機嫌の直し方を知りたい!彼氏のイライラを解消する魔法の会話術

1

「ねぇ聞いてる?」そんな問いかけに我に返ると、彼はすっかり不機嫌顔。悪気は無くても相手をイライラさせてしまうことってありますよね。

交際期間が長くなると、ついつい会話の大切さを忘れがちです。

そんな時、ヘソを曲げている彼に合わせて自分まで黙り込んでしまうのはNG!彼の機嫌を直すコツを覚えて、上手に仲直りしましょう。

1 彼をホッコリさせて信頼回復!

2
思い返せば最近、自分から話しかけてないかも?けどわかり合ってるから大丈夫よね。そんな思い込みで、彼の不満に気付けないこともあるようです。

一つ目のキーワードは「信頼回復」まずは彼氏の訴えからご覧ください。

「彼女が適当過ぎる!」

最近、彼女の態度に不満があります。こっちの話を聞く姿勢があまりにも適当で。

僕は結構話したがりなんで、その日にあったこととか頻繁に口にするんです。なんにも話題がない男よりいいですよね?

だけど彼女の返事は「はいはい」とか「うんうん」だけ。適当にあしらわれてるなーって思うんです。

別に、気に障るようなことは言ってないんですけどね。それとも、こっちの話なんか聞き飽きたって感じなのかな。 (30代男性/交際歴8ヶ月)

ついついやりがちな「聞き流し」

「聞いて聞いて」そう一生懸命に話をするのは女性だけとは限りません。お喋り好きで、構ってちゃんタイプの男性も意外と多いものです。

そんな時、実は話半分に聞いているなんてことはありませんか?相づちなんて聞こえはいいけれど、実際にはフンフン言いながら聞き流しているだけ

確かに聞く側にも、その時々のコンディションがあるのは確かです。疲れていたり、本当に興味のない話に対して親身になるのは辛いものですから。

けれどもし、自分が同じことをされたら・・・やっぱりカチーンときませんか?

パートナーの不満な気持ちに鈍感になってはいけません。彼は今、話すらまともに聞いてもらえないことに強い不信感を抱いているかもしれませんよ。

信頼を取り戻す魔法の言葉

話を聞き流されたことに不満を抱えている彼氏。このまま放っておけば、聞き上手な他の女性に気が向くのも時間の問題です。

そんな時は自分の非を認めた上で、こんな風に言ってみてください。

「ごめん、完全に聞き流しちゃってた!仲がいいからって安心して、リラックスし過ぎてたかも・・・もう一回教えてくれる?」

謝る・認める・説明する・下手にでる。このフルコースをうまく組み込めれば、それ以上の苛立ちを生むことはないはずです。

2 リフレインで彼を満足させる!

1
考え事をしている時に彼が何か話しかけてくる。そんな時はさらっとスルーして、返答が必要なことにだけ反応。意外とやりがちなことですよね。

傷ついた彼の機嫌を直す、二つ目のキーワードは「リフレイン」続いての男性も彼女にストレスを感じているようです。

「彼女が話を聞いてくれない!」

同棲してる彼女がいるんですが、そのことでストレスを抱えてます。原因は向こうの無反応な態度です。

例えばテレビを見てて、ちょっとしたリアクションってするじゃないですか。「この人すげーな」とか「これ旨そうだよね」とか。

でも彼女、そういう呟きへの反応が鈍くてですね。簡単に言えば無視、スルーされるんです。聞こえる距離なのにですよ?

昔は会話も弾んだし、なんてことない言葉も拾ってくれてたのに。つき合いが長くなると、女も変わるもんですよね。 (30代男性/同棲歴2年)

