彼氏に「結婚したい」と思わせるには?彼女から妻に昇格する方法

55shutterstock_86562538

彼氏とはうまくいってるし、そろそろ結婚して落ち着きたい。だけど彼のほうは結婚するつもりが無さそう。実は前の彼氏ともゴールインできなかった私。このままじゃ私のステイタスは万年彼女・・・。

同じ悩みを抱える女性のみなさん、原因と改善策を知って彼の意識を変えませんか?

case1 結婚に怯える男

結婚と聞くといろいろ不安になってしまう。なにも想像できないから不安なのに、彼女が鼻息荒く迫ってくるのがツラい・・・。

結婚に怯えるあまり、彼女の思いを知りながら誤魔化してしまう男性は多いようですよ。

将来のことを考えると思考停止

お互いの誕生日やクリスマスはもちろん、付き合った日もちゃんとお祝いしてくれるイベント好きな彼。

普段から大切にされている実感もあるし、このまま結婚しても楽しくやっていけそう。そう思ってある日、彼に結婚をほのめかすような話をしてみた。

「ねぇ、私たちずっと一緒にいても楽しくやっていけそうだよね」
「そうだね」
「じゃあさ、旅行とか行きたい場所ある?」
「年末ってこと?」
「そうじゃなくて、将来的に」
「・・・どういう意味?」
「だからー、例えば新婚旅行とか」
「あ、あぁ」
「お互い働きながらだし、お金貯めて1年に1回は海外とか行きたくない?」
「・・・・・・」
「あれ?」

まさかの沈黙。なんだか気まずい空気になって、その後は結婚とは全く関係ない話題にすり変えられちゃった。

これって明らかにはぐらかされてる!でも、いったいどうして?彼はわたしと一緒にいたくないってこと?

変化を求めない彼にはこうアプローチ

彼女を大切にしてくれる男性は多いけれど、結婚後も恋人同士のように楽しく刺激的な生活を送りたいかというと話は別です。

今どき結婚は当たり前にするものではなく、実際に初婚年齢の平均は年々上がっています。特に男性にとっては責任とプレッシャーが付きまとうものですから、尻込みしてしまう気持ちもわからなくはないですよね。

結婚したらアレしたいね、こうなりたいよね!と理想を語って盛り上がれるのは女性だけとこの際割り切りましょう。

それよりも「これからも今と変わらずのんびり過ごそうね」とか「いつも大切にしてくれる分わたしも支えられるように頑張るよ」とだけ言っておくこと。

今と変わらないから大丈夫」をアピールします。結婚イコール大変そう、という彼の思い込みを払拭しましょう。

case2 結婚が憂鬱な男

彼女のことは嫌いではないけれど、実は最近ちょっと面倒になってきた。今のままでは結婚なんて考えられない。

結婚自体に恐れはないけれど、ちょっとしたことが積み重なってストレスを抱えている男性もいます。

プライベートで議論なんてまっぴら

物事を冷静にとらえて、感情的にならず話すのが得意な彼。普段から無駄なケンカはしないし、気になることは話し合いでじっくり時間をかけて解決してきた。

この調子なら結婚しても穏やかでいい家庭が作れそう。そう思ってある日、彼に探りをいれてみた。

「ねぇ、付き合って2年経つけど大喧嘩ってないよね」
「そうだね」
「どうしてだと思う?」
「ちゃんと話し合いができるからでしょ」
「そうだよねー、わたしもそう思う」
「毎日続くと大変なときもあるけどね」
「そう?今まで通りなんでも話し合っていこうよ!」
「ずっと?」
「そう、もし結婚しても」
「・・・・・・」
「あれ?」

彼はまさかの沈黙、そしてため息。なんだか表情も曇っているみたい。想像と違う彼の様子に戸惑う私。

彼だって私との将来を考えてるものとばかり思っていたのに、いったいどうして?

彼のストレス緩和が先

話し合いができる冷静な男性。それは素晴らしいことだけれど、男性側からしたら事あるごとに話し合いなんて本当はウンザリ。

プライベートでのいざこざが大喧嘩にならずにきたのは、彼の「聞き上手」が理由であって話し合いが好きなわけではありません。ある日突然、限界がきて全く違うタイプの女子と浮気、なんてよくある話です。

そんな結末を迎えないためには、まずあなたが聞き上手になること。そしてなんでもかんでも議論しようとせず、時にはさらっと流せる女性になりましょう。

case3 結婚に全く興味がない男

お互い仕事も忙しいし自分の時間も大切だからと、無理に時間を作って会ったりしない。けれど会うときはしっかり楽しむ。

いわゆる「大人な恋愛」を満喫しているから、わざわざ結婚して身を固めることに魅力を感じない男性。手強いですね・・・。

毎日楽しい!それじゃダメですか

彼の仕事の都合で平日に会うことは少ない私たち。フットサルのチームに所属したりと趣味も充実しているみたい。

一方でわたしも仕事は順調で毎日忙しくしているし、空いた時間で彼と会うスタイルに不満はなかった。

けれど最近、結婚しろと親からせっつかれる日々。わたし自身も出産年齢のことを考えたらそろそろかな、そう思って彼に聞いてみた。

「ねぇ、今度の休みにわたしの実家に行かない?」
「え、なんで」
「親に呼ばれてるの。多分わたしたちの将来のことじゃないかな」
「将来って、まさか結婚?」
「まぁ年頃だしね、どう?」
「え、うーん」
「まさか考えてないとか?」
「ごめん、考えてなかった」
「え」
「・・・・・・」

思わず絶句。彼が楽しい毎日を送っているのはわかっていたけど、まさか一生そのままでいるつもりだったなんて!

どうやら彼は結婚するメリットが全く感じられないみたい。独身に満足している彼、いったいどうしたらいいの?

結婚にメリットを感じない彼への接し方

仕事は順調で趣味も充実。お金も時間も自由な上に彼女もいる。そんな彼にとって結婚は、何かを手放さなくてはいけない残念なことなのでしょう。事実、このタイプの男性が生涯独身を貫くことも多いです。

けれど結婚することで得られるものもあります。それは精神的な安心感です。どんなことがあっても自分の味方であり、無条件に承認してもらえる。これはお金や時間をかけても得られないものです。

あなたがそれを忘れずに普段から彼に接していれば、今は外面的なことで満足している彼もあなたを手放せなくなるでしょう。

結婚に焦る前にできることを

結婚は意識し出すと願望が大きくなりますし、彼との温度差があればあるほど固執しがちですよね。けれど彼が結婚に後ろ向きなうちは、直球で勝負するのはやめましょう。

例えば親に口添えしてもらったり、友人に協力してもらったりと周りから固めていく手もあるかもしれません。けれど、やっぱり肝心なのはあなたの価値を知ってもらうこと。

彼の結婚意欲が高まることを願っています!