「いい人」って聞き飽きた!悔しいけど納得のモテない理由とは?

shutterstock_2759841081

あ~、私も彼氏が欲しい!独り身だったあの子にも彼氏が出来て羨ましい。女友達はもちろん、男友達は多いのに肝心な恋愛をする相手がいない!

皆私のことを「良い人」だと言うけれど…。それなら誰か付き合ってちょうだいよ!もう「良い人」は聞き飽きた!皆から好かれているのにモテないのなら、その理由は何故なのか?徹底分析して早く恋人を作っちゃいましょう!

皆から好かれる「良い人」の評価って?

98

男女問わず友達も多く、人当たりも良い。どんな人か聞くと、皆が口を揃えて「良い人だよ!」と好評価。皆がそんなに褒める「良い人」って、具体的にどんな人なのでしょうか?

とっても気が利いて、居心地が良い!

皆で遊ぶ時、この人がいると気が利いていて居心地が良いな、快適だなと感じてくれているようです。そう感じる具体的なエピソードは以下の通りです。

  • 皆でドライブで遠出中、運転手も食べやすい1口サイズのお菓子を持ってきてくれた。
  • カラオケで曲選びに迷っていたら、「これ上手だよね!」と歌いやすくしてくれた。
  • 飲み会でグラスが空いたら、さりげなく片づけ、追加注文を聞いてくれる。
  • 人の話を遮らないで、相槌が上手。話していて気持ちが良い。
  • 知らない話題で会話に入れなかった時、簡単に説明して会話に入りやすくしてくれた。
  • 男女問わず、どんな人にも皆に親切で優しい。
  • 何かしたら些細なことでも気がついて、お礼を言ってくれる。

このように、皆との調和をとってくれる潤滑剤として、その協調性を高く評価 されています。また、そういう行動を自然にさりげなく出来ているところや、誰に対しても平等な態度をとるところから「性格も良い人」と感じられているようです。

自分の嫌いな人がいると急に黙り込んでしまったり、別の人が気まずくなるようなキツイ言い方をしたり、日によって気分がコロコロ変わる人はとっても気を遣うし、疲れちゃいますよね。

「いつでも、誰にでも優しい態度」で接してくれることから、「安心して話しかけられる人だ」と、皆の評価も高いのです。

悪口を言わない

ちょっとした愚痴をたまには言ったとしても、相手を見下してバカにしたり、陥れたりするような悪口は絶対言いません。

あちこちで悪口を言う人は、例えそれを聞いている人には優しくしていても、内心「自分がいないところでは同じようにボロクソ言われているのではないか?」「これだけ皆を悪く言っているのに、自分だけ言われていないことはあり得ない」と疑いたくなるものです。

また、あんなに悪口を言っていたのに、いざその人と会うと普通に話をしている。そんな二面性を目の当たりにすると、何だかこの人、何を考えているのか分からない。と少し距離を置かれてしまします。

悪口というのは、聞いているだけでも気分が悪くなるものです。たまの愚痴なら言いですが、あまり人をバカにした内容だったり、日常的に言っていたりすると、居心地が良い状態とはほど遠くなり、友達を失うことになってしまいます。

その為、悪口を言わない人はそれだけで一緒にいて居心地が良いですし、一貫している態度から更に信頼度が高まる のです。

心から信頼できる

仲間内でのトラブルや、彼氏とのケンカ、職場の愚痴等、相談ごとはこの人にしたいなと思われることが多いようです。

まず、何と言っても口が堅くて他の人には絶対言いふらさないと信頼出来ると評価されていることが1番の理由です。

また、関係をとりもってくれる場合には、「●●ちゃんがこう思っていることを、それとなく伝えても良いかな?」等、必要だと思った伝えることを事前に了解を得てくれるところも信頼されています。

これなら、「なんで勝手に言ったの?それは知られたくなかったのに!」というトラブルに発展することもありませんよね。

特に、トラブルやケンカの相談をした場合、「●●ちゃんの気持ちも分かるけど、▲▲君はこういう風に感じたかもしれないよ?××って言ってきたんでしょ?」等、自分の気持ちに共感しつつ、ちゃんと中立の立場で考えてくれる のもポイントです。

細やかな気配りが出来て、人の嫌がることを言わない、そういう人は信頼できるのは当たり前ですよね。そんな信頼できる人といると居心地が良いから仲良くしたいなというのはごく自然の感情なのです!

「良い人」=「モテる人」は間違い!

shutterstock_2506244493
「良い人」で、男女皆から好かれているのだから、さぞかしモテるんだろうな…と安易に思うのは大間違い!実は、「良い人ほどモテない」という悲しい現実があるのです!

好意を気付いてもらえない

男性が、女性を恋愛対象として意識する瞬間ってどのような時でしょうか?皆が振りむくような美人や、彼の好みのタイプにピッタリ!という場合を除くと、おそらく「自分へ向けられた好意に気付く時」 ではないでしょうか?

