結婚に迷うあなたの参考に!男女の思う結婚のメリットデメリット

結婚に迷うあなたの参考に!男女の思う結婚のメリットデメリットのイメージ画像

「独身でいるのと結婚するのって、実際のところどっちが幸せ?」
なかなか結婚に踏み出せない人には、こんな疑問が脳裏にあるようですね。

そこで、答えを導き出す参考にしていただくべく、男女別に考える結婚のメリットとデメリットについてお伝えすることにしましょう。

結婚のメリット【男性編】

まずは、結婚相手となる男性が考えている「結婚して良かったと思うこと」についてまとめてみましょう。相手の目線から結婚について検証するのも参考になるはずです。

同じ道を歩む伴侶ができた

結婚するということは、共に将来を約束し合って同じ道を歩むということですよね。そんな生涯の伴侶ができたと実感することで、生活に張りあいが出るようです。

一人で淡々と日常を送るより、苦楽を共有しつつ支え合うことができる相手がいるということは、男性にとっても大いに励みになるんです。

帰宅すると温かいご飯がある

独身時代は一人暮らしだったという男性は多いですよね。夕飯はコンビニ弁当を買って帰ったり、牛丼屋やラーメン屋でサッと済ませたりすることが普通になっています。

それが結婚後は、帰宅すると愛妻がご飯を作って待ってくれている。帰宅すると温かいご飯が待っているというシーンは、たいていの男性が夢見ていることです。

もっとも、今どきは共働きのケースが多いですよね。だったら、交代で食事の支度をしたり、早く帰れる方が準備することにしたり、二人とも遅くなるようなら待ち合わせて外食するのも楽しいのではないでしょうか。

共通の目的で買い物に行ける

基本的に男性は、買い物だけを目的に外出することが好きではありません。付き合っているころは嫌々ショッピングに連れ回されたりもしたことでしょう。

しかし結婚後は、ショッピングモールや大型家電量販店、ホームセンターなどへ、共通の目的を持って一緒に買い物に行けるということで、楽しむことができるようになります。

家具やインテリア、カー用品や家電など、二人の自宅のために色々と話し合って、共有するものを買うという、なんとも結婚を実感できる作業ではありませんか。

幸せな気持ちが倍増する

付き合っているころも幸せを感じていたでしょうが、やはり結婚するということには特別の意味を感じるようです。今も昔も、家庭を築くということは男性の使命感のひとつです。

結婚するとは、家庭を築かなければと考える男性にとって清々しい達成感をもたらすんですね。さらに、彼女の「彼氏」から「夫」に格上げされたことで、幸せも倍増するというわけです。

頑張る意欲が湧いてくる

これまで何となく生活のために仕事を続けていたという男性でも、結婚するということは家庭を守る、養うという大きな目的を得られることでもあります。

目的を得られれば、頑張ろうという意欲も湧くわけです。意欲が湧くということは、生きているという実感を得られることでもあります。それだけ充実した日常を送れるのは幸せなことです。

家計が楽になった

独身のころは、食費や光熱費なども一人でやりくりする生活だったことでしょう。でも結婚すれば、二人で同じ屋根の下の共同生活をすることで、生活費をグッと節約できるというメリットがあります。

