片思い女子は要注意!恋する手作りプレゼントは絶対NG!! 

片思い女子は要注意!恋する手作りプレゼントは絶対NG!!のイメージ画像

片思い女子は日々好きな人へのトキメキと妄想で生きています。そのエネルギーは凄まじく、片思い女子が本気を出せば地球だってひっくり返すことができるのです。

そして片思い女子のメルヘンな妄想ワールドがマックスに到達した時に湧き上がる奉仕の精神。そうです、片思い女子は好きな人に手作りのプレゼントで気持ちを伝えようとする行動に出てしまうのです。

昭和な香り!なぜ今さら手作りプレゼント?!

手作りプレゼントは【究極の自己満足】です。メルヘンな片思い女子に限って自己満足を相手への思いやりなどと勘違いしてしまうのです。

ではメルヘン妄想から抜け出ることができない片思い女子はなぜ手作りプレゼントが恋愛の必勝法だと信じて疑わないのでしょうか。

手作りは健気な女の代名詞!

片思い女子は好きな人に良く思われたくて必死です。常に好印象を持ってもらえるようにあれやこれやとアイデアを模索します。片思い女子が考える男性の好きな女性のタイプの中には「健気な女」という昭和初期のような項目が存在します。

手作りをすることによって「健気で謙虚、そして家庭的で手先も器用な女の子」と思ってもらえる絶好のプレゼントだと自負するのです。

手作りは絶対喜ばれると思っている

片思い女子は男性が「手作り」という言葉に弱いと信じて疑いません。既製品よりも愛情籠った手作りプレゼントは老若男女、人類すべてに受け入れられると自信があるのです。

しかし実際のところ達成感を得て喜ぶのは作った本人のみなのです。

片思い女子がやりがちな手作りプレゼントとは

片思い女子はなぜか手先が器用です。もしくは今まで料理などに全く関心の無かった女子までもがいきなりお菓子作りに目覚めたりするなんてことも少なくありません。

ではメルヘン片思い女子はどんなプレゼントを家にこもって製作しているのでしょうか。

小麦粉系のお菓子

手作りの代表格と言えば、クッキーやカップケーキといったお菓子です。スイーツを作っている女の子というのはどこか可愛いイメージがあります。

そんな可愛いマジックにかかって一人でメルヘンの国を徘徊するのに小麦粉系お菓子はマストアイテムなのです。

セーターやマフラーなどの毛糸用品

21世紀の世の中のどこに毛糸を編む暇のある人がいるのでしょうか。しかし片思い女子は自分の生活状況などは二の次にして、長期間を要する毛糸製品に手を出すのです。

時間をかければかけるほどプレゼントに気持ちが入り、日々好きな人の事を考えてチマチマとした作業を続けるのが片思い女子の気分なのです。

手作りキーホルダー

最近は男性でもアクセサリーやキーホルダーなどを持ち物にくっ付けることに抵抗はありません。手作り界にも様々なタイプのキーチェーンなどのキットが販売されていて、誰でも簡単に可愛いキーホルダーを作ることができます。

そして片思い女子は相手の男性の好みなどはお構いなしに、なぜかクマちゃんのキーホルダーを作る傾向があります。これぞ自己満足の域を超えた嫌がらせ行為です。

手作り石鹸

少しヘルシーな趣味をお持ちのメルヘン女子は香水や化粧水、乳液などあらゆるものを自分で手作りして周りの人におすそ分けなんてして楽しんでいます。

その中でも石鹸は大きさも手軽で男性にも気軽に使ってもらえそうなアイテムです。しかし実際には手作りの石鹸と聞いて色めき立つのは女性のみであり、特に化粧品などに興味の無い男性は異様な恐怖心に駆られてしまいます。

女子が考えて「普段使える気軽な物」も男性からすると「体に知らない女が作った怪しい物体を使うなんて気持ち悪すぎる」と思うのです。

手作りプレゼントが絶対NGな理由

【究極の自己満足】である手作りプレゼントは相手のためにも、そして自分のためにも避けた方が良い時限爆弾のような贈り物です。

ではなぜ手作りプレゼントはこれほどまでに危険なのでしょうか。

手作りプレゼントNG理由その1.手作りできるのは好きな人のみ!!

手作りはコストもかからず、それでいて自分の気持ちを込める事ができるナイスなプレゼントです。しかしもらう側からしたらどうでしょうか。

手作りプレゼントを渡すことが許されるのは【プレゼントを受け取る男性と両想いの女性】に限られます。

手作りプレゼントはシンプルに言葉で告白するより何百倍もの威力を持っています。そんな重たすぎる気持ちを受け取れるのは好きな女性に限られるのです。

手作りプレゼントがNGな理由その2.手作りは怖い!!

手作りプレゼントは驚きの二面性を持っています。作る側は自分が時間をかけて完成させたものなのでかなりの自信、愛着、安心感を持っています。

しかし受け取る側からするとそんな作り手の気持ちに反して、手作りプレゼントは謎が多すぎる代物です。作り手の意図や仕上げるまでの工程を知らないので異常な恐怖を感じてしまうのです。

なので手作りプレゼントを受け取ることができる女性というのは男性からすると【信頼関係がある】人ということになってしまうのです。

手作りプレゼントがNGな理由その3.正当な評価をもらえない

手作りプレゼントにも様々なレベルがあります。普段から手作り活動に精を出している女子ならかなりレベルの高いものをプレゼントすることができるでしょう。

逆にそこまで手作りが得意でない女子でも努力をすることによってなんとか気持ちのこもったプレゼントを完成することができるのです。

それだけ気持ちと時間と労力を費やしたにも関わらず、手作りプレゼントは意外にもあっさりとしたつれない評価に終わってしまうのです。

好きでも無い女性から手作りプレゼントを受け取って、その女性の努力や気持ちに考えが行く男性は人間的にもよくできた人ですが、多くの男性がそこまで優しいわけではありません。

せっかくの気持ちがこもったプレゼントも「怖い」「ウザい」「重い」の3ワードによって水の泡となってしまうのです。

手作りプレゼントがNGな理由その4.断られたら相当傷つく

片思いの男性に言葉で告白して振られた場合はそこまで大きな打撃を受けることはありません。なぜなら言葉は空気のようなもので、受け取る側が時間をかけて良いように解釈をすることができるからです。

しかし気持ちのこもった手作りのプレゼントを拒否された時には自分のすべてを否定されたような絶望感を味わいます。好きな人の事を考えながら使った時間と気持ちは自分にとってはかけがえのない物となっているからです。

そんな自分のすべてを突き返されてしまったり、雑な扱いをされていると知ったら大きなショックを受けるか今まで好きだった人を憎むようになっていきます。

両想いでない男性への手作りプレゼントは相手の事を考えてしまい過ぎて自分ことをおざなりにしてしまいます。そして渡す時になってようやく現実とみじめな自分を客観視するに至り立ち直りにくい傷を心に負ってしまうのです。

手作りはココロがこもっているけれど・・・

手作りプレゼントはいつでも相手に自分の素直な気持ちを伝える事ができる素敵な贈り物です。しかしそんな素敵な贈り物も相手を間違えてしまったら自分をも傷つけてしまう自虐行為となってしまうのです。

気持ちを込めたプレゼント作りの前に今一度「手作りプレゼントがNGな理由」を思い返してみましょう。もしかしたらあなたはまだ好きな人に手作りのプレゼントを贈れる段階ではないのかもしれません。

相手の男性との良好な関係とベストなタイミングが無ければ手作りのプレゼントは本来持っている威力を発揮することはできないのです。