「めんどくせー」と思われたら終わり!重い女にならないメール術

shutterstock_180952172

「重かったかな…」というメールをつい送ってしまったことはありませんか?恋をすると、つい考えすぎたり、気持ちが先走ったり、妄想してしまったりということもあります。

だけどメールは便利なようで危険なツール。文字だけではなかなか正しく伝わらないし、一度送信ボタンを押してしまったら取り消せないし、ずっと残ってしまいます。

だからこそ、慎重に!重いかどうかは受け取る相手よって千差万別ですが、「めんどくせー」「重い」と思われてしまうと、気持ちが萎えることもありえます。なるべくリスクは避けたいもの。メールの軽量化トレーニング、しませんか?


基本的に、業務連絡のみと割り切る

たくさんの絵文字やLINEのスタンプ、日本のメール文化は、気持ちのニュアンスを細かく伝えるということにかけての進化がものすごいですね。

だから面白い使い方ができるツールだけど、人によってすごく温度差があるものでもあります。感情や行動の情報をてんこ盛りにしていくらでも打てるという人もいれば、必要最低限しか使わない、打つのがめんどくさいという人も。その温度差が、メールによるすれ違いを生む原因とも言えます。

だから、基本的にはメールは業務連絡のためのツールだと割り切っているといいでしょう。それをベースに、相手の出方や状況に合わせて応用、くらいの気持ちで。

夜遅くに作成してしまったメールは、一晩寝かせる

夜寝る前は、いちばんぐるぐる考えてしまう時間帯。

「彼は私のことどう思ってるんだろう?」

「あの時のあの言葉はどういう意味?」

「なんだか不安…」

「寂しい」

特に夜も更けて真夜中になると、妄想が先走りやすく、ふだんと違うテンションになりやすい。そんな時に打ったメールは、後で「しまった!」と思う率が高いのです。

用件だけの連絡メールなら別ですが、夜中に作成してしまった長文メールは、一晩置いて後で冷静に見返してから送るのが無難でしょう。

返信がないのに追加で送らない

メールを送ったあとや、LINEが既読なのに返信がない時。やきもきしてしまいますよね。頻繁に携帯をチェックしてしまったり、気になって他のことに集中できなかったり…。

だけど、人によって返信のタイミングは全然違います。見て、そのうち返そうと思って忘れてるという人も悪気はなく、ただそういうタイプなだけ。数日後に「そういえば」と返信してくることも。仕事で頭がいっぱいな時は、恋人からのメールでもなかなか返信できないことも多々あります。

そんな時に、「どうして返信くれないの?」「変なメールしちゃったかな?」などと追加でメールしてしまうのは相手にとってプレッシャー。追い詰められた気分にさせてしまいます。

どうしても返信が必要な質問メール以外なら、返信を期待しないくらいの大らかな気持ちでいる方がいいでしょう。

今何してても、いいじゃない

「今何してるの?」メールも、人によっては重いメール。どうして行動を逐一報告しなきゃいけないの?と束縛されているようで重く感じるのです(すみません、筆者はこのタイプです…)。

好きな人が今何してるのかなー、と思いを馳せるのは自然なことですが、話の流れで訊く時以外は、脈絡なく連発するのはやめておいた方が良いでしょう。

会っていない時の相手の行動は知らないのが当たり前。そんな細かい情報を逐一集めようとするより、会った時に話を楽しむほうが有意義ではないでしょうか。

付き合う前の恋愛感情ダダ漏れメールはNG

まだ付き合ってもいないのに、片方だけが盛り上がって温度の高いメールを送るのは、引かれてしまうリスク大。いい感じになっていても、好きオーラ全開メールはちゃんと付き合ってからにしましょう。

ネガティブは感情は、メールでなくマンツーマンで

人によって読解力は差があるので、メールの文章だけではニュアンスを正しく伝えるのには限界があります。だから、相手を責めるメール、自虐メール、悩みを延々とつづったメール、悲しい寂しいを前面に出したネガティブな内容は絶対に送ってはダメ。

そういう事は直接会ってか、せめて電話で伝えるのが鉄則です。もしなかなか会ったり電話するタイミングがなくて、どうしても伝えたいなら、「ちょっと悩んじゃって…今度会った時に話きいてくれたら嬉しいな」くらいにしておく方が良いでしょう。

重くなりそうな言葉は、軽量化バランスを取って

時には「会えなくてさみしい」などの、言いようによってはちょっと重くなりそうなメールを送りたい時もありますね。そんな時は、語尾や絵文字、スタンプで軽量化をはかってかわいくバランスをとりましょう!

LINEなら、森もり子さんの「返信をくれない彼氏を追い詰めるスタンプ」の重かわいいバランスがとても使いやすくてオススメです。

メールやLINEは、うまく使えば有効な恋のツール。重量オーバーに気をつけて、効果的に使いこなしてくださいね!