このように家計が楽になったことを喜ぶ男性も多いようです。大好きな彼女との結婚が叶い、生活も楽になるとあっては、正に一石二鳥というところでしょうか。

寂しい老後の心配がなくなった

独身で寂しい老後を迎えることに不安を感じている男性も多いものです。でも結婚して生涯の伴侶が得られれば、とりあえずはそんな心配もなくなりますよね。

結婚のメリット【女性編】

さて、それでは結婚した女性がメリットとして挙げるのはどのようなことでしょうか。男性と同様の感想もありますが、女性ならではの感想がより参考になると思います。

急病のときに世話をしてもらえる

比較的多くの女性が実感したことの中に、急な体調不良を起こした際の安心感を挙げる人が目立ちます。とくに深夜に急病になったりすると、とても不安なものですからね。

でも結婚していれば、深夜に急病になっても、旦那さんに病院へ連れて行ってもらうなどの世話をしてもらえるというわけです。共同生活ならではの安心感でしょう。

精神的な安らぎを感じられる

結婚することで、社会的な信用も得られ、親や友人からも祝福され、精神的にも安らぎを感じられたという女性も多いようです。

とくに、早く孫の顔が見たいであろう両親を喜ばすことができたことでホッとするようです。女性には加齢からくる体調変化もありますから、子供がほしい人にとって結婚は精神的にも安心できることのようです。

かわいい子供の誕生から充実感

子供の誕生を機に家族というものを実感する女性が最も多いようです。子供の成長とともに自分自身が成長でき、家族全体がそれに向かって一緒に進める環境を幸せに感じるんです。

そんな環境を手に入れられたのも結婚をしたからであって、「結婚して良かった」という思いが膨らんでくるようです。

夜帰ってからも話し相手がいる

仕事が終わって自分の部屋に帰ると孤独を感じる。独身のころにそんな思いをした女性も多いことでしょう。一人での生活では、夜寝るまで一人きりです。

しかし結婚すれば、夜寝るまで話し相手になってくれる男性がいます。その日の出来事や相談事を直接話せる相手が、いつもそばにいるというのは心強いものです。

彼と家族になったことを実感できる

男性同様に、付き合っていたころとは違い、結婚するということで大好きな彼と家族になったことを実感できたと言う女性も多いですね。

また、付き合っていたころにはすることのなかった話もでき、お互いに新しい側面を見出だせることが新鮮だと話す女性も意外にたくさんいるんです。

結婚のデメリット【男性編】

それでは、結婚したことのデメリットについて、男性の多くが口にすることを見ていきましょう。メリットに挙げていたことが一転してデメリットになった、なんてこともあるようですよ。

お小遣い制にされてしまった

奥さんに財布の紐を握られ、お小遣い制にされてしまったことを残念がる男性は多いものです。自分があくせく働いて手に入れたお金なのに自由にならないという不満があるようです。

かと言って、お金を家庭に入れずに好きなように使ってしまっては行き詰まるということは理解できており、ただ現状をお金を自由に使えた独身時代と比較してしまうんでしょう。

自由な時間が減ってしまった

結婚して彼女との共同生活が始まれば、自分一人の自由な時間を確保するのは難しくなるでしょう。何かしらの趣味を持つ男性にとっては、自由な時間減ったことが残念なようです。

休みの日も家族の予定が優先され、一緒に出かけたり、お互いの実家を行き来したりと忙しく、なかなか趣味に費やす時間を得られないというのは、結婚の宿命かもしれません。

ほかの女の子と気軽に遊べない

結婚前だったら、たまにはほかの女の子と食事に行ったりすることもできたでしょう。しかし、結婚したという責任感からか、女性にまつわるトラブルは回避せざるを得ません。

実にわがままな不満ではありますが、このような暗黙の束縛とも言える状況に息苦しさを覚える男性が多いのも事実です。

彼女が仕事を辞めて経済的な負担が大きくなった

結婚のメリットに挙げられていた「家計が楽になった」とは裏腹に、彼女が専業主婦になってしまい、経済的な面をすべて自分一人に背負わされ、重圧を感じる男性の不満です。

この状況について、奥さんから安月給呼ばわりなどと責められることになれば、精神的にも追い込まれてとても危険な状態に陥る可能性がありますね。

付き合っていたころよりケンカが増えた

結婚して四六時中一緒に過ごしていれば、意見の食い違いなどによる諍いも増えるものですが、これを苦労と考えてしまう男性のいるようです。

別々に生活の拠点のあったお付き合いのころとは違い、高まった感情をそばにいる相手にストレートにぶつけることができる環境ですから、どうしてもケンカは増える傾向があります。