慣れが裏目に「ノーレスポンス」

結婚こそしていないとはいえ、同棲するカップルのライフスタイルは「ほぼ夫婦」のようなもの。その年数が長ければ長いほど、お互いの存在があたり前になっていきます。

同棲生活のメリットをあげればキリがありません。けれどその反面で、どちらか一方だけが感じているストレスがあるというのもよく聞く話です。

その中でも特に多いのが、コミュニケーションの不足とバランスの悪さ」彼の訴えがまさにこれにあたります。

返事をするほどでもないようなことって、確かにありますよね。ひとり言かな、なんて片付けたりすることも。

けれど男性の多くは「外向的」な面を持ちあわせていると言います。つまり自分の外側に向かって情報を発信し、外側からの刺激を受けることで満たされるわけです。

彼は自分だけの情報発信で一方通行になっている今の状態に、虚しさを感じているでしょう。

彼を満足させる魔法の言葉

自分の発言をスルーされたことにガックリきている彼。こんなことを繰り返していれば、二人の同棲生活に終わりが来るのは間違いないでしょう。

そうならないために、ちよっとした会話のテクニックをご紹介します。

それは「さっき言ってたアレってさぁ・・・」と、あとからもう一回同じ話題を繰り返すこと。あの時は返事できなかったけど、ちゃんと意見はあるのよ。そんなアピールができます。

ここで相手が女性ですと「なんでさっき返事しないのよ」と怒りがぶり返しますが、男性の場合はそうはなりません。それが男性のいい所。

ただし、話の内容を全く聞いていない状態では使えないテクニックですので要注意!都合よく話を合わせようとすると、かえってボロが出るでしょう。

3 さらりと褒めて彼の欲求充足!

5
彼の様子がおかしいことには気付いているけれど、踏み込んで話を聞く余裕がない。日常生活に追われて、自分のことに精一杯な時もありますよね。

彼を満たす三つ目のキーワードは「欲求充足」寂しい思いをしている彼氏の想いを覗いてみましょう。

「彼女が冷たい・・・」

近頃、彼女が変わっちゃったなって思うことが多々あります。どうも気のせいじゃなさそうなんですよね。

実は春から仕事の部署が変わって、業務上でも人間関係でも面倒なことが立て続けにおきまして。かなり落ち込んでたんです。

悪いとは思ったんですが、彼女に聞いてもらうことで気持ちが楽になるというか。そんな理由で何度も話題にしてたんです。

そしたらいつしか、彼女の顔が無表情になっていって。ふんふんって相づちだけでスマホいじったりとか、明らかに興味なさそうな感じで。

確かにネガティブな話ですけどね。でも彼氏の大変な時を、少しでも支えようって思ってくれないのかな。 (20代男性/交際歴2年)

彼にはバレバレな「うんざり感」

先の見えない相談事や、知りもしない人の愚痴話。疲れた体にネガティブな話をぶつけてくるパートナーが鬱陶しい。

わかります。聞きたくもない話に付き合うなんて、仕事でもない限り御免ですよね。

それでも邪険にはできないから、なにかツールで気を紛らわしたり。精一杯、聞く姿勢だけはキープしているのではないでしょうか

けれどその「ちゃんと聞いてますよ」な仮面の下の本音は、きっと相手には伝わっています。相づちだけでは、何かをしながらではバレて当然です。

話を聞いた上で承認してほしい彼からすれば、物足りなさがつのっているはずです。

彼の欲求を満たす魔法の言葉

話を聞いて心配してほしい彼氏と、そんなやりとりにお疲れ気味な彼女。仕事を辞めるわけにはいきませんから、ことが解決するまでは続くことでしょう。

問題解決を目指してじっくり話をするのが一番なのでしょうか?けれど、アドバイスめいたことを彼女から言われるのを嫌う男性は多いものです。

それなら一体どうするのか。ヒントは「問題を問題にしない」ことです。

つまり、彼と一緒になって悩む必要もなければ知恵を絞る必要もないということ。別の角度から、そっと支えるだけでいいのです。

大変な仕事を押しつけられたり、迷惑ばかりかける後輩。でもあなたなら何とかなる、そう思ってのことなんじゃない?そんな意図で伝えるのです。

目指すのは的確なアドバイス、ではなく「心の支え」になることです。

彼のイライラを解消するために

1
言葉ではなく、会話の仕方で彼の苛立ちを抑える方法をご紹介しました。けれどこれは、使う必要がなければないほど望ましい。

ご紹介した方法はあくまでも、いざという時の対処法としてご活用くださいね。お二人にとってベストなのは、普段からの密なコミュニケーション以外にはないのですから。