いつもクールな彼女が、自分には笑顔で優しく接してくれると、「俺に心を開いている」と嬉しくなりますよね。もしかして、自分は特別な存在なのかもと意識したりして、途端に気になってくるものです。

あれ?「良い人」はいつも笑顔だし、皆に好かれるほど親切だから、それならモテないのはおかしいのでは…?そう思っている人がいるかもしれませんね。

しかし、ただ「笑顔で優しい」ではダメなのです。「俺だけに向けられた」 というココがポイントなのです。

もちろん、意中の彼意外には冷たく、好きな人にだけ優しくするのは二面性があり、男の前ではぶりっこだと女子から嫌われてしまいます。同性から嫌われている人は、男性からも「性格が悪いのでは?」と疑われる原因になってしまうので、そういう行動は避けるべきです。

しかし、誰にでも同じように接していると、「俺じゃなくても皆に優しいし」 と思うことから、彼にとって「良い人」という評価ではあるものの、「俺に好意を向けている人」 とは思われくい傾向にあります。その結果、恋愛対象として意識してもらえにくくなるようです。

お嫁さんにはいいけど、彼女としては…

顔もスタイルも普通程度には可愛いし、性格は抜群に良い。皆には好かれているし好意を持たれたら不快ではないけれど…何だか「付き合う」ってピンとこない。そう思われることが多いようです。

理由はズバリ、ドキッとする機会が少ないこと! この人を知りたい、触りたい!そういう気持ちが男性の恋愛意識を高め、他の男性にとられないように気を引きたい!と思うものなのですが…

特別に気を引かなくても、優しく笑顔で対応してくれているなら、楽だしそれに越したことはありません。ちょっと会えない?と言うと予定を調整してくれて、しかも自分の都合に合わせて色々と気を使ってくれる…

「良い人」はつい、気を回しすぎてしまって、知らず知らずのうちに男性の恋に繋がる「追いかけたい本能」の刺激スイッチをOFFにしてしまっている場合が多いようです。

例えばいつでも会える友達と、仕事が忙しくてめったに会えない友達、両方から遊びのお誘いがあったとしたら、いつでも会える友達は後回しになりますよね?恋愛もそれと同じなのです。

周りの評判や、自分の感情からも、皆に好かれて誰とでも仲良くなれる「良い人」は、きっと良い奥さんになるだろう…と想像は出来るのですが、その奥さんになる前段階の「恋愛」に結び付かないこと が悲しいですが現実としてあるのです。

良い人と評価されすぎて…

良い人と評価されすぎて、絶大な信頼を得た結果、そんな良い人だからこそ、「あの子の友達は良い子だろう」「変な人は紹介しないはずだ」と、自分をスルーされて縁結びをお願いされることも少なくありません。

実は、秘かに気になっていた彼から「あの子を紹介して!」と頼まれてしまったり、逆に友達から「あの人のこと、気になってるの」と相談されたりして、自分の思いを伝えそびれた経験を持つ、良い人の悲劇はたくさんあります。

辛いことや迷った時に相談相手に抜擢されることもありますが、本来男性は、女性に情けないところを見せたくないものです。

情けないところも迷わず見せられる「良い人」には、心を開きすぎてしまい、「恋愛」というよりは「仲間」という枠での意識が潜在的に強く なり、恋愛対象から外れてしまうことも多いです。

特に「良い人」は、周りには人一倍気を使いますが、自分の弱みや愚痴は、言うと迷惑かなとなかなか言えない傾向が多いです。

気を使う性格から、相手に心配させないよう、自分の気持ちを隠すことにも優れています。その為、不調に気付かれにくく「守ってあげたい」と思われる機会がそもそも少ないのかもしれません。

結果的に「良い人」に男性が一方的に甘える形となる場合が多く、「家族のような安心感、居心地の良さ」から恋愛が始まるであろうドキドキは感じてもらえない ことが多いのです。

人当たりの良いあの人ほど、性格は良いと思わないのに、ちょっとツンとしているクールな彼女の方がモテている…そんな不思議を感じることはありませんか?

女性だって、いつも優しい男性は素敵だけれどドキッとくるのは、少し強引な男性だったりしますよね。結婚したら、良いパパになりそうだけど彼氏としては…と、ドキドキしない男性を惜しいと思ったことありませんか?ほら、思うところは男性と同じです。

例えば同じ人に、同じ笑顔で話しかけたとします。良い人は、日ごろの態度から「優しくて当たり前」な印象になっていますので、特にそれ以上プラスにはならないです。

一方、普段ツンとしているクールな彼女がたまに見せる笑顔って、悔しいけれど、男性には効果絶大なんですよね。

良い人だって恋愛したい!

shutterstock_272225f591
皆に嫌われていないなら、自分だって恋愛したいですよね。「良い人」がモテないのなら、いっそ「良い人」を辞めればいいのかしら?いやいや、そんな必要はないんです!

「良い人」と皆から評価されるあなたは、人としての信頼や人望等、基本的な好意を持たれています。これは、誰でも持っているものではないし、意識してもすぐには身に付かない特別な長所です。

この長所を維持したまま、好きな人には少しだけ「特別感」をアピールしましょう。「アレ?あの人には特に優しくない?」と人に思われるのは恥ずかしいかもしれません。

でも、この「アレ?」 という気付き、これが恋愛には大切なスパイスになります。いつも優しい彼女が、「自分には特別に」優しかった、皆から好かれている彼女が「自分には特別に」優しかった。そういうシチュエーションで迷惑に思う男性はまずいないでしょう。

彼本人が、「もしかして、俺のこと…」と気付かなくても、周りが気付くことで彼に「ねぇ、あの子、お前に特別優しいよな!ひょっとして、好きなんじゃないの?」と気付かせるきっかけを作ってくれるかもしれません。

また、同性が気付いた場合は、今まで皆から好かれてきたあなたですから、多くの協力者を得られることでしょう。

男性が、自分へ向けられた好意に気付いたら、不快に感じる人はそういません。それが、皆から好かれていて、自分自身も良い人だと認めている女性なら尚更です。

「良い人」は、なかなかモテない場合が多いですが、それはほとんどの場合、少し勇気を出すだけで解消することが可能です。

好意を気付いてもらえたり、彼女になった後はもう簡単!誰とでも仲良く出来て、親に紹介しても恥ずかしくない、しかも友達のウケも良い、誰もが「良い人」と認める彼女は、一発逆転!彼にとって「自慢の彼女」 への道が用意されていますよ!