ホントの幸せつかみたい!パターン別ダメ恋愛からの脱出方法

ホントの幸せつかみたい!パターン別ダメ恋愛からの脱出方法のイメージ画像

泥沼のダメ恋愛を自覚しながらも、なかなか抜けだせないで悩んでいる女性っていますよね?

そんな女性のほとんどがダメ男にばかり縁があるというスパイラルに陥っています。

無意識のうちに自分からダメ男を選んでしまう傾向があるんですね。

そこで、何度も後悔しないために、そんなダメ恋愛からの脱出方法をパターン別にご紹介しましょう。

面倒見のいい姉御肌タイプ

できない男、ダメな男を見ると、手を差し伸べなくてはいられないタイプの女性です。困っている男性に出会うと放っておけない、そんなあなたの対処方法をお教えします。

このタイプの特徴

このタイプには、しっかり者の長女、面倒見のいい姉御肌といった女性が多い傾向があります。おそらくは仕事をバリバリこなすキャリアウーマン的な存在ではないでしょうか。

こんな女性がダメ男に惹かれる理由には2つのパターンがあります。1つは、ダメ男に接することで得られる優越感に支配されているパターン、もう1つは、何らかのトラウマによるパターンです。

いずれのパターンも、本人には自覚がなく、潜在意識によって動かされていることが多いと言えます。前者の方は分かりやすいですが、後者の方は人それぞれに事情があります。

過去に助けるべき人を助けることができなかった、そんな経験があるのではないでしょうか。その後悔の念が無意識に「今度こそ」「この人こそ」とつき動かしているんです。

その結果、同じ過ちを繰り返すというスパイラルに陥ってしまうことが多いんですね。

こんな女性の脱出方法

まず、無意識に優越感を味わうことにハマっている女性の場合です。こんなタイプは、実は自分に自信がないから格下の比較対象を求めているんです。それで安心感を得たいんですね。

それよりも、もっと自分を磨いてスキルを伸ばすなどし、周囲から高い評価を受けられるように努力する方が健康的と言えます。自分に自信が持てれば、ダメ男なんかスルーするようになるはずですよ。

次に、過去の経験をトラウマとしているタイプの場合です。このタイプの女性は、潜在意識の中に罪悪感、無力感といった負の要素を持っているものです。

このタイプの女性がダメ恋愛に陥らないようにするには、身近に自分を高評価してくれる人を見つけ、さらには、それらの人に頼り、甘え、相談するという心掛けが必要です。

無意識に自分を追い詰め、罪滅ぼしをしているかのような状態ですが、一人で何でも背負い込んでいては潰れてしまいます。素直になって人に頼り甘えるということが歯止めをかけてくれるでしょう。

自己犠牲の母性派タイプ

彼には私がいなければダメと、一方的に解釈し、金銭面から身の回りの世話まで買って出るタイプです。こんな女性のダメ恋愛からの脱出方法をご紹介しましょう。

このタイプの特徴

働くこともせず、わがままで、ときには暴言、暴力さえふるうダメ男。そんな相手に対しても、
「弱い彼はそんな方法でしか表現できないだけ」
「彼を理解し、支えてあげられるのは私だけ」
と、無理矢理な解釈をしてひたすら耐えるという特徴があります。

深みにハマれば、この思い込みはさらにエスカレートし、周囲の助言にも耳を貸さなくなる、とても危険でたちの悪いパターンだと言えます。

こんな女性の脱出方法

この自己犠牲的とも見えるパターンの女性は、実は自立心が欠落し、自分の価値を見出せないという苦しみを抱えているものです。

このような女性は、勇気を持って自尊心を奮い起こし、本来自分は何を望んでいるのか自問自答することが必要です。ダメな彼を支えようと辛抱強く耐える底力を持っているんですから。

その底力に自信を持ち、自分を前面に押し出してリーダーシップを発揮できるような場所を探してください。そうすれば、一方的な奉仕ではなく、彼と対等に付き合おうという意識が芽生えるはずです。

