あなたはどっち?「勝ち組」女と「負け組」女の3つの違い

shutterstock_149077034
事業で成功を収めた大富豪。世紀に残る発見をした科学者。世界から認められた大スター。

「人生の勝者」なんて言い回しがあるように、恋愛においても勝ち組と負け組があるのをご存知ですか?

これまでの恋を振り返って、自分は負け組かも・・・そう思った方。勝ち組の女性たちがどんなことを心がけているか、一緒に覗いてみましょう。

1 勝ち組女は振り回されない

shutterstock_287654930-1
ヤキモチを隠して無理に大人の女を演出したり、彼氏が変わるたびにファッションが変わったり。そんな行動に思い当たることはありませんか?

つき合う彼によって様変わりする負け組女たち。まずはこんな話をご覧下さい。

負け組女の恋愛パターン

気がつけば人生のほとんどの期間、彼氏が切れたことがないA子。一人あたりの交際期間が短めなのが気になるけれど、ひとり寂しく過ごす経験がないだけマシ。そう自分に言い聞かせています。

そんなA子の恋愛パターンは、決まって彼女からの攻めがきっかけです。学生時代ならクラスメイトの男の子、社会人になってからは同僚・先輩・取引先の営業マン。

思い返せばどの恋も、A子のアプローチに押されるようにして交際に発展したものばかり。時には彼女もちの男性もいたけれど、あらゆる手を使って手に入れてきました。

けれど不思議なことにどの彼も、しばらく経つとA子の元から去っていくのでした。「他に好きな子ができた」「もう一緒にいるのが辛い」そんな言葉をいったい何度聞いたことでしょうか。

A子だってそれなりの努力はしてきたつもりでした。彼に重たい女だと思われるのが嫌で、束縛しないことを徹底。いつでも笑っていてほしいから、どんな時も明るく振る舞うように気をつけました。

けれど長くは続かなかったのです。なぜなのか理由がわからないA子は、これ以上何をどう気をつけたらいいのか途方に暮れています。

恋愛の仕方に違いが隠されている

次から次へと彼氏をゲットしながらも、幸せが長続きしないA子。彼女のように彼氏がいても「負け組」な女性は少なくありません。

勝ち組女との違い。それはこんなところに現れています。

好かれて始まる恋をしていない
障害に燃えてしまう
嫌われないための努力ばかりする

【勝ち組B子の恋愛パターン】

私が今までにつき合った人数?少ないほうだと思いますよ。彼氏がいない期間も当然ありますし。というのも、私の場合は「私を好きになってくれた人」としか恋愛しないんです。

楽したいからではないですよ。好かれて始まる恋のほうが、自分には向いている気がするんです。優しくしてもらえるし、愛情を注いでもらえるので。私の方はゆっくり相手を好きになっていく感じですね。

「恋は盲目」なんて私には無理。いくら好みの男性だからといって、例えばパートナーがいる人を好きになったりしたら大変でしょ?上手くいってもいかなくても、辛い思いをする人が出ちゃいますしね。

それに好きになってもらったほうが、無理せず素を出すことができるんじゃないですか?「惚れた弱み」で相手に振り回されちゃう、みたいなことにはならないですから。

2 勝ち組女は相手に寛容になれる

shutterstock_209436676

揉めたりしたくないのに気がつけばいつも険悪なムード。お互いを知れば知るほどに増えていく喧嘩。こんな悪循環に心当たりはないでしょうか。

仲良くしたいと思っているのに、ボロボロに疲れきっていく負け組女たち。続いてはこんな話を見てみましょう。

負け組女の喧嘩の仕方

次から次へと彼氏はできるのに、長続きしないA子。別れる前には必ずと言ってもいいくらい、大きな喧嘩を繰り返していました。思い返してみれば、どの彼とも。

ある時は時間にルーズな彼と。またある時は外デートをしたがらない彼と。仕事にばかり一生懸命な彼とも揉めました。

どれもA子の我慢が限界に達した結果の揉め事でしたが、ひとしきり喧嘩が済むと、なぜか皆疲れたように「価値観の違いだよ」で片付けてしまうのです。A子にはどうしても納得がいきませんでした。

