モテない理由

記事一覧

実は男性はドン引き!?彼氏がいないアラサー女子の言動

実は男性はドン引き!?彼氏がいないアラサー女子の言動のイメージ画像

男性受けがいいモテメイク、料理も勉強して、ファッションも女性らしいキレイ目な格好して、顔も悪くなくて中の上、昔から彼氏はずっといたのに最近さっぱり彼氏ができなくて、なんでこの私に彼氏ができないの!?と思っている女性って口には出さないけど結構いますよね。

同級生の子からSNSでの彼氏との幸せそうな写真とか結婚や出産報告が毎月のようにきて「なんでこんな子が私より先に?」なんて正直思っていませんか?

どんなことにも理由はあります。知らず知らずのうちに男性から引かれている女性になっていませんか?そんな彼氏なしアラサー女子にありがちな気づかないうちに男性に引かれている言動をご紹介します!

続きを読む

方言女子はやっぱりかわいい!?男性が萌える関西弁 

方言女子はやっぱり強い!?男性が萌える関西弁のイメージ画像

テレビなどでお笑い芸人はまだまだ関西人の割合が多いのですが、その影響もあってか「関西人は怖い」「関西弁って口調がきつい」「上からでえらそう」というようなイメージがあって、地元ならいいのですが、社会人や関西地域以外に住み始めると方言を隠したりする人って意外と多いようです。

ですが、せっかくの関西弁!男性が好きな女性の方言トップ3には必ず入っています。

それに実際一般の人が使っている関西弁はそんなにきつい言葉ばかりではありません。特にどんな関西弁が男性は可愛いと思っているのか、ピックアップしてご紹介します!

続きを読む

彼氏はダメ男?ダメ男かどうか診断するポイント

彼氏はダメ男?ダメ男かどうか診断するポイントのイメージ画像

女性にとって結婚とは一生を左右する大きなターニングポイントです。結婚をする前から離婚のことを考えている人は少ないでしょう。相手のことが好きだから結婚するという自分自身の気持ちと結婚を直結して考えている女性が多いです。

女性が結婚する上で最も重要なことは、相手選びです。女性は結婚する相手によって幸せになるか、不幸になるか決まってしまいます。男性の影響を受けてしまう女性だからこそ、相手選びは慎重になりましょう。

そうは言っても人には好みというものがあります。ダメ男が醸し出す独特の雰囲気が好き、といった女性も多いのではないでしょうか。しかしはっきり言ってダメ男と結婚をしても幸せになることはできません。

苦労をしても後で振り返ったときに自分の決断は正しかったと自信をもって言う事ができますか?しなくてもいい苦労はしない方がいいのです。しかしダメ男を見分けることができない、いつもダメ男につかまってしまう、という人は貴方にも問題があるかも。

ダメ男でないと私は満足できないと考えている人は、ここから先は読まないでください。「ダメ男が好きなわけではないけど、なぜか毎回ダメ男を選んでしまう・・・」「そろそろ結婚を真剣に考えたいからダメ男では嫌、」という人だけ読んでください。

ここではダメ男につかまらないために、ダメ男を見分けるポイントを紹介していきます。貴方の彼氏がダメ男かどうか診断していきましょう。

続きを読む

彼氏がいる女性は実践している!運命の人と出会う方法

彼氏がいる女性は実践している!運命の人と出会う方法のイメージ画像

「恋愛をしたい」「結婚をしたい」と言っても出会いがない生活では実現不可能な夢ですよね。相手がいて結婚したいと悩むのと相手がいない状態で悩んでいるのでは問題の深刻さが違います。

相手がいないという人は、まず出会いを増やす事を目標にしましょう。漠然と恋愛をしたいと言っても解決にはなりません。まずは出会いの数を増やすことで異性と知り合う機会を増やすことができ、運命の人を見つける事ができるのです。

出会いを増やすためには行動も必要ですが、気持の持ちようでも大きく変わります。今までと同じ生活を送っていても、出会うための心の準備さえしていれば、すべてが出会いの場へと変わるのです。

ここでは出会いがないと嘆いている貴方に出会いの場を増やす方法を紹介していきます。

続きを読む

彼氏が怖い?!女性が絶対付き合ったら不幸になる男の特徴

彼氏が怖い?!女性が絶対付き合ったら不幸になる男の特徴のイメージ画像

女性は付き合う男性によって簡単に幸せにも不幸にもなれてしまいます。女性は相手を思う気持ちが強いと自分の事を犠牲にしてでも恋愛を取ろうとするのです。

しかし報われない恋愛ほど未然に防がなくてはこの先の長い人生でも不幸体質が抜けずに幸せとは程遠い男性関係を続けることになってしまいます。

自分の幸せを望めない男性と付き合ってからではなかなか別れる事はできません。女性が付き合うと不幸になってしまう男性は交際が始まる前に見極める必要があります。

女性が避けるべき怖い男性を見抜くには彼らの行動に目を向けると自然と見えてくるのです。

続きを読む

イイ男は見た目でチェック!女性が注目すべき男性のポイント 

イイ男は見た目でチェック!女性が注目すべき男性のポイントのイメージ画像

人間関係は話してみないと分からないことだらけです。しかし見た目で分かる情報をあなどってはいけません。特に大人の男性は見た目を見れば大体のことが推測できてしまうものです。

