ハードル上げ過ぎ?結婚相手の男性に、年収はどこまで求める?

ハードル上げ過ぎ?結婚相手の男性に、年収はどこまで求める?

結婚をするのであれば、当然相手の方の年収は気になります。しかしあまりに高望みをしてしまうと、選べる範囲が極端に狭くなってしまいますよね。

では現実的に求められる男性の年収は、どのあたりなのでしょうか?意外とあなたの理想は現実的ではないのかもしれませんよ。

理想と現実のギャップをまずは知るべし

結婚相手に理想を高く持つ事。これ自体は私も賛成です。最初から夢も希望もないような低いハードルを設定している方もいるようですが、理想はあくまで理想なのですから高く持つ事自体は悪い事ではありません。

本当に理想の低い方のハードルは、こっちが心配になってしまうくらい低いですからね。以前「臭くなければ誰でも良い」という女性に出会った事もあります・笑。

本心かどうかはわかりませんが、そういう方のお話しを聞いていると「年収?そんなの無くてもいい」「ルックス?そんなのどうでもいい。健康であればいい」「風呂に入っていればいい」なんて意見も聞いた事があります。

まぁそういう意見はきっと稀な意見なのでしょう……。世の女性のほとんどがそういう考えになっているとしたら、どれだけ男は期待されていないんだ、という話になってしまいますから。

理想の低い話ではなく理想の高い話でしたね。話を戻しましょう。世の女性が結婚相手に求めるものの1つとして「年収」があります。

もちろん年収にこだわりがある方程、男性に高いハードルを求めますが、はたしてその理想は現実的なのか?という話です。

女性に結婚相手に望む年収の話をすると、「年収1000万以上の男性が良い」「最低でも600万はないとやっていけない」なんて言葉を聞きます。

もちろん年収は年齢によっても大きく変わってきますが、現在の格差社会ではなかなか厳しいハードルだと言えます。ではまず年収1000万の話からしましょうか……。

実際にどのくらいの方が年収1000万円稼いでいると思いますか?年収が1000万を超えているのは、40代の男性の約17%です。約6人に1人ですね。40歳ではありませんよ。

40歳から49歳までの男性を対象としてやっとこの数字です。で、きっとみなさんの多くの方はこう思うはずですよ。「そんなオジサンとは結婚したくない」。

ハイ……ではこうしましょう。30代にします!30代の男性ならばいかがでしょうか?30代で年収1000万!結婚しても良いかな?と多くの方が思えるのではないでしょうか。

ではそのような方が世の中にどれくらいいるかというと……約3%です。30人に1人いるかいないかですね。20代に至っては当然更に減ります。1%以下になってしまい、これはもう現実的ではありません。


年収600万なら現実的でしょ?というあなたへ

さすがに年収1000万の方は、想像以上に少なかったですね。

もし先程のデータを見て、「確かに少ないかもしれないけれど、現に存在するじゃないか!」と思ったのであれば、是非頑張って高収入の男性をゲットしてください。陰ながら応援しています。

「1000万はやっぱり高望み過ぎかー!」と思ったあなたは、次にいきましょう。それでですね、何故か女性の理想として最も多い意見が「年収600万以上」なんですよ。

何故キリの良い500万ではなく、600万なのかは私にはわかりませんが、データ的にそうなっています。では、その年収600万以上の方はどのくらいの割合で存在しているのかをご紹介しましょう。

結論から言うと約25%です。4人に1人が当てはまりますので、結構な現実的な数字ではないでしょうか?希望が湧いてきましたね!

しかしこれは全世代の男性を対象としているので、オジサンどころかオジイサンも数多く含まれています。

という事で、先程と同じように30代の男性だけを対象にしてみると……残念ながら先程の年収1000万の方の割合と大差ありません。5%程度と思ってください。

20代男性のデータも似たようなもので1~2%程度。以上のデータから、年収600万というハードルがどの程度高いのか理解していただけたのではないでしょうか?

あ、そうそう……残念ながらこのデータは既婚者も含まれているんですよ。

そして独身者より既婚者の方が年収が高いというデータもありますので、独身で20代または30代という括りから年収600万以上の男性って、100人に1人いないかもしれませんね。

現実的なラインはどのへんでしょう?

ではどの程度ならば現実的なのかと言いますと、20代で350万。30代で450万です。この位までハードルを下げれば相当選択肢が広がります。

もちろん理想を追求するのも1つの手です。600万なくては生活していけないのであれば、それを求めるしかありませんからね……。

ただ、年収600万だとたいした贅沢は出来ないんですよね。だったら年収以外に価値観を見いだすのが正解のような気もします。