どうすればいいの?ケンカを回避して上手に気持ちを伝える方法

どうすればいいの?ケンカを回避して上手に気持ちを伝える方法

感情的になってしまう自分に自己嫌悪?

恋人と付き合っていく上で欠かせないのが、二人のことについての話し合いです。ですが、そんな話し合いがヒートアップしてしまい、いつかは言い合いになってケンカになってしまうこともありますよね。

そんなケンカになったら悲しいですし、何よりそれが原因で別れることになったらもっと悲しいです。

自分の気持ちを伝えたかっただけなのに、大切なパートナーを傷つけてしまったり、怒らせてしまった…。そんな悲しいことを起こさない為にも、自分の気持ちの伝え方には気を付けた方がいいのです。

押し付けるのではなく、自然に優しく。男性はおおざっぱに見えて意外と繊細な生き物です。パートナーにつらく当たってしまって自己嫌悪に陥る前に、自分の意見を言う時も細やかな心配りを忘れずに。


どうしても伝えたい気持ちがある時

恋人と付き合っていくと、徐々に相手に「もっとこうして欲しい・ここは直して欲しい」といった要望も増えてくるでしょう。それを伝えることは、二人の関係をきちんとさせる大事なきっかけになります。

思っていることは正直に伝える、これはとてもいいことです。ですが、その伝え方に問題があったとしたら…?もし強い口調で「こうしてよ!」などと感情的に言ってしまっていたら、それはマイナスイメージしか与えません。

もしして欲しいこと、直して欲しい部分があるのであれば、何かの折にそっと優しく「あのね、これはこうして欲しいんだけど」とお願いするような形で提案するのです。

ですが、無理にへりくだる必要はありません。むしろへりくだりすぎると、対等な関係というものが崩れてしまうかもしれないからです。

これは付き合っていく上で致命的ですよね。ですから、あくまで低姿勢は崩さずに、控えめな態度で、へりくだりすぎずに相手に気持ちを伝えましょう。ケンカ腰は恋人に不信感を与えてしまいかねません。

もしパートナーがケンカ腰になったら?

でも、自分にその気がなくとも、恋人といきなりケンカになってしまうという可能性も否定できません。その場合はどうすべきか。まずは「落ち着いて」と声をかけ、一呼吸置くように促しましょう。

それでもまだケンカ腰のままなのであれば、パートナーはあなたを大切にしていない証拠です。そんな時はどんなに好きでも自分からさっと身を引いて「冷静になるまで会わない」と厳しく言いましょう。

ケンカ腰はよくないと言いましたが、話をまったく聞いてくれない相手には厳しさも必要ですよ。ですが、もし一呼吸置いて冷静になってくれる相手であればチャンスです。何か飲み物でも出してリラックスさせた後で「私はね」と自分の意見を優しく言いましょう。

押しつけがましくなく「私はこう思ってるんだよ」と伝えることで、相手の態度も次第に軟化していきます。そうなれば話し合いもスムーズに進みますね。あとは流れに任せて、二人で納得いくまで「話し合い」をしましょう。

こじれない為にも涙はNG!

話し合ってくると、感情が高ぶってきて涙が出てしまう人もいるかもしれません。ですが、一度や二度ならいいのですが、毎回泣かれてしまうと、パートナーとしても「面倒くさいな…」という印象を持ってしまいます。

自分の感情をさらけ出すのはとても大切なこと。ですが、泣いてしまうのはちょっといただけないです。無理に我慢する必要もあまりないのですが、ここは自分もちょっと大人になって、ぐっと涙を堪えて話し合いましょう。

冷静な意見には男性もしっかり耳を貸してくれます。話し合いの時は二人で冷静になることが必要不可欠と言えます。せっかくの二人の大切な時間なのですから、有意義な時間にしたいですよね。

そうする為にも、お互いにプラス感情や意見は出しつつ、マイナス感情や不満はぐっと堪えるのが大人の恋愛と言えるでしょう。

だけど恋人がどうしても話を聞いてくれない…

どんなにこちらが誠実であろうとしても相手がそれに応えてくれなければ話になりません。いくらこちらが冷静にきちんと話を進めても、相手が感情的になってしまったら意味のないこと。

そういう相手だと割り切ってしまうのも手ですが、そういった男性は基本的にお子様です。自分の我を通したいだけのわがまま人間であることが多いでしょう。そんな場合はすっぱり別れてしまうのもお勧めです。

今現在の話を大切にしてくれない人間が、未来の話を大切にしてくれる筈がありません。大切な自分の人生の為にも、厳しく言えば「切り捨ててしまう」という勇気も大事なのではないでしょうか。

せっかくの恋愛なんですから楽しく幸せな気持ちでいたいですよね。自分のことしか考えてない男性よりも、あなたのことを考えてくれる男性を選んだ方が、後々のあなたの為にもなります。

話を聞いてくれない男性には早々に見切りをつけることをお勧めします。そして次の恋愛に向かいましょう!