婚活中の女性には知っておいて貰いたい男性が結婚を決意する瞬間

婚活中の女性には知っておいて貰いたい男性が結婚を決意する瞬間

世間では「女性は結婚願望が強い」なんて言いますが、しかし幸せな結婚を夢見ているのはなにも女性に限ったことではありません。

男性でも結婚願望が強い人はたくさんいますし、「こんな女性と結婚したい!」とか「こんな結婚生活を送りたい」などの希望も様々です。

では、男性が結婚を決意する瞬間とはどんな時なのでしょうか?婚活中の女性であれば知っておいて損はないでしょう。

男性が結婚を意識するシチュエーションや、女性から言われたら思わず結婚を決意したくなるようなセリフなどを詳しく紹介していきます。

彼女と一緒に居て心地いいなと感じるとき

軽い気持ちのお付き合いとは違い、結婚とは永久的に続くものです。

なので男性は彼女と一緒に居てふと居心地の良さや安らぎを感じるときに「こんな時間が永遠に続けばいいな」と思い結婚を決意することが多いようです。

恋人であれば顔の好みやスタイルの良さなどを重視する男性もいますがいざ結婚となれば選ぶ基準もまた変わってくるでしょう。

結婚願望の強い男性は柔らかい雰囲気やさり気ない気遣いなどが出来る女性に惹かれる傾向があるので、今付き合っている彼と結婚するけっかけが欲しいという場合は「この娘といると無理せず自然体でいられるな」と思わせるリラックスできる雰囲気を作ることが重要なのです。

早く結婚したいからといって「ねえ、いつ結婚するの?早く決めてよ」とか「私との将来ちゃんと考えてくれてるよね?」など彼を追い詰めるようなことを言ってはいけません。

男性は結婚に対してナイーブになることも多いので追い詰められると尻込みしてしまったり逃げ腰になってしまいます。

焦ってしまうのは逆効果度ということをきちんと把握しておきましょう。

自分の周りで結婚や出産が増えてきたとき

男性は兄弟や同級生など自分の身近な人物が結婚や出産を迎えると「俺もそろそろ結婚に踏み切ろうかな」と結婚を決意する場合が多いようです。

確かに長くからの友人が父親の顔になっていたり一家の大黒柱として頑張っているのを目の当たりにするとその変化に焦りを感じたり触発されたりするものでしょう。

生涯の伴侶を見つけ子をなして人生をステップアップしていく姿は格好よくも映るので「俺もあんな風になりたい」という憧れの気持ちを抱くことで背中を押されることも少なくはありません。

結婚というのはブームに乗ってするものではありませんが、結婚に二の足を踏んでいる彼の背中をちょっとだけ押して貰いたいときは身近な人物の結婚話や出産話をさり気なく会話に混ぜてみるのも効果的ですよ。

彼女からの気遣いや愛の感じる言葉を貰ったとき

恋人に愛されてると感じたい願望があるのは女性だけではありません。勿論男性であっても女性からの愛の言葉は嬉しいですし「大切にされているな」と思わせる気遣いは心が癒されるものでしょう。

そういった態度を目の当たりにすると「こんなに自分のことを愛してくれるのはこの娘だけかもしれない」と思いますし「これからの人生これ以上のパートナーは現れないだろう」と感じ、男性は今の相手との結婚を決意するものです。

また、自分を愛し気遣ってくれるパートナーに出会うと愛しさと同時に「今の恋人を逃がしてはいけない!」という焦燥も高まってくるので今まで結婚を迷っていた彼もプロポーズしようという気持ちが固まりやすくなるでしょう。

愛のある言葉なんて日常で言うのは恥ずかしい・・・という女性も多いでしょうが、男性へのアピールは分かりやすいぐらいの方が効果的です。

遠回しなアピールでは伝わらないことも多いので恥ずかしがらずに「彼のことを凄く愛している」ということを言葉や態度で分かりやすく伝えていきましょう。

特に彼が落ち込んでいるときの優しいフォローや病気の時の甲斐甲斐しい看病などはアピール力があるのでおすすめです。

社会的地の向上や経済的な安定が得られたとき

男性は例え彼女のことを心から愛していても職業や経済力が安定していないとなかなか結婚には踏み込めないものです。

男性にとって結婚というのは奥さんと子供をしっかりと養い、大黒柱として家庭を支えていかなければならない責任を伴うものなので勢いで決断できるものではありません。

なので職場で昇進したときやお給料が上がったときに「そろそろ俺も結婚かな?」と思う男性は多いようです。

結婚して新しい生活を送るには何かとお金が必要になってきますし、また子供が生まれれば出費もかさむものです。

結婚の前に仕事や経済力の安定性を確保したいと願うのは大人としては当然のことでしょう。

また、男性としては家族を養っていきたい願望がありますし、自分の力で家を支えていくというプライドもあります。

例え女性の方に経済的があったとしても「私のお給料があるからいいじゃない」とか「私の実家から援助して貰おうか?」などの言葉は厳禁です。