諦めた方が楽?結婚を最優先事項から外すことで「得られること」

1

昔から、あまり結婚に憧れがなかった女性。毎日普通に仕事して生活して、時には友人と遊んで。気付けばアラサーを超えていた。

さすがに「マズイかな?結婚しなきゃ!」と意気込んでみたものの、周りからも急かされる日々。そんなプレッシャーに疲れ果て、最近ではすっかり諦めモードに逆戻り・・・

けれどおかげで緊張は解け、心はすっかりリラックス。結婚から距離を置いたその結果、彼女が得たものが一体何なのか「今まさに焦っている方」は必見です。

これってしょうがない?結婚に焦る女性にありがちな行動パターン

2

アラサー真っ只中の自分と、すでに家庭を持って子育てに追われる友人知人。昔に比べれば結婚年齢が上がったのは事実だけど、やはり頭のどこかで焦りが出てくるものです。

こんな時「ま、なるようになるわよ」とドーンと構えていられる女性は、数少ないのではないでしょうか。むしろ焦りが丸出しになって迷走してしまう女性が多いものです。

あからさまに婚活中!必死感丸出しで周りもドン引きな私の先輩

職場の先輩は仕事もできて明るい性格の女性です。ホントいい人なんですけど、男性に縁がないのが惜しいところなんですよね。

確か、今年でアラサーを卒業するとか言ってたかも。そのせいか最近すっかり様変わりしちゃって。口をひらけば「結婚したい」「そろそろヤバイ」ばっかり。

私にももちろんですけど、目についた人みんなをアテにするようになりました。知り合いで独身の人いたら紹介よろしく、これが彼女の口癖です(笑)

聞いた話では、ついに上司にまでお見合い話がないか持ちかけたらしいです。気持ちはわかりますけど、あんな風にはなりたくないって思う自分もいたりしますね。(女性29歳/不動産事務)

まずは、わかりやすく婚活中の女性の例ですね。もちろん悪いことをしているわけではなく、本人に非はないのに冷ややかな目で見られるという現実。

必死な姿をみっともないと感じるのは、私たち日本人に多く見られる独特の感性だったりします。けれど多くの人が持ち合わせているから困ったものです。

焦りすぎだよ・・・彼氏に結婚を迫ったあげくにふられた私の友人

私の友だちには、つき合って半年くらいの彼氏がいたんです。私も会ったとありますけど、優しそうな男性でしたよ。

でも最近振られてしまったと聞いて驚きました。でも理由を聞いて納得。

どうやら彼は、転勤の多い会社勤務らしいんですね。時期的にも年齢的にも、次にいつ異動になるかわからないから焦ったんでしょうね。

ブライダル関連の雑誌を買い込んで彼の目につく場所にさり気なく置いただとか、堂々とブライダルフェアに行きたいと懇願したと言うんです。

あんなに温厚そうな彼が「結婚は急かされてするもんじゃない」とブチ切れたって言ってました。もちろん同情しますけど、彼氏の気持ちもわからないでもないですよね。(女性33歳/書店員)

なんの問題もなく順調に交際していた二人。はりきり過ぎて彼氏の機嫌を損ねてしまったケースですね。この場合は、彼女に反省すべき点があるのは明らかです。

ただ人それぞれタイミングがあるとはいえ、彼氏のこの対応も少し気になります。恐らく初めから、彼女との結婚は考えていなかったのではないでしょうか。

教えて!結婚することで手に入ったものと「失ったもの」

shutterstock_179869997

婚活に迷走する女性の例を紹介したところで、結婚を諦める理由にはなりませんよね。結婚してどうなるかは、経験してみなければわからないことだからです。

そこで次に見ていただくのは、ある既婚女性の現状です。これを見てあなたがどう感じるか、結婚というものに対しての思いが変わるかもしれません。

孤独からの解放!どんな時も支え合えるパートナーは唯一無二の存在

私は一年前に結婚しました。結婚してよかったのは「ひとりがあたり前じゃなくなったこと」これに尽きると思います。

私って見た目がいいわけじゃないので、昔からなかなか恋愛運に恵まれてなくて。学生時代はもちろん、社会に出てからも彼氏ができませんでした。

彼氏がいなくて何が辛いって、イベントシーズンですよ。皆がキャッキャ言ってはしゃいでる時、私ひとり蚊帳の外。そうとうキツイもんです。

でも運良く、婚活サイトで知り合った人と結婚に至りました。焦ってましたし必死だったんで、あまり時間をかけずにゴールインしたんです。

そりゃ嫌なことだってあります。交際期間が短いので、価値観の違いで揉めるなんてしょっちゅうですしね。「これで本当によかったのかな」なんて思うこともありますよ。

でもそれよりも、寂しさからの解放が上回ってる感じです。もうひとりでクリスマスが過ぎるのを耐えなくてもいいんですから。(30歳/マイコさん(仮名))

結婚とは「生涯を共にする」ことを約束されたもの。先のことはわからないとはいえ、孤独な時間を過ごすよりは小さな幸せを味わう方が重要。

これまで辛い思いをしてきたのだから、今の状況に満足しなきゃ!彼女の言葉にはそんな、ポジティブになろうという信念のようなものを感じます。

夢見ていた形とは大違い!後悔しても遅い「結婚=幸せ」という落とし穴

私たちは2年の交際の末に恋愛結婚しました。結婚式も披露宴も盛大に開いて、家族含めみんなに祝福されたスタートでしたね。

彼はとにかく頭の切れる人です。何でも要領よくこなすし、困っていれば最善の案でサポートしてくれるような。

だから当然、結婚してもリードしてくれると思っていたんです。それに私の仕事への意気込みも評価してくれてたんで、共働きになることも理解してくれてると思ってました。

けど蓋を開けてみれば、見事な亭主関白っぷりで。仕事もあっさり辞めさせられて「若いうちだよ」なんて言いくるめられて妊娠しました。

気付けば、子どもと夫の世話だけを強いられる生活です。もちろんわが子は可愛いですし大切に思ってます。けど、ここまで自由がきかなくなるなんて・・・

いくら夫の稼ぎが良くても、こんな形を望んでいたわけじゃないんです。もう私には、したいこともできないんだろうな。(29歳/トモコさん(仮名))