家族の人生設計という責任が重い

自分の存在が、自分自身だけでなく家族全員の人生に影響を与えるという現実に、その責任の重さを負担に感じてしまう男性の感想です。

そもそも結婚して家庭を築くということはそういうことなんですが、いざ自分がその環境に身を置いてみると、想像以上のプレッシャーを感じてしまうことがあるようです。

結婚のデメリット【女性編】

続いては、気になる女性の意見、感想です。はたして結婚した女性は、どのようなことにデメリットを感じているのでしょうか。じっくり見ていきましょう。

ケンカのあとも一日中一緒にいるのが苦痛

休日などに旦那さんとケンカしたあとでも、一日中一緒にいなければならないことを苦痛に感じる女性の感想です。同じ屋根の下に暮らしていれば仕方ないことですね。

ただ逆に、一緒にいるしかないという状況を冷静に認めれば、仲直りする努力をしてみようと考えるものだと思うのですが、度々ケンカするようになるとキツいかもしれませんね。

一人になりたいときもあるので辛い

男性が自由な時間を求めるのと同様に、女性だって一人になりたいときもあるわけです。そんなときにも旦那さんがそばにいて、あれこれとかまってくるのは厳しいですね。

事前に分かり合って、お互いの気持を尊重し合える関係を築ければ、旦那さんの方も察することができると思うのですが、女性は我慢してしまうんですね。

旦那の両親とのコミュニケーションに疲れる

姑問題は結婚を考えるカップルが抱える問題の代表格ですが、旦那さんの両親と同居することになったりすると奥さんの精神的な負担はとても大きいものになることが多いですね。

一緒に住むようになると、色々とそりの合わない部分が目立つようになります。でも奥さんとしては、どうしても我慢することになり、手を打たないと疲れ切ってしまいます。

旦那の嫌な面が見つかっても別れられない

結婚して共同生活するようになり、相手の嫌な部分が見えるようになるのは旦那さんに対しても同様です。結婚して初めて分かる事実というものは多いんですね。

仮に旦那さんのことを大嫌いになってしまったとしても、結婚していては簡単に別れるわけにもいかず我慢することになります。結婚後に相手を嫌いになるのは、なんとも不幸なことですね。

とにかくイビキがうるさい

結婚前から知ってはいたけれど、毎晩聞かされるようになって初めてストレスになるのが旦那さんのイビキです。寝室を別にするなど対策をしなければ不眠で辛い思いをします。

名前が変わったため手続きごとが面倒くさい

結婚して名前が変わったことから、免許証、銀行口座など、名義変更の手続で面倒な思いをすることがあります。でもこれは最初だけのことですから、我慢できないことでもありませんね。

時間、お金、新鮮な気持ちなど失うことが多い

自分の自由な時間、自由に使えるお金が失われることが不満だと言う女性は、男性同様に多いです。ただ、結婚前の新鮮な気持ちが失われることを嘆くのは女性の特徴かもしれません。

ただ、失うものがあっても、将来子供を産むなどのもっと貴重で幸せな体験ができると思えば、些細な不満なんて気にならなくなるものだと思いませんか?

結婚生活の秘訣は我慢すること

いかがだったでしょうか。男性女性双方の視点から、結婚に関するメリット、デメリットに挙げられる意見や感想をご紹介しました。

メリットに挙げられる意見には、夫婦二人して前向きに家庭を築いていこうという姿勢が伺えます。デメリットについては、自分中心なわがままとも言える内容が多いようでした。

そもそも、結婚というのは憧れだけで成り立つものではありません。円満な家庭に見えても、そこには夫婦お互いの「我慢」が潜んでいるんです。

しかし、この「我慢」こそが、結婚生活を続けていく秘訣でもあるんです。宿命であるとも言えるかもしれません。「この人となら苦労してもいい」そんな決意が必要かもしれないですね。