視線を惹き付ける女性になろう!男性から見て魅力的な外見とは?

shutterstock_97575878

「男性の言う外見が可愛い娘って私の感覚とちょっとズレてない?」
そんな風に感じたことはありませんか?

実は女性の考える魅力的な女性の外見と、男性から見て魅力的な女性の外見というのは違います。男性と女性では脳の作り、考え方、感覚が違うのでズレが生じるのは仕方ないことでしょう。

女性はスタイルが良い女性や顔立ちが整っている女性などに好感を持ちますが、男性の視線を惹き付ける理由は他にあります。そこを正確に把握することが男性の心を掴むポイントなのです。


抜群モデル体型より柔らか癒しボディがモテる!

女性から見た可愛い娘というのは、スタイルが抜群でモデル雑誌に出てくるような女の子ではないでしょうか。身体が細くて顔が小さい八頭身美人というのは女性の永遠の憧れです。

しかし男性から見るとモデル体型の八頭身美人というのは近寄りがたい雰囲気があり、その美貌に見とれてしまうことはあっても、「俺が声を掛けても相手にしてくれないだろうな…」と気が引けてしまうのです。

美人でスタイル抜群なのに何故か彼氏がいないなんて女性、近くにいませんか?実は男性心理からすると、スペックの高すぎる女性には「可愛い」という感情は湧きにくいのです。

男性から見た可愛い女性というのは少しぽっちゃりした柔らかそうな身体の女の子です。骨が浮き出ているようなスーパーモデルの引き締まった身体より、抱きしめるとマシュマロのようなふわふわの身体の方が、「守ってあげたい」「一緒にいると癒される」という印象になるので、自然と、ある程度はお肉の付いた癒しボディの女性の方が男性人気は上がるのです。

細くて華奢な女性タレントの起用が多いメディアの影響なのか、最近は平均体重に足りない女性や十分な食事をとらない女性が多いようですが、痩せすぎは禁物ですよ。

髪型はオシャレ感よりもナチュラル感を重視して!

最近の女性のほとんどは髪を染めていたりパーマやヘアマニキュアをしているのが当たり前です。髪色だけでなく、カットもアーティスト風にボブカットにしたり、女性でもオシャレにツーブロックや刈り上げを取り入れている人も多いです。

オシャレ感の強い格好良い髪型は女性人気は高いのですが、実は男性目線だとあまり人気はなく「男の子みたいで色気がない」「女性らしさが感じられない」という意見が多いようです。

男性から見て可愛い髪型というのはとにかくナチュラルなことです。過度な加工は好感度を下げる結果になってしまうでしょう。

色はやっぱり自然に見える黒髪が人気であり、染めたとしてもあまり明るすぎない地毛に見える色がおすすめです。髪型もパーマやテクノカットよりは、無造作感のあるショートカットや女性らしいセミロングが人気。

「爽やかで清潔感がある」

「真面目そうで誠実なお付き合いが出来るかも」

こういった良い印象を持たせることができます。

男性はシャープな形より丸みを帯びた形が好き!?

シャープな印象というのは大人っぽさやスマート感、冷静な格好良さに繋がる部分があります。

なのでアイメイクにシャープな印象を取り入れて切れ長の目にしてみたり、眉をきりっと細く直線に書けば「格好良い女性」「スマートなキャリアウーマン」と思われることでしょう。女性から見ればシャープな印象の女の子は憧れますし、ついつい目で追ってしまう存在です。

しかし男性の目に留まりやすいのはシャープよりも丸みを帯びた形なのです。男性目線だと丸いもの=女性らしいと思う感覚があり、注目してしまう場所。ついつい目が行くパーツも丸い部分が多いです。

例えば丸いアーモンド形の目であったり、ふっくらした頬であったり。シャープな部分よりそういった柔らかそうな丸い部分に惹かれる傾向があります。

なので男性受けを狙うのであればメイクも丸さを意識するといいでしょう。アイラインはシャープさより丸さを意識して縦に大きく、眉は柔らかなウェーブを心掛けると好印象ですよ。

隙のないメイクや細かいオシャレより笑顔に弱い!

女性が考える「モテるテクニック」は、隙のないメイクやさり気ないオシャレではないでしょうか。派手になり過ぎず、でもきちんとしたベースメイクに品のある色合いのシャドーやリップは働く女性の鑑でもあります。

オシャレも全身をブランド物でひけらかすのではなくちょっとした小物に気を遣ったり、靴や鞄のブランドをさり気なく合わせたり…そういった上級者のオシャレこそが女性の目線を集める秘訣でしょう。

そういった隙のない格好良い女性は同僚や部下の女の子から注目を浴びますし出来る女という印象が強くなります。

しかし多くの女性が勘違いしているのは、女性が気にしている上品メイクやブランドのランクなんて気付く男性はごくわずかだという点です。

男性は時間と手間をかけた上品メイクよりも無邪気な笑顔に弱いもので、高価なブランド物も「にっこり癒し笑顔」の魅力には勝てません。