分と好きな女性を比べる
  • 彼のFBやタイムライン、ブログを頻繁にチェックする
  • 未練がましく彼と頻繁に連絡を取る
  • 好きな女性に対し敵対心をむき出しにする

これらのことは、決してアナタ自身を輝かせることは出来ませんし、すでに定まった彼の心を無理にこちらに向けようとしても余計に逃げられてしまう恐れがあります。

なので、この言葉は一番辛いものかもしれませんが、素直に受け入れて自分を高める材料として消化していきましょう。

「仕事(もしくは勉強)に集中したい」

実際に彼自身が仕事や勉強で多忙なシーズンにあるとき、この言葉を押し出してくる場合があります。

女より勉強が大事なの・・!?とショックを受けるかもしれませんが、落ち着いてください。彼がこの言葉を使う場合は、「物事に集中したいため、彼女など作っている暇はない」という意味と、「本当は好きな女性がいるが、悪者になりたくないので嘘をついている」という意味の2つが潜んでいます。

この二つの本音に対してアナタに共通して言えることは、すぐに再チャレンジしようとして彼と連絡を頻繁に取ったり、まとわりついてはいけないということ。

どちらの意味にしろその行動は彼がアナタから完全に遠ざかってしまうことになるのです。どうすればいいかというと、その場ではすぐに身を引きましょう。

そのあと彼を応援してあげる気持ちをメールやLINEでシンプルに伝えて。そのあとは何が何でも彼の動向を探ったり、無駄な連絡を取らないようにすること。

そして間をあけて、そっと差し入れをしてあげるのもいいでしょう。ここでのポイントは

  • 再チャレンジは、告白してフラれたときから半年は間をあけること
  • その半年間の間は、シンプルな差し入れのみ
  • アナタの気持ちをつづったメール、何気ない連絡は絶対にしない

半年間も自分の邪魔をせずに応援し続けてくれるアナタに彼は好印象を抱くでしょう。最初はアナタをフった時の罪悪感がありますが、それも徐々に薄れていきます。

そして自分が体力的にも精神的にも、静かにそっと支えてくれるアナタにどんどん心が傾いてくるのです。

男性的には、日本人女性の「慎ましく、そっと自分を支えてくれる」部分というのはとても魅力的に見えるものです。

大変根気の必要なアプローチですが、すぐにでも再チャレンジを図ろうとすると最悪の印象が植えつけられてしまうので、それ以上の逆転が出来なくなってしまいます。

恋愛は忍耐、ともいいます。自分磨きのつもりで、肩の力を抜いて気長に待ちましょう。

「良い友達でいよう」

これこそ、男性が【自分が悪者になることから逃れる】フレーズの第一位といっても過言ではないでしょう。

良い友達で、というのは、遠まわしに俺のことをまだ好きでいてほしいという本音を表しているのです!

そんな男性の特徴として、

  • アナタをフったあとにも関わらず、何気ないメールをしてくる
  • 何事もなかったかのように食事やデートに誘ってくる
  • アナタから連絡を取ったりすると返信がない。

などの特徴が挙げられます。

これらの男性は、とりあえず自分を好きになってくれる女性を手元に置いておきたいだけなのです。

アナタとの関係を誠実なものにしようと思うなら、スッパリと切るもしくはアナタを遠ざける理由を口にするはず。

彼女にはなれないけど、これはこれでいいや・・なんて思わないで!ひょっとすると、気付かないうちに彼の思うがままにされているかもしれませんよ!

「自分にはもったいない」

これも、男性のルックスや性格によって意味合いが変わってくるフレーズです。もし彼が友達も多く、自信家でモテるタイプであれば、「自分を不利な状況に追い込まないために」あえてアナタを持ち上げるような断り方をしているかもしれません。

このように、「自分にはもったいない」「アナタが魅力的すぎるから悪いんだ」とすることで、実は彼のタイプじゃなかったり他に好きな女性がいるということをぼかしています。

その場合は、すっぱり諦めるか一旦身を引いたふりをして、たっぷり間をあけて再告白すればうまくいくパターンがあります。

逆に、彼の性格が内向的で友達も少ない場合、自分に自信がないためそのような言葉をアナタに伝える場合があります。

まさにアナタとは畑が違い過ぎて、自分の手には負えないと思っているパターンです。今まで接点があまりなかったのに突然告白されたときなどに「なぜオレなの!?」と混乱してしまうのです。

そんな自信がない彼には、アナタから根気強くアピールを続けることで想いを徐々に伝えていきましょう。

一目ぼれだったとしても、「顔がタイプだから」などと正直に言ってはいけません。男性は、部分的なものよりも全体像を褒められるのが好きなのです!

「とてもオシャレで知的なところ」「とても活発でリーダーシップがあり、頼りがいがある」など、彼の頭からつま先までを含めた全体像を褒めてあげると良いでしょう。

やはり思い切って告白したこちらの身からすれば、彼からすぐにお付き合いできない返答をされてしまえば目の前が真っ暗になってしまうものです。

しかしそこで諦めずに冷静になることで、彼に対して次にどのようなアクションを起こせば良いのかが見えてくるのです。

すっぱり諦めなければならない場合もありますし、時間をかけてじっくり駆け引きしていけば実る恋だってあります。それはすべてアナタ次第!

再チャレンジで恋が実った女子に共通するのは「忍耐強さ・潔さ」。ズルズルと彼に未練がましい行動をとり続けてはいけませんよ!

涙を拭いて次のチャンスに備えましょう!それは、自分を磨いていればきっとやってくるのですから。