何をするにも「彼のため」という偏った思考になりがちですが、自分自身のために理想や夢、可能性を考えて物事に取り組む姿勢が必要です。

自信が持てない妥協派タイプ

自分に自信がなく、「所詮、私はこの程度」とネガティブ思考に満たされた女性が陥るパターンです。こんな女性がダメ恋愛から脱出する方法をご紹介しましょう。

このタイプの特徴

何らかの原因で自信をまったく失い、「愛される資格すらない」などと自身の存在価値をとことん低く考えてしまいます。そして、明らかなダメ男と付き合うことで、そんな自分を再認識するんです。

「私にはこの程度の男がお似合い」と妥協し、それと同時に「彼と別れたら次はない」という強迫観念にとらわれ、嫌でも辛くてもしがみついてしまうという傾向があります。

要するに、自信がないから「こんな私には今の彼で充分」だと思い込んでいるわけです。そう思い込む方がある意味楽だし、現実逃避することができると考えるんです。

こんな女性の脱出方法

ついついネガティブ思考が優先してしまうタイプの女性ですが、まずは自信が持てない理由を自己分析してみることが大切です。そしてそれらを一個一個解決していくんです。

試しにファッションやメイク、髪型などを変えてみてはどうでしょうか。気分転換になるだけでなく、自己を見つめ直すいい機会にもなるはずです。

もし何かしらのコンプレックスを抱えているなら、それらを解決する方法を探してみてください。医療、エステ、相談、そしてセミナーなどに参加してみるのもオススメです。

後ろ向きな考え方から、どうしても内向的で受け身の姿勢になりがちなタイプですが、自分にムチを入れて能動的になることが重要です。とにかく自発的に行動することです。

行動すれば自分が変わります。自分が変われば世界が違って見えます。自分の価値を認識できれば恋愛だって変えられるんです。

エリート志向の固執派タイプ

上昇志向が強く、エリート意識が勝り、ついつい上を目指すがために恋愛が長続きしないタイプの女性です。こんなタイプの女性がダメ恋愛から脱出する方法を見てみましょう。

このタイプの特徴

自分に自信がありすぎるのか、はたまた勘違いが甚だしいのか、恋愛対象の男性を収入や学歴、生立ちなどの条件ばかりを気にして選ぼうとする傾向があります。

セレブへの憧れなのか、高級志向が強く、ブランド物や高級車、高級レストランでの食事など、デートひとつとってもエリート意識が優先されます。

男性を内面でなく外面で選んでいるため、恋愛感情よりステイタスを重んじる気持ちが何より上に立ちます。相手が少しでも「ショボイ」と感じれば、瞬く間に気持ちが冷めてしまいます。

当然ながら、恋愛は長続きするわけもなく、さらなる好条件の男性をもとめてしまうというスパイラルに陥ります。

こんな女性の脱出方法

このタイプの女性が自分を変えたいと思うかどうか疑問ですが、できることなら、自分の身の丈に合った恋愛というものを確認する必要があります。

身の程知らずという言葉が似合いそうな女性ですが、無理な上昇志向、エリート意識はそのうち歪を生じ、自分自身が疲れ果ててしまうことでしょう。

この機会に肩の力を抜いて、背伸びしたファッションやメイクも忘れ、見栄を捨てて、世間一般的な娯楽というものを伸び伸びと味わってみたらどうでしょうか。

ガード下の大衆居酒屋や繁華街に繰り出せば、意外に楽しく、自分の本来の居場所を見つけることができるかもしれませんよ。

過去を引きずる未練派タイプ

過去の大恋愛、長期間の付き合いなどの経験から、いつしか過剰に美化した理想を追い求めるようになったタイプです。こんな女性のダメ恋愛からの脱出方法を見てみましょう。

このタイプの特徴

過去にとことん惚れ抜いた男性がいて、大恋愛を経験したものの、何かしらの理由で別れてしまったという女性が陥るパターンです。

過去の恋愛を未練いっぱいに引きずっています。過去の出来事はとかく良いことばかりを思い出すものです。いつしか過剰に美化され、より高い理想を追い求めるようになります。

その結果、新しい恋愛をしてみても美化された元カレと比較してしまい、どうしても長続きしないというスパイラルに陥るんです。

こんな女性の脱出方法

過去の恋愛を思い出すとき、人はついつい幸せだったことばかりを思い浮かべます。しかしそれは、夢を見ているに等しいこと。現実とはかけ離れているということを自覚しなくてはいけません。