そこでA子はルーズになりそうなことにはあらかじめルールを決め、やりとりは極力LINEなど記録に残しました。そしていざ揉めた時には、彼に言い訳をする隙を与えなかったのです。

それはまさしく、彼を完全に追い込むようなやり方。初めはただ彼に謝ってほしかっただけのはずが、いつしか彼氏の「あら探し」のスキルばかりが成長していきました。

鍵は「不要な喧嘩をしないこと」

A子が彼氏と長続きしない理由の一つとして「喧嘩の質」が挙げられます。「負け組」の女性たちは男性を疲弊させるのです。

価値観の相違はどのカップルにでもあるもの。勝ち組女との対応の差は歴然です。

悪気のないミスも受け入れられない
傷つけあってでも解決しようとする

【勝ち組B子の寛容さ】

つき合っている彼と揉めること?うーん、喧嘩まではいかないですね。お互いの嫌がることは把握してるんで、たいして問題が起きないというか。

つき合ってみてから「価値観が合わない」って別れちゃうのは勿体ないですよね。何回かデートする中で見極めてれば、後から落胆することもないですよ。好きになっちゃうと簡単には嫌いになれないし、我慢するのも辛いじゃないですか。

そもそも私、喧嘩をするのが嫌で。明らかに悪意があってされたことじゃない限りは、怒りをぶつけてもしょうがないですからね。私が許してばっかりなので、逆に彼のほうが恐縮しっぱなしです。

それに頭に血が上ると、言わなくてもいいような酷いことを言い合っちゃったりしそうで。そうなったらもう、何のための話し合いなのかわかりませんよね。

3 勝ち組女には「愛」がある

shutterstock_2644171968
ひとつの恋が終わっても、また新しく好きな人を見つけて一から始めればいい。でもその気力、一体いつまで続くのでしょうか。

見えないゴールに向かって進み続ける負け組女たち。最後にご紹介するのはこんな話です。

負け組女のリスタート

喧嘩をすることが多くなり、普段のやりとりでもよそよそしさを感じるようになってしまったA子と彼。そんなとき決まって彼女は恋の終わりを予感します。

あんなに大きかった彼への愛情が今ではとうに消え、残るのは喧嘩のあとのやり切れなさと苦しみだけ。どう頑張っても、つき合い始めのふたりには戻れそうにありませんでした。

A子は思うのです。始まりがあれば終わりがあるんだから。お互い優しくし合えないのに一緒にいたって辛いだけ。

そして自分に言い聞かせます。彼氏なんてその気になればできる、また一から恋愛をやり直せばいいのよ。今回はタイプが合わなかっただけ。次はきっと上手くいくわ。

「手放したくない女」になれるかどうか

A子はついに彼氏との別れを予感します。ふったにせよ、ふられたにせよ「実にならない恋愛」を繰り返す彼女。身を削るような恋をいつまで続けるのでしょうか。

ひとつの出会いをどこまで大切にできるか。勝ち組女との違いはそこにあるようです。

「好き」と「愛」の違いがわからない
ふたりの関係に自信をもてない

【勝ち組B子の愛し方】

誰かとおつき合いするときには、結婚まで意識します。もちろん相手にはそこまでのことは言いませんけど、なんとなく伝わってるんじゃないかな。なんせつき合うまでに時間かけるので、私。

人と人が出会うのもそうですけど、好きな人と一緒にいられる確率ってすごいことなんですよね?それを聞いてから、簡単に別れたりしたくないなって思うようになりました。

それに人間って成長するじゃないですか。今、少しの問題を抱えている人でも何年か経てば笑い話にできるくらい成長しますよ。そう思ったら、彼氏がもっともっと素敵になる可能性は高いわけで。

その時に自分も彼に見合うような女性になっていたいし、そんなふたりになるって信じてるんです。そこまで思えて「愛しあってる」って言えるんじゃないのかな。

未来のためにできること

決めている
次々に彼氏ができたとしても、相手と自分を大切にできない恋愛なら「ひとりなのと同じ」むしろ傷つけあってしまう分、ひとりでいるより有害かもしれません。

なんとなく思いあたるところがあったなら、勝ち組の女性たちの慎重さと成長性を見習ってみてもいいかもしれませんね。