つい恋愛に依存してしまう貴女に最適な依存を克服する4つの方法

つい恋愛に依存してしまう貴女に最適な依存を克服する4つの方法

世の中には恋愛に依存してしまうタイプの女性というのは意外にも多いようです。

恋に夢中になれるというのは素敵なことではありますが、それが節度を越えた「依存」に発展してしまうと仕事や日常生活のあらゆる面でトラブルを起こしてしまう可能性があります。

また依存された相手の方も「重い」「怖い」と感じてしまうことが多いですし、一歩的に寄りかかるだけの恋愛は健全とはいい難いです。

そうならないためにも恋愛依存を克服する5つの方法をしっかりとマスターし、自立した大人の恋愛を目指しましょう。

恋愛以外の楽しみを見つけよう

恋愛に依存してしまう人の特徴というのは思考が一直線なことです。一度恋愛に熱中してしまうと相手のことばかり考えてしまい頭の中が恋愛一色になってしまう傾向があるのです。

それを阻止するためには恋愛以外のことに目を向けるのが有効でしょう。人生とは恋愛だけで成り立っているわけではありません。

趣味や習い事など新しいことにチャレンジして恋愛以外の楽しみを見つけるということが依存から抜け出す第一歩です。

恋愛に夢中になれるということは熱しやすい性格なので趣味など恋愛以外の物事にも夢中になりやすい体質といえます。

なのでハマりやすい体質の人にはこの解決方法はおすすめと言えるでしょう。

未来にも繋がる資格取得の勉強、英会話などでもいいですし、もっと娯楽的な映画鑑賞や読書なども効果的です。

なにより本人が楽しいと思えることが大事なので長く続けられるもの、持続することで体調的、経済的な無理を強いらないものがいいでしょう。

恋愛以外の楽しみを見付けられたら生活も潤いが出てきますし、人としての魅力もぐんと増すこと間違いなしですよ。

冷静な思考で自己評価を高く持つ

恋愛に依存してしまう女性にありがちな特徴は自己評価が低い、自分に自信が持てないという点です。

自分に自信がないからこそ他に拠り所を求めてしまい「自分を認めてくれる」「自分を愛してくれる」恋愛に夢中になってしまうのです。

そういう女性は往々にして自己評価が低く、実際の能力よりも自分は劣っていると考えてしまう傾向があります。

ネガティブな気持ちからくる恋愛依存は危険な思考に陥りやすいですし、「私なんか・・・」とか「頑張ってもどうせ・・・」という否定の言葉が多くなるとそれに付き合う男性の方も気が滅入ってしまうでしょう。

自分に自信を付けるためには冷静な思考を持って第三者の視点で自分の評価を付けることが大切です。

何かに夢中になっている時や落ち込んでふさぎ込んでいる時などは視野が狭くなりがちですが、仕事や私生活、友人関係、恋愛など広い分野に目を向け多方面から自己分析するのが有効でしょう。

「仕事では失敗も多いけれど友達は多いし感謝されることも多い」とか「容姿は綺麗ではないけれど人には好かれるタイプだし仕事場でも信頼されている」など悪い面だけを浮き彫りにせず良い面も見つけてあげることが自己評価を高く持つポイントです。

依存というのは不安や恐怖の気持から生まれる場合が殆どです。

なので「誰でも良い面と悪い面を持っている」「自分は劣った人間ではないし悩んでいるのは自分だけではない」と冷静に分析し納得することが依存がら抜け出せる近道ですよ。

仕事や勉強に熱中してみる

気が付いたら恋愛事に夢中になっていて彼のことばかり考えているなんていうのは仕事や勉強に集中していない証拠です。

いっそ恋愛のことを考える余裕なんて無くなるくらいに仕事や勉強に必死になってみてはいかがでしょうか?

会社勤めの方なら新しい企画をいくつも考えて提出してみたりプレゼントの練習を繰り返しするのもいいでしょう。

アルバイトの方でも先輩の仕事を手伝わせて貰ったり後輩の指導役に立候補するなど出来ることはたくさんあります。

また、学生の方であれば学業に専念して勉強に熱中するというのは自分自身のステップアップにもなりますし恋愛依存を抜け出す良い方法でしょう。

なにより仕事や勉強に懸命に打ち込んでいる女性というのは美しく見えるものですよ。

自分磨きの時間を作り愛せる自分に

依存は不安や恐怖心から生まれるものだと先の欄で言いましたが、自分を磨いて自信を付け愛せる自分に変わることでその不安や恐怖を解消することも出来ます。

自分の体型や能力、学歴などに自信のない女性というのは恋愛依存に陥りやすく、そんな心のどこかにある不安が依存の付け入るスキとなっているのです。

なのでダイエットを頑張って理想の体型に近づけたり、資格取得などの目に見える評価で自分の能力に自信を付けることが出来れば自然と恋愛に依存しなくても自分を保てる女性になるでしょう。

突然理想の自分に変身するというのは難しい話ですが、自分磨きの時間を設けて少しずつ愛せる自分を作っていくのがおすすめですよ。