誤解してない?男性が女性に色気を感じる服装・感じない服装

shutterstock_232937302

仮に顔や性格が好みではなくとも、色気がある女性に惹かれてしまう男性は非常に多いものです。悲しい雄の性ですね。

ですから、女性は「色気」という武器を上手に使うと、恋愛がうまくいく事も多いのですが……意外とこの「色気」を誤解している女性も多いんですよね。ここでは、女性の色気を特集しますので、あなたに誤解がないかどうかチェックしてみてください。

誤解されている色気がある服装って?

一番多く誤解されているのは、「露出が多い=色気」だと思っている事でしょう。胸の谷間を強調したり、肩や足を出している服装は、いかにも色気を目指す初心者が陥りそうなミスです。

露出が多い服装は、時には色気に繋がる事もあります。しかし多くの場合は違うんですよ。そのような露出の多い服装を見て男性陣が感じるのは色気ではありません。ただ「エロい」と感じるだけなんです。

「色気」と「エロい」……これ似て非なるものですよね。色気を出そうと頑張った結果が、ただ「エロい」。これ、悲劇以外何者でもありませんよ。


エロを感じてもらえるのはまだマシかもしれない

露出を多くして、多くの男性に「エロい」と思われる事……これ実はまだマシなパターンなんです。その先があるからです。そう、「下品」と思われる事も少なくないんですよ。

色気を出そうと思った結果が「下品」……。これは物凄い悲劇ですよね。ハムレットとマクベスとオセローとリア王を足して割らないくらいの最上級の悲劇です。

では、「エロい」とも「下品だ」とも思われない色気がある服装というものは、どういったものなのでしょうか?

具体的な色気が出る服装とは?

まず特筆したいのは、体のラインが少しだけ強調されるような服装です。

例えば、浴衣姿、着物姿など、和服に色気を感じる男性は多いようですね。またワンピースも色気が出やすい服装とされています。女性らしさという点でワンピースはポイントが高いようですね。

服装に色気をも求める時、気をつけたいのは露出度よりも服の素材とデザインなんです。ゴワっとした厚手の素材ではなく、なるべくフワっとした薄手の素材を選ぶ事。そして、体の線が綺麗に出るようなデザインの服を選ぶ事。

この2点に注目すると、下品ではなく女性らしい色気に変わる事が多いんですよ。

露出が少な過ぎるものやはりダメ

露出が多いと下品に見えると言いましたが、もちろん少なすぎても駄目です。ですから、ジャージやパーカーなどからは、なかなか色気を感じる男性は少なく、きっちりとしすぎているスーツも同様です。

簡単にまとめると…

  • 露出は多すぎても少なすぎても駄目
  • なるべく薄手の素材でフワっとしたイメージを意識する事
  • 体のラインが綺麗に出るような服を選ぶ事

この3点にまずは注目してみて下さい。

ただし服装だけで色気を出すのは限界があります。色気が出るのは、服装以外の部分によるところも大きいからですね。話し方や、姿勢、仕草などの方がはるかに重要かもしれません。

ただ、それらを克服していくのは、なかなか大変です。ですので、一番手っ取り早い、服装について今回はお話しさせていただきました。どうぞあなたの恋愛にお役立て下さい。