生真面目な女性はついつい「中身で勝負!」などと自分の気持ちとは裏腹な恋愛に無駄な時間を注いでしまうものです。しかし意外にも知りたい答えは男性の見た目に表れているものなのです。

続きを読む

ネームバリューが大好きな女性必見!仕事別モテる男ランキング

ネームバリューが大好きな女性必見!仕事別モテる男ランキング のイメージ画像

彼氏が欲しいのになかなかできない女性は意外にも自分の好みをしっかりと持っている女性です。その気になればすぐにでも恋愛の波に乗れるのに、男性に求めるポイントが多すぎていまいち乗り気になれないのです。

ではなぜこれほどまでに女性は、冒険をせずに男性の評価ばかりしているのでしょうか。それには女性の心の奥に隠れた【自尊心】が原因なのです。

続きを読む

そんなダメアピールはモテません!恋愛の勝ち組になるメール術

そんなダメアピールはモテません!恋愛の勝ち組になるメール術のイメージ画像

恋愛において勝者になるのは決して難しいことではありません。ただ【一般的に謳われている恋愛ルールを実践するだけ】でいいのです。

しかし女性は何かとルールにアレンジを加えてしまったり【私は例外】だと思ってしまい大きく恋愛勝ち組道から外れてしまうのです。

ではなぜ女性は単純明快な恋愛ルールを素直に実践できないのでしょうか。

  • 冷静さを失う
  • 女性はどんな時も自分や他人を客観視した鋭い意見を言うことができます。この物事を厳しく分析する頭さえあれば恋愛は勝ったも同然です。

    しかし女性は片思いをすると地面がグラグラと揺らいでいるかのように安定感を失くします。胸のドキドキが大きくなりすぎて不安定な自分の気持ちに鈍感になってしまっているのです。

  • 自分に甘くなる
  • ダメなアプローチばかりしてしまう女性は学ぶことを知りません。毎回同じような失敗を繰り返してありもしない言い訳を並べて自分の感情をコントロールしようとします。

    友達に厳しい意見を言われても聞きたくないことは聞かないようにする癖がついてしまっているのです。痛い事や自分が傷つきそうな事には一切触れないように自分を甘やかしてローリスクな片思いをしているのです。

  • 想像力が暴走する
  • いつまで経っても報われない恋愛をする女性は想像力がバカになってしまっています。事実とは全く関係の無い事にあれやこれやと妄想を働かせて非現実的な設定を現実に当てはめようとしてしまいます。

    根拠のない想像はシンプルな恋愛をより一層複雑にしてしまうのです。

続きを読む

今を時めく人気アイドルに学ぶ!モテモテ女性になるためのコツ

shutterstock_144146119 - コピー

今を時めく人気アイドルから学ぶ!モテモテ女性になるためのコツ

皆さんは誰か好きなアイドルっていますか?!只今日本はアイドル全盛期で数えきれないくらいの可愛い女の子達が活躍しています。

彼女達はモテ女の代表格と言っても過言ではないのでしょうか。今を時めくアイドルの女の子達は数多くの男性の心を掴んで離さないモテテクをしっかりと持っているのです。そんなアイドルの女の子達を見習ってモテ女になってみたいとは思えませんか?!

続きを読む

肉食系はもう古い!癒し系女子の特徴を抑えてモテ女になる方法

shutterstock_120544951 - コピー

昨今では自らを肉食系女子だと認めるアグレッシブな女性が急増しました。肉食系女子というのは、「男性が男らしく振る舞う事が少なくなってきた傾向をふまえて、そんな男性の本来あるべき積極性をまとった女性のこと」をこう呼ぶのです。

ではなぜ現代を生きる多くの女性は肉食系女子になってしまったのでしょうか。普通の女性が肉食系女子になるきっかけは以下のようになっています。

  • 男性からのアプローチがまったくない
  • 草食系と呼ばれる奥手の男性にうんざりしている
  • 男性優位の恋愛なんてナンセンスだと思っている
  • 愛されるよりも愛してやる的なモットーを掲げている

など大半は男性に対しての反発心から肉食系女子へと変貌するのです。しかしこのように強気な肉食系女子は少し思い違いをしているのです。モテる女性というのは男性からのアプローチを引き出す能力に長けている女性です。

続きを読む