会話のテクニックで心をつかむ!次会った時に使える恋愛心理学

shutterstock_99959015

気になる彼との会話のチャンス到来!せっかく話ができる機会なのですから、彼のハートを少しでもこちらに向けることに活用したいところ。なんでもない内容の話の中でしっかりと彼の心をつかみましょう。

「好きな人と話をする機会はあるけれど、なかなか恋には進展しない…」「口下手だからなかなか話が弾まない…」という方、必見です。

1 相槌の活用

どちらかが話をしている場合、聞いている側は相槌を打ちますよね。この「はい」「うん」といったほんの短い相槌を利用して、相手を気分良くさせる方法があります。

まず、彼が話をしているとき。あなたが相槌を打つ場合、次のことに気を付けてみましょう。

  • アクションは大きめに
  • 相槌のバリエーション(文言や声のトーン)を豊かに

そうすると彼は、「自分の話を良く聴いてくれている!」と感じて嬉しくなります。

続いて、あなたが話をする場合。彼が相槌を打ってくれたら、その相槌にまた相槌で返してみましょう。例えば…

あなた「○○…なのよ。」

彼「うん。」

あなた「うん!」

このとき、彼が打ってくれた相槌よりも少し大きめの相槌にすると効果的です。

これらの「相槌」「相槌返し」を行う目的は何なのかというと、男性の承認欲求を満たすためです。人は誰でも認められたいという欲がありますが、男性はそれが特に強いもの。

そして自分を認めてくれた相手、肯定してくれた相手に好意を持つ傾向にあります。相槌の「はい」「うん」は、短くてもりっぱな「肯定」です。

2 肯定言葉の活用

相槌をさらに発展させて、肯定言葉もいっしょに使いましょう。「そう」というよりも「そうそう!」と肯定感を強めると、さらに効果的です。

肯定言葉の種類

  • その通り!
  • ○○くんの言う通り!
  • そうそう!
  • 大正解!
  • まさにそう!etc…

こうした肯定言葉を、1で述べた相槌や相槌返しと合わせて活用してみましょう。

3 ほめ言葉の活用

彼が何かを話してくれたら、その中に何か一つでもほめるポイントを見つけましょう。はじめて聞く話には、何かしら新しい発見があるものです。その新鮮さを素直に言葉に出して彼に伝えましょう。

どんな小さなことでもいいのです。むしろ、他の人にはふれられないくらい小さなことや目立たないことのほうが、ほめられたら嬉しいはず。その特別感が「レア好き」な男心をくすぐるのです。

「すごい」「さすが」の一言でも良いですが、「○○だなんてすごい」「□□って初めて聞いた!」と具体的にほめるとさらに◎です。

いかがでしょうか?次に意中の彼と会話をするチャンスがあったら、ぜひ実践してみてください。口下手さんでも会話が弾むはずですし、どんなになんでもない話題でも彼の好意をあなたに向けることができるはずです!