恋して綺麗になる女は発想がポジティブ!恋に効く元気な言葉

恋して綺麗になる女は発想がポジティブ!恋に効く元気な言葉

恋をすると綺麗になる、とよく言われますが、実際、恋をしてどんどん綺麗になる女性っていますよね。

彼女たちは、恋している自分を素直に受け入れ、その瞬間を、存分に味わい大切にしています。

好きな人の笑顔が見たい。好きな人に愛されたい。シンプルなときめきに従って、自分自身も楽しみながら、少しでも愛される自分になろうとする、この「前向きないじらしさ」が可愛さの秘訣。

そう。恋して綺麗になる女性は、「今、彼にどう思われているか」より、「愛される自分になって、いつか彼を振り向かせる」という、実に前向きでアグレッシブな発想なのです。

いつか彼を落として見せるわ!

恋を糧にする人は、間違っても「どうせ私なんか」といったネガティブな言葉は使いません。

例え十人並みの容姿だろうと、スタイルがイマイチだろうと、「将来的に」素敵な自分になって、彼を振り向かせればいいと考えますから、今の自分に囚われたり、どう思われているかを気にしたりはしません。

人と比べることもしません。その前向きさが明るい表情や朗らかな仕草につながり、輝くようなオーラを作ります。

あれこれ悩む時間があるなら、素敵な自分に近づくために、ボディケアにいそしんだり、より可愛く見えるメイクを研究したり、彼の趣味や好きなことなどをそれとなくリサーチしたり、今できることを実行します。

少しでも可愛く思われたい、彼のことをもっと知りたい、という乙女心をそのまま実践しているので、年齢に関係なく、女性フェロモンと可愛いらしさが雰囲気ににじみ出るんですね。そして時々思います。

「ちょっと綺麗になったかも!彼もそう思ってくれてるといいな、なんちゃってー!」

こうなったらいいな、という想像をめぐらせて、なんとなくハッピーな気持ちで眠りにつきます。そのうち本当に肌がつやつやしてくるから不思議ですね。

元気な挨拶は、印象への影響力大

好きな人と少しでも話したい!恋のハンターである彼女たちは、その気持ちに忠実に、小さなチャンスも逃しません。

「おはようございます」「こんにちは」「お疲れ様」「さようなら」

どれもごく当たり前の挨拶ですが、これらを笑顔で言える人と、そうでない人では、好感度が雲泥の差。モテる人で挨拶ができない人は、まずいません。

顔を合わせて第一声が、爽やかで元気な挨拶だからこそ、「会って気持ちの良い人」という刷り込みができるのですね。

また、「いってらっしゃい」「お帰りなさい」は、ちょっとドキドキするという男性も多いようです。

意中の彼と楽しそうに話す女性を眺めながら、悔しい思いをしているなら、ほんの少し素直になって、彼に会えて嬉しい!

そんな気持ちを込めて、にっこり笑って挨拶してみてはいかがでしょうか?世界が変わるかもしれませんよ。

ちょっとしたことでも、感謝の言葉と褒め言葉を忘れない

サービス精神旺盛な人ほど、小さな親切に敏感です。彼の笑顔が見たい、と常日頃から願っている彼女たちは、自分自身がちょっとしたひと手間を惜しまないので、意中の彼のさりげない気遣いも見逃しません。

「ありがとう」「助かりました」

善意でしたことを感謝されると、誰だって嬉しくなるものですが、恋に素直な彼女たちは、チャンスに貪欲ですから、更にもう一歩踏み込みます。

「○○さんって、優しいですよね」「頼りになりますね」「物知りで尊敬します」

すかさず褒めて、それとなく好意も伝えてしまいます。もちろん、お世辞ではなく本心からの褒め言葉です。

好きな気持ちも込めまくりますから、言われた方もまんざらではありません。

安心感のある言葉や励ましは時に殺し文句に

少しでも綺麗に、魅力的になろうとしている人は、トラブルに遭遇しても「大丈夫」「なんとなかなるよ」「一緒に頑張ろう」と、いつもと変わらぬ笑顔で、周囲を安心させ、励ます言葉がすんなり出てきます。

普段から前向きに物事に向き合っているから、彼女たちにとってそれは自然なことなのです。

このような言葉は、子供の頃、母親に見守られていた頃の安心感を呼び覚ますので、日頃バリバリ仕事をしているやり手の男性でも、意外なほど心に沁みるようです。

「落ち込んでいる時に頭を撫でてくれた」「不安な時に大丈夫と言ってくれた」が、付き合う決め手になったという男性もいるほど。

ポジティブな人は、その存在が精神的な支えとなり、ゆえに愛され、その自信がまた一層魅力を引き出していくのでしょう。

あなたも今日から、気持ちが明るくなる言葉を心がけてみてはいかがでしょうか?

一か月後、二か月後には、びっくりするほど綺麗になっているかもしれませんよ!