ここが女の見せ所!風邪を引いた彼氏に送る気配り上手なメール

ここが女の見せ所!風邪を引いた彼氏に送る気配り上手なメールのイメージ画像

男性が彼女を惚れなおすのはどんな時でしょうか。それは、思わぬ気遣いをされた時に「ああ、付き合っていてよかったな」と思うのだそうです。彼の体調が悪くて寝込んでいる時にちょっとした気配りメールを送ってみてはいかがでしょう。

気配りメールは嬉しいですが、ただの「大丈夫? 元気になってね!」では芸がありません。ここはひとつ、あなたらしいメールを送ってみてはいかがでしょうか? 体調が悪い時に誰かが心配してくれるというのはとても嬉しいものです。

送信するタイミングは?

まず、大切なのはタイミングです。体調が悪い時は眠りが不規則になりがちですが、それでも早朝や夜中の送信は控えましょう。常識の範囲内の時間にメール送信するようにしましょう。

また、一日に何通も送ってしまうのも基本的にNGです。時間を充分にあけて一日に一通か二通くらいにおさえるのがちょうどいいでしょう。

しかし、彼氏の性格にもよりますね。寂しがりやの彼の場合やメールのラリーが嬉しそうな場合はそのままの流れでメールをするようにしましょう。彼のタイプによっても対応は様々だと思います。

催促メールではなく一方通行メールに

風邪で具合が悪い時、メールを見るのはいいけれど、返信する操作は大変だったり億劫だったりします。彼の負担にならないように「?」を使ったメールや返事を催促するメールをするのはやめましょう。

「早く寝てよくなってね。返信はいいので温かくして!」といったようなメールをもらうと男性はホッとするようです。病状にもよりますが、ゆっくり寝て欲しい旨を書いて「返信不要」をにおわして送るようにしましょう。

メールでも忌み語は避け、まごころのメールを

  • 「苦」
  • 「滅」
  • 「別れ」
  • 「失う」
  • 「死」

といったマイナス表現は避けましょう。

逆に

  • 「元気」
  • 「温」
  • 「良」
  • 「嬉」

などのプラス的な言葉を使うようにしましょう。本文はなるべく短めに、しかし、すこしのユーモアを加えて「くすっ」と笑わせるのは有効です。

ここは彼女としての腕の見せどころ。彼氏の嗜好を理解し、気持ちを込めたメールを送信しましょう。「何か欲しいものはない?」や「元気になったら(彼が行きたがっていたところ)に行こうね」という言葉は非常に嬉しいものです。

文豪の夏目漱石や正岡子規がお見舞いに書いた手紙はとても真心があり、参考になります。ぜひ、調べて、古き良きモノを習ってみてはいかがでしょうか?

どんなメールが嬉しいかの具体例

では、男性が具体的にどんなメールを貰って嬉しいか具体的な例を書いていきます。全て詰め込むとくどいので、一例か二例くらいを一つのメールに反映してみてはいかがでしょうか?

「風邪、早く治してね」

ストレートのこの言葉、男性はこれだけで充分嬉しいようです。「あ、心配してくれているんだな」「早く治ってほしいって思ってくれているんだ」と思えば、「俺の彼女、いい女性だな」と実感するそうです。

ぜひ送りたい一文ですね。余計な事は書かずにこれだけだとインパクトも大きいですね。シンプルな言葉が実は一番胸に響きます。ぜひ、使ってみましょう。

「今の調子はどうかな。ムリしないでね」

労る言葉が胸に沁みますね。「今の調子はどうかな」は、気にかけてくれる感が文面から感じられます。ムリしないでねという言葉も、「頑張らなくてもいいんだ」というリラックス感、安心を感じますね。

これは多少、返信を要求するような文面なので、件名に「返信はいらないよ」などというように一言あるといいでしょう。

「いつも頑張っているから」

「いつも一生懸命頑張っているから、これを良い休息にしてほしいな」という文面も男性はとても嬉しいようです。「あ、自分の頑張りを認めてくれているんだ」、「ゆっくり治せばいいんだな」とほっとする筈。

自分の彼女に、自分の仕事を認めてもらっている、と実感するのは男性からするととてつもなく嬉しいし、安心します。「オレのこと分かってくれているし、認めてくれている。彼女と付き合っていて良かったな」と思うようです。

「ビタミンCとかいいみたいだよ」

自分のためにいろいろ調べた情報を教えてくれるのも男性にとって嬉しいようです。「何か欲しいものある? 持っていこうか?」というのも嬉しいらしく、自分のために何かをしてくれる&してくれた、というのは弱っている時、殊更、心に響くそうです。

調子の良くなりそうな薬、食べ物、飲み物などをリサーチし、彼に「これするといいみたいだよ!」と教えてあげるメールを送りましょう。

あんまり大掛かりな事や、沢山のものを必要としたり準備に時間がかかることは大変なので、ごくごく簡単な事を教えてあげるといいですね。

「よくなったら、◯◯してあげるね!」

この言葉も男性は嬉しいようです。治った後に特典があるとしれば、早くよくなろうと思えますよね。前回と同様ですが、自分のために何かをしてくれる彼女、治るのを待っていてくれている彼女という存在はとても心強いことです。

また、「よくなったら、◯◯しようね!」という次の約束もとても嬉しいようですので、ぜひ使うようにしましょう。

さりげない優しい気遣いが病気の彼には心強く嬉しくなります。「彼女がいてよかったな」とあなたに惚れなおすことでしょう。

優しい言葉や、快癒した後の楽しみに彼は病床にいながらあなたの温もりを感じることでしょう。そして、ここぞという時の優しさ、それこそが、カップルの長続きの秘訣ではないでしょうか。