容姿に全く自信がない…女は見た目じゃない!ブスでもモテる秘訣

1

「どうせ私はブスだから好きになってくれる人なんていない」…そんな風に、自分の容姿を自虐して嘆いている女性はいらっしゃいませんか?

しかし、女は見た目だけじゃありません!いわゆる「ブス」の人でも世の中モテるのです。今回は、そんな容姿に自信がない人のためにモテる秘訣をお話させていただきたいと思います。

女は愛嬌!自分の容姿に卑屈にならない明るい性格の女性

6
昔から「男は度胸、女は愛嬌」といわれるように、笑っている女性はそれほど魅力的に思えるものです。容姿に自信がないからといって仏頂面ばかりして、笑顔を忘れていては損ではないでしょうか。

自分の容姿を受け止めつつも、笑顔で卑屈にならない姿勢

容姿がイマイチでもモテる女性は、まず自分の容姿の事を受け止めています。自分で自分の事を認めて、容姿をコンプレックスにしないようにしているのです。

自分の容姿に対して卑屈にならず、いつも朗らかで笑顔が絶えずに太陽のような明るさで周りの人たちを照らしています。冗談で「お前ブスだな」と言われても、それを間に受けずに笑い飛ばしたり、負けじと冗談で返す事ができるのです。

時には他人に容姿の事をいじられて、傷つく事もあるでしょう。しかし、その事をずっと引きずらないようにするために自分の中で消化したり流したり、笑いに変えて周りを和ませるような強さを持っているのです。

芯が強くて自分を持っている堂々とした佇まいは、それだけで人を惹きつけます。

出しゃばらず卑屈にならず、愛嬌と謙虚さを持ち合わせている

また、自分で自分を客観的に見る事ができるので、どんな場面でも出しゃばる事は控えます。特に容姿に関しては自分も傷つく気持ちを知っているので、他人の容姿を馬鹿にするような真似はしません。

それは決して卑屈になっているのではなくて、自分の立ち位置や役割を認識しているからこその気遣いと、傷つく人の気持ちをよく理解している優しさをもっているからです。

そういった謙虚なところと周りを惹きつけるような愛嬌が、容姿がイマイチでもモテる秘訣の一つではないでしょうか。

男性は常に癒しを求めている!おおらかで、癒されるような女性

4

いつの世の時代も、男性は女性に対して癒しを求めています。癒しに重要なのは外見よりも、むしろ中身の方かもしれません。

  • 疲れた男性を労ったり、元気づけてくれるような女性
  • 男性の大抵の失敗を笑って許してくれるような女性
  • 男性の全てをおおらかな気持ちで包んでくれるような女性
  • 男性の事を常に信じて、文句も言わずついてきてくれるような女性
  • 男性の事を常に肯定して、自信を持たせてあげられるような女性

そういった女性に、男性は居心地の良さを感じて癒されていきます。本当に男性が疲れたり落ち込んだ時は、見た目の癒しだけでは男性を癒し足りない事が多いのです。

だからこそ、そこは内面の癒しの出番です。男性を理解して包み込んであげられるようなおおらかさが大切です。

男心がわかっている!男性の友人感覚とノリで付き合える女性

5

自分は男っぽいかもと思う女性は、案外男心がよくわかっているかもしれません。容姿が良くなくても、男性が男友達感覚とノリで付き合えるような女性はモテるようです。

それは男心を良く理解しており、男性の行動で普通の女性だとうるさく言うところも、男心を理解している女性はうるさく言わないからです。

男心を理解していると言っても、ガサツな振る舞いをするとか自称サバサバ系女子という事ではありません。一般的に言われている女性と男性の価値観の違いを把握しているかどうかです。

  • 女性は連絡など頻繁にしたがる→男性は連絡は必要最小限でもいい
  • 女性は言葉でできるだけ表現したい→男性は言葉は少なめで態度であらわしたい
  • 女性は悩みに共感してほしい→男性は悩みをできるだけ解決する方向に持っていきたい
  • 女性は何かあれば話し合いをしたい→男性はあまり話し合いをしたがらない

こういった男女の色々な価値観の違いを把握して、男性寄りの価値観で生きている女性は男性にとって同性の友人感覚で付き合えて気楽なのでしょう。

勿論、こういった男女の価値観の違いが全ての男女の人たちにあてはまるわけではないです。しかし、少なくともその男性にとっては自分と同じ価値観をその女性が持っていると感じて、心が惹かれるというのは珍しくないという事です。

体型や肌は重点的にメンテナンスをしましょう

容姿で本気で悩んでいる女性は、一度は「整形」という文字が頭を過るかもしれません。しかし、整形はお金がかかりますしその後のメンテナンスも大変そうで、何よりどんなに嫌いでも自分の本来の顔をいじるのにも抵抗があると思います。

ですから、顔はそう簡単に変えられませんし、それが自分なのですから変える必要もないと思います。しかし、体型や肌は努力次第では変えられます。

女性らしいスタイルであれば、男性は本能で惹きつけられる事も珍しくありません。また、肌が綺麗だと、顔が良くなくても美人に捉えられる事も多々あります

そういった体型や肌は、ダイエットや筋トレ、スキンケアや生活習慣で努力をすれば綺麗になれる可能性が高いです。健康にも良い事ですし、自分にとって確実にプラスになるでしょう。

清潔感と清楚さ、程よい色気のある服装とメイク上手な女性

2

清潔感が感じられる清楚な服装は、品の良さも感じられて雰囲気美人にもなれる可能性があります。そこに、程よい色気のあるコーディネートをすると、女性らしい魅力がとても引き立ちます。

露出の多すぎる服装や、地味すぎる服装は顔とのバランスが良くないので避けた方が良いでしょう。また、野暮ったいメイク、厚塗りや派手なメイクは、顔をさらに悪目立ちさせるので不向きです。

ナチュラルな感じや、厚塗りじゃなくても可愛く見せるメイクはいくらでもあると思うのでメイクの研究もしてみてはいかがでしょうか。

ネットではメイク前とメイク後のかなりの違いをあらわす動画が人気ですが、いざという時に「すっぴんを人に見せるのが怖い」とならないためにも、やりすぎは良くないかもしれませんね。

顔に自信がなくても、自分に合っていて尚且つ自分がより綺麗に見えるような服装やメイクを選んでいる女性は、男性からも好印象です。

胃袋を掴むのは成功法!料理上手で家庭的な女性

3

やはり、料理上手で家庭的な女性はポイントが高いです。男性にとってはお付き合いだけでなく、結婚の判断材料にまでなるほどです。

確かに、今は料理男子もたくさん世にでていますが、それでも料理上手で家庭的な女性は男性から根強い人気です。そして、料理などの家事はいくらでも誰でも上達できる方法があるはずです。

「男性の胃袋を掴む」という事を古いと感じる女性もいらっしゃるかもしれませんが、意外とそれが成功法だったりします。初心にかえるような気持ちで取りくんでみてはいかがでしょうか。

内面は外見より強し!時を経っても変わらないものが内面の魅力

3

今はアンチエイジングや美容法の進化により、年齢を重ねても昔ほど見た目の衰えはないかもしれません。しかし、どれだけあがいても、やはり年月が経てば見た目がある程度衰えていくのは止める事ができません。

しかし、内面の魅力は自分さえしっかりしていれば、年月が経ってもずっと変わらないものなのです。

外見の良さばかりに囚われて、自分の容姿を嘆いたり劣等感の塊でいるよりも、ずっと輝いていられる内面の魅力に目を向けていただきたいと思います。

可愛くなろうとする前向きな姿勢は素敵ですが、自分を卑下しないで大切にしてあげてください。