職業別恋愛白書!警備員の彼と付き合うメリット・デメリット

7

恋人募集中の女性にとって、知り合う男性の職業はやっぱり気になってしまうものですよね。この職業の人と付き合うってどんな感じかしら?と思いを巡らすことでしょう。ここでは、警備員の仕事をしている男性とお付き合いするメリット・デメリットをご紹介します。

警備員と付き合うメリット

まずは警備員の男性と付き合うメリットを見ていきましょう。

カッコイイ制服姿を拝める

仕事をしている男性の姿はかっこいいもの。それがビシッときまった制服姿だとなおのことです。職業によっては職場や現場でしか制服を着ないというケースもありますが、警備員の場合は自宅から制服を着ていくことが多いので、彼の家にお泊りしたり遊びに行ったりすれば制服姿を見るチャンスがあるかもしれません。

警備員の制服に多いネイビーやブラック系は、男性をよりすてきに見せてくれる色でもあります。制帽もかぶればさらに男前度アップですね。お付き合いが長くなってときめきが薄れてきても、ときどきこの制服姿を拝めば新鮮な気持ちがよみがえってくることでしょう。

地理に詳しいのでドライブが快適

業務内容にもよりますが、いろいろな現場へ駆けつける機械警備をはじめ交通誘導警備、イベントなどの雑踏警備にたずさわっている人はその地域の地図が頭に入っているので、道順や交通事情などに詳しいです。

その地域を車で行き来するときは道を間違えるなどということはないのはもちろん、渋滞を避けてすいすい行ってくれるはず。快適なドライブデートが期待できます。

虫などの退治をしてもらえる

施設の警備で実はありがちなのが、虫やネズミなどのしわざで警報が鳴るということです。警備員はそのたびにそれらを駆除したり追い払ったりしているので、対応はお手のもの。デート中にふいに虫やネズミが現れても、彼は落ち着いて何のことなく対応してくれるでしょう。

大騒ぎせずスマートに対応するその姿に、彼女であるあなたまでも周りから羨望の目で見られます。その頼もしさにきっと惚れ直すはず!

夜、友だちとの飲み会に行きやすい

同棲や半同棲をしていると、夜彼が家にいるのに自分は外出するというのは気を遣ってしまうという方もいるでしょう。その点、彼が警備員だと夜は不在にしていることが多いので、彼氏がいるからといって友だち付き合いがおろそかにならなくてすみます。

付き合い始めこそ「彼とさえ居られればいい!」と思っても、長い人生やっぱり友だちはなくてはならない存在です。彼との関係を良好に保ちつつ友だち付き合いも大切にできる環境はあなたの生活を豊かにするでしょう。

会えない時間が愛育てる

会いたいときに会えなかったり連絡を取りにくい時間があったりするからこそ、相手を想う気持ちが芽生えて愛が育つのです。適度なインターバルをはさむからこそ、何日かぶりに会った時にお互いを愛おしく思えて、話も弾むというものです。

警備員と付き合うデメリット

続いて、警備員の男性と付き合うデメリットをご紹介します。

イベントに一緒に行けない

花火大会やお祭りなどといった人がたくさん集まるイベントにこそ必要になるのが、警備員です。そういう時はまず休めませんし、仮に休んだとしても、会社の人がいっぱいいて忙しく仕事をしているイベントなんて行けるわけがない!警備員と付き合う以上、彼と一緒にイベントに行くのはあきらめるしかなさそうです。

仕事帰りに寄り道できない

会社にもよりますが、警備員はたいてい自宅から制服を着て行き、仕事が終わったら制服のまま帰ってきます。そのため、サラリーマンとOLのカップルがよくやっているような会社帰りに待ち合わせてディナー、などというのはまずできません

休みをとってもらいにくい

とにかく忙しい警備員。希望通りのシフトで働くということはなかなかできません。そのため、誕生日やふたりの記念日など、一緒に過ごしたい!という日に休みを取ってもらったり早上がりにしてもらったりというのはあきらめたほうが良いでしょう。

連絡を取れる時間が限られる

メールやラインの返事がなかなか返ってこなくてやきもきしたり、電話をかけても繋がらなかったり・・・そんなことはしょっちゅうです。特に、つらいことがあってなぐさめてほしいときに限ってぜんぜん連絡がとれなかったりするとかなり堪えるかもしれませんね

いかがでしょうか?以上が警備員の男性と付き合うメリット・デメリットです。あなたにとってメリットが魅力的でありデメリットを乗り越えられそうだと感じるのであれば、さっそく警備員の彼にアプローチしてみましょう!