失恋から立ち直る心理学って?5つのデトックスステップのすすめ

shutterstock_145712618

失恋は死と同じ。大きな喪失感が伴います。この喪失感を克服し現実を受け入れるために、女性精神科医のクブラー・ロスは5つのステップを提唱しています。この理論は失恋を克服するのにも役立ちます。筆者の取材を交えて、恋愛に置き換えた効果的なデトックス方法をご紹介します。

第1ステップ:拒絶(Denial)…好きな気持ちに正直になろう

拒絶とは、現実を受けれたくない時期です。恋愛で言うと、別れを切り出されたけれど別れていないのではないかと本気で信じています。

「昔、彼は私を愛していると言っていたわ…」

と昔の言葉を思い出しては、まだ愛されている可能性を探っているとすれば、この段階と言えます。

そういう時は、それを全部書き出してみましょう。良い思い出に浸ることは悪いことではありません。元カレのことが「大好き」である気持ちがまだ体の中に残っているということなのです。その溜まったエネルギーを出し切りましょう。

頭で聞きわけ良くしようなどと思わず、心の赴くまま、自分に甘く、優しくしてあげるゆとりを持つことです。


第2ステップ:怒り(Anger)…溜めないで発散しよう

拒絶が過ぎると、今度は怒りが込み上げてきます。別れたのを人のせいにして、周りにあたってしまうなんてこと、経験ありませんか。

ささいなことで機嫌が悪くなったり、「あなたがこう言ったから」と、元彼だけではなく、身近な親や友人にまで火の粉が散る場合もあります。これに対して効果的な方法は、とにかく発散です。

もともと怒りっぽいAさんは、キックボクシングなど体を激しく動かすことで、安全に周りに迷惑がかからないようにしてうまく発散していました。

そこまで激しくなくても、部屋の片づけをして体を動かすだけでも、意外と気分をリセットできるものです。

友人Bさんは、悲しい映画を借りてきて、とにかく泣くそうです。

人の迷惑のかからないやり方で、自分に合った発散法を見つけましょう。

第3ステップ:取引(Bargaining)…客観的に話を聞いてくれる友人を見つけよう

この心理は、「なんとか別れない方法は無いか」とか「なんとかよりを戻したい」と思う時期です。本人はなんとかなると信じていますが、客観的に見れば、必死にわらをもつかもうとしている状態なのです。

こういう時は、気心の知れた友人が審判役になってくれます。なるべく彼のことを知らない人が良いでしょう。友人は客観的な立場から話を聞いてくれます。また一から話すことで、自分の頭も整理されます。友人の感想は素直に聞くことです。

Cさんは、自然消滅状態の彼氏について友人に話しました。自分では関係が続いているつもりでも、友人は「それって付き合ってるの?」とずばり。

納得のいかない彼女は、他の友達に会って同じ話しをしましたが、同じような反応が返ってきました。何人か話したあとでCさんは、ようやく「この恋愛はもう終わっているのではないか」と考え始めました。

勿論、あまり友人に求めすぎるのも良くありません。解決策を求めるのではなく、あくまで二人の今の実態に気付く機会と捉えましょう。

第4ステップ:抑うつ(Depression)…一人の時間を大切にしよう

未練を乗り越えると、よりを戻せない現実を目の前にし、自分を無力と感じ始めます。これは最後の山場、抑うつの時期に入っています。

この時期はとてもセンシティブになりがちです。例えば、友人といても気を使ってもらっているのが嫌になったり、疲れたりすることも。

そういう時は、おとなしく心地よいゾーンで一人でいるのがおすすめです。この時期は、ヒーリングを体験してみるのも良いかもしれません。

例えば植物やクリスタルなど、いわゆる癒し系グッズを買ってみたり、ポジティブになれる本を読むのも良いでしょう。

また、美味しい食べ物を食べたり、熱いお風呂に入ってリラックスするなど、自分へ何かご褒美をあげましょう。

次第に活力が戻ってきます。ゆっくり自分に時間をかけてあげましょう。

第5ステップ:受容(Accept)…もう一度誘われても、断れるかが卒業試験

抑うつ状態を過ぎると、ようやく別れたことを受け入れます。一つの目安は、ここでもう一度元カレから連絡あっても「もう会わなくてもいい」と思うかどうかでしょう。

恋愛は魔法です。魔法が切れた彼は、ただの人。そう思えたら、あなたは一つの恋愛を卒業したと言えるでしょう。

失恋を乗り越えて、新しい恋愛を迎えよう

これらのステップは、どの順番から始まっても良いそうです。人には自然治癒力が備わっているといいます。心の傷は癒え、やがて楽しい思い出だけが残り、傷跡は人生の勲章になるに違いありません。

一皮むけて次の素晴らしい恋愛を迎えるためにも、過去の恋愛を感謝の気持ちとともに手放しましょう。