誰もが羨むような形で結ばれた二人。けれど本当に幸せな生活をしているかどうかは誰にもわかりません。特に、結婚前には気付けなかった点で苦労している方は少なくありません。

もし結婚していなかったら○○だって△△だってできたのに・・・彼女の後悔は、この先いつまでも続くのかもしれません。

ありえないと非難されてもいい!何にも縛られない「これが私の生きる道」

shutterstock_259179815

恋愛をすることと、結婚をすることはイコールではありません。けれど世の中の慣習と本人の思い込みも手伝ってか、結婚を焦ってしまうのが実情ではないでしょうか。

そんな中、プレッシャーや迷いを振り切って自身の生き方を選択し直した女性もいます。彼女たちが何に迷い、何を選んだのか。最後にご紹介するのは、二人の女性の生き方についてです。

生活の拠点を大好きな海の近くへ!趣味を生涯の仕事に変えた女性

私の親は古い考えの持ち主です。それも二人揃って。両親は見合い結婚でしたから、相手がいないなら見合いをしてでも結婚すべきだと。

何度も何度も大喧嘩になりましたし、数年間は音信不通の勘当状態にまでなりましたね。今は近況報告くらいはする中ですが、帰省したりはしていません。

と言うのも、今私が住んでいるのは奄美大島なんですね。そこで昔からの夢だったスキューバーダイビングのガイドをしています。

親と揉めていたから奄美に逃げてきた、そう思われても仕方ありません。実際、その頃の私は精神的にかなり追い詰められてましたから。

移住するにも職を得るにも、想像以上の苦労がありました。親はもちろんのこと、友人たちにも大反対されましたね。ここ数年でやっと、ひとり二人と理解者が出てきた感じです(笑)

困難な道をあえて選んだように思われますが、それは違います。私の場合、結婚よりも優先したいことがあったというだけ。全ての人に理解してもらおうなんて思ってません。

でもここへ来て、ようやく仕事も生活も軌道に乗り始めたんです。そしたら心にも余裕が出たんでしょうね、好きな人ができました(笑)もし彼と結婚なんてことになったら、親がどんな顔をするか今から楽しみですよ。(女性36歳/ダイビングインストラクター)

明るく話してくれた彼女ですが、恐らくお話以上の苦しみがあったのではないでしょうか。もしかすると結婚に対して反発する気持ちがパワーの源になっていたのかもしれません。

けれど少なくとも、彼女はこの先も自分が選んだ道を後悔することはないでしょう。恋愛自体を捨てたわけではないところも、素敵ですよね。

親孝行は結婚だけにあらず!年に一度の旅行で両親をガイドする女性

私には過去、婚約までいった彼氏がいました。3年つき合った大好きな人でした。でも式やら披露宴やらを決めるという段階になって、彼に別れを告げました。

実は彼、私に隠れて浮気してたんですね。それも1年以上前から。周りからは「見ないふりをしろ」と言われましたし、はじめは私もそうしようとしました。

でも、どうしてもできなかった。この先結婚して子供ができて、一緒に年を重ねていく人に妥協するなんて無理でした。彼にも泣いて懇願されましたが、私も号泣しながらそれでも別れを選びました。

思えばその時、完全に結婚運を使い果たしたみたいですね(笑)それ以降は恋愛もさっぱり。私も少し落ち着きたかったので、ちょうどよかったですけどね。

それから心機一転して、実家の近くにある企業に再就職しました。仕事はハードですけど給料がいいのと、外資系なんで大型連休が取れるのが決め手でしたね。

地元を選んだのは、将来的な考えもあってのことです。私はひとりっ子で60代の両親がいるんですが、今後のことを思えば近くにいた方が安心ですから。

彼との破談で散々迷惑もかけたので、お詫びもかねて旅行に連れて行ったんですね。それが思いのほか喜んでもらえて。私もすごく楽しめたんです。それからはすっかり旅行の虜です。

両親はいまだに「私たちとの旅行なんていいから、結婚相手を探したら」なんて言いますけど。彼らが毎年1回の海外旅行を楽しみにしているのは知ってるので(笑)

私個人としては、結婚をやめたことは正しい選択だと思ってます。そうでなければ泣いて暮らす毎日だったでしょうし、親孝行ってこんな形もアリだと思うんです。(女性35歳/外資系商社勤務)

幸せの絶頂から転落した彼女。浮気をした彼を許して結婚するか、自分の気持ちに正直になるか。彼女が選んだ道は正しかったのかなんて、私たちには計り知れない問題です。

けれど少なくとも、今が不幸かと考えれば答えはNOであることは間違いありません。結婚すればひとまず安泰といった思い込みを捨てれば、彼女のように新たな人生を歩き出すこともできるのでしょう。

独身ライフを満喫する女性は諦めたのではなく「それを選択した」だけのこと

今一番男性にモテる!余裕のある大人可愛い女性になる方法のイメージ画像
花の独身ライフ。言葉だけ見ると、気楽で自由気ままな毎日を連想させます。けれどその自由を手に入れるためには、様々な葛藤と戦わなくてはならないのです。

結婚を選んで幸せを感じる人もいれば、そうでない人もいる。どうか後者の女性のことも知った上で、あなた自身の進む道を検討してみてほしいのです。