女性から男性に告白する場合、メールで告白するのはありなのか?

女性から男性に告白する場合、メールで告白するのはありなのか?

好きになった男性に自分の気持ちを伝えたい!でも、直接告げるのにはどうしても勇気がいります。そんな時に便利なのはメール。

しかし、愛の告白にメールはどうなのか?とも考えてしまいますよね……。メールでの告白はアリなのか、無しなのか。ここでご紹介させていただきます。

告白できない男性が増えてしまった

古い恋愛の考えでは「男性は行動すべし」そして「女性は待つべし」でしたが、今はそんな事はありません。

とくに行動できない男性が非常に多くなってしまったために、待っていても何も起きない、なんて事が全く珍しくなくなってしまったからです。

これは、あなたが好意を寄せている男性にも言える事かもしれません。仮にその男性があなたを好きだったとします。

あなたもその男性を好きで、彼からのアプローチを待っている。でも彼も待っている……。

お互いが待っているだけで、時間だけが過ぎて行くなんて事も普通にあるんですよ。

これでは当然、恋愛が始まるわけもなくそれぞれの想いが風化してしまい、結局何もなかった事になってしまうのです。もったいないですよね。

ですので、せっかく抱いた恋心。手段はどうあれ伝える事を大前提に考えるようにしてください。女性とか男性とか関係なく、伝えられる方が伝えれば良いのです。


面と向かっての告白が必ずしもベストとは言えない

愛の告白というと、「顔を見て言ってほしい」と多くの方が考えています。でもこの考え方は、自分が好きな相手からの告白、更にロマンチックな感じに決めてもらえる背景込みでの願望ですよね。

実際は、自分が好きな相手からの告白なんて稀です。ロマンチックな告白なんて更に稀でしょう。ドラマや映画じゃあるまいし、誰もが決め台詞を用意しているわけではありません。

とくに告白の場面なんて、人生の中でもかなりの上位に位置する「緊張場面」じゃないですか。思い通りの言葉が出てくるとは限りません。

だから言葉を文字にして伝えた方が良い……古くからのラブレターは、こうして生まれたのでしょう。今はメールがその代わりです。

緊張の中で伝えたい事の半分も伝えられないより、メールという手段で伝えたい事をそのまま伝える方が良いはずです。

要は手段はどうであれ、伝えたい事を伝えられれば良いんですよ。

もう一つ付け加えると……、先程お話しをした「顔を見て言ってほしい」という願望は、女性には多い意見ですが男性にはそういう意見はあまりありません。

むしろ、直接告白されるのは「その場でどう反応して良いのかわからない」という理由で苦手な方も多いのです。

と以上のような理由で、女性から男性への告白の場合、メールを使うのは「アリ」と結論させていただきます。