心を鬼にして過去の恋愛をもう一度冷静に思い返してみてください。嫌だったこと、悲しかったこと、腹の立ったことを思い出してみてください。必ずあるはずです。

世の中に完璧な男性など存在しません。必ず何か欠点があり、付き合っていればそれに振り回された経験だってあるはずなんです。

繰り返し思い出すうちに、「なんだ、そうだったんだ」と幻想の世界から抜け出すことができるでしょう。過去は忘れ、前へ前へと現実を直視しながら進むことです。

隣の芝生に目が行く欲張りタイプ

自分の彼氏のことを、友人の彼氏や、街中で見かけるカップルの彼氏などと比べて、「いいなあ」と思ってしまうタイプの女性です。こんなタイプのダメ恋愛脱出法を見てみましょう。

このタイプの特徴

このタイプの女性は、ひとことで言えば飽きっぽいという特徴があります。ついつい他人の彼氏と自分の彼氏を比較してしまい、隣の芝生のごとく羨ましいと思いがちです。

すぐに現在の彼氏に物足りなくなり、結果として長続きせずに新しい男性を求めることになりますが、これがダメ恋愛のスパイラルに陥る原因でもあります。

また、負けず嫌いの傾向がある女性もいて、友人の彼氏が素敵だと思えば、「私も負けていられない」とばかりに、妙なところで気合が入ってしまいます。

こんなことを繰り返すばかりでは、いつまでたっても結婚になど辿り着けません。

こんな女性の脱出方法

他人の物が良く見えるという心理傾向は多くの人に見られるものですが、みんな同じような気持ちを抱えているということを忘れてはいけません。

素敵だと思った友人の彼氏でも、彼女に言わせれば不満があったりするんです。周囲に目移りしている暇があったら、自分の彼氏の長所を見つける努力でもしてみたらどうでしょうか。

友人の彼氏にどうしても興味があるなら、友人に直接話を聞いてみてもいいかもしれません。思いもよらない彼氏の欠点や、不満なことなど、現実を知ることができるエピソードが聞けるでしょう。

上辺だけでは知り得ない裏事情を耳にすることで、今の彼との恋愛を大切にしようと思えるようになるかもしれません。

遊ばれ上手な恋愛依存タイプ

恋愛することが自分のブランディングにつながると思い込み、常に彼氏がいる状態を維持することだけに固執するタイプです。こんなタイプの女性のダメ恋愛脱出法を見てみましょう。

このタイプの特徴

彼氏がいなければ一人の女性として価値がないのではないかと不安にかられ、周囲の男性と安易に付き合おうとするタイプです。結果として自分を安売りすることになります。

これを繰り返すうちに、自分はそばに男性がいないとダメなんだと決めつけ、いつしか恋愛依存の状態に陥る可能性があります。

しかも周囲の男性からは軽い女性だとレッテルを貼られ、都合のいい遊び相手としか見てもらえないという悲しい状況になりがちなパターンです。

こんな女性の脱出方法

まずは、都合のいい女扱いをされているという現実を見つめることです。仮に一夜を共にした男性と付き合うことになったとしましょう。そのとき、次のデートは食事や娯楽だけにとどめておきます。

男女の営みにを期待していた相手は「これだけ?」とがっかりすることでしょうが、結局は自分のことを遊び相手としか考えていないという現実を確認できるはずです。

真の恋愛には切なさや寂しさが付きものです。見栄だけで彼氏を作ったところで、虚しいばかりで本当の幸せは実感できないということを知る必要があるでしょう。

自分の幸せを優先させる

自分が陥っている状況と一致するパターンは見つかりましたか?今現在、幸せを実感できていないなら、早々に恋愛観を改善することが必要です。

これらの多くの場合、自分が本当に望んでいる状況に背を向けて、ただただ今が正しいことなんだと思い込むということが悲劇を呼び込んでいるようです。

自分がどうすれば幸せになれるのか、ときにはこれを優先して考えてもバチは当たらないと思いませんか?