シャイで内気な男性をあなたのものにするためのアプローチ

シャイで内気な男性をあなたのものにするためのアプローチのイメージ画像

アナタが今片思いしている相手は、とてもシャイで内気な男性。話し掛けてもなかなかノってこないし、向こうから話し掛けてくることはめったにない。これでは彼と仲良くなるのも、アナタの気持ちを伝えるのも難しいですよね!

かといって急にアナタから強引なアプローチをかけてしまうと、彼はまるで野獣に追われる草食動物のごとく逃げ去ってしまうでしょう。

ではいったいどうやって彼に近づけば・・!?それにはあるポイントがあったのです。それは

  • 急がず焦らず
  • 同じ行動を根気強く
  • 彼の手を取って行動をリードしてあげる

これらのことがとっても大事なんです。それを踏まえた上で、彼へのアプローチ法を考えていきましょう。


彼の外見・持ち物を褒めてみる

オーバーに褒める必要はありませんが、彼の外見で特に魅力的な部分、もしくは彼の持ち物で目立っている部分を褒めてあげましょう。

内気な彼ですが、自信家かもしれませんしそうでないかもしれません。しかし自分から語らないだけで、結構こだわりが強い男性が多いもの。他の人から発見されると内心嬉しさを覚えるようです。

「うわー!!すごい!」「カッコいい!」と普通の男性が喜びそうなキャピキャピした褒め方はNG。嬉しい気持ちよりも煩わしさの方が勝ってしまうでしょう。

さりげなく静かに、「それ、いいね」と褒められれば一気にアナタへの意識が強くなるかもしれません!

最初のうちは彼の反応も薄く、良いリアクションはしないかもしれませんが、ことあるごとに褒めてあげればだんだん心を開いてくるようになり、自分のこだわりを聞かせてくれるかも。あまりしつこく褒めずに、サラッと伝えることを心掛けましょう。

挨拶を欠かさないように

そこから世間話に持っていく必要などありません。ただ、彼と顔を合わせたら「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」と挨拶するだけでいいのです。

時には「今日は天気がいいね」なんて軽く振ってみるのもいいでしょう。彼からの反応が無かったり薄かったとしてもめげないで!

根気強く続けていくことで、いつも挨拶してくれるアナタの存在が彼の中でだんだん大きくなりますよ。もしも会わない日があったりでもしたら、思わずアナタの事を思い出してしまうかもしれません。

そこで強引に長い世間話に持っていこうとすると、彼はストレスを感じて逃げてしまいます。声を掛けるのは挨拶と気の利いた一言に留めておきましょう。

彼を目で追ってみる

彼がアナタとの会話にも少し慣れてきたころに、アプローチをかけましょう。言葉や行動ではなく、まずは目線で彼に対して気があることを伝えます。

彼をつつーっと目で追って、目がバチッと合えばニッコリ微笑んであげましょう!首をかしげて「どうしたの?」とジェスチャーするのも可愛げがあってGOODです。

彼は最初は無反応か、軽く会釈するかといった具合にほぼノーリアクションで返してくる場合がほとんどですが、回数をこなしていくうちに目線があった瞬間目を逸らしたりするようになります。

ここまでくるとアナタの気持ちが彼に伝わりつつある証拠!彼もアナタに対して意識し始めているのです。

慣れてきたら集団の中で目を合わせてみたり、彼にだけ手を振ってみたりしましょう。周囲にアナタの気持ちがバレても良ければオススメです。

集団の中で彼にだけ特別な目線を送ることで、アナタが彼に好意を持っていることはいくら内気な彼にでも伝わります。

また、周囲にアナタの気持ちが伝わることで、内気な彼に対して皆の働きかけが生まれるのです。まさに外堀を埋めていく作戦です!

内気な男性は特に気の合う同性には相談などをよく持ちかけたりするので、彼が信頼する友達を味方につければ、彼の背中を押してあげる良い役になってくれることも!

デートはアナタから!

さて、いよいよ彼とデートに行きたいところですが、いくら待っても彼からのお誘いがありません。それは当然、彼が内気であり奥手だからです。

もし自分から誘って断られでもしたら・・今までの思わせぶりな態度はひょっとしたら嘘なんじゃないか・・彼の頭の中には、そんなマイナスな思考が渦巻いているのです。

そんな彼にはアナタからデートにお誘いするしかありません!でも、ストレートに「デートしましょう!」と誘うのは彼も尻込みしてしまうもの。

デートの口実として、「なんとなく暇だから買い物に付き合って!」「ちょっと相談事がある」といった内容でお誘いすれば、彼に多大なプレッシャーを与えずに済みます。

どちらも、「アナタと面と向かって楽しい時間を共有したいの!」というアナタの強い気持ちが伝わりにくい誘い方ではありませんか?

そうです、それこそが彼にとって安心するお誘い文句。「自分が彼女を楽しませなければならない」という重荷から解放されて、素の自分でアナタと過ごすことが出来るのです。

しかも、誰を誘ってもよさそうな内容なのに、自分が選ばれた・・という優越感も彼に与えることが出来ます。

あくまで彼にリード権はありません。渡してしまったとして、きっと彼は慌てふためくか呆然としてしまうでしょう。リード権はあなたにあるのだということをお忘れなく!

「○○してもいい?」で彼の同意をあおって

内気な彼に、ああしよう!こうしよう!とグイグイ意見を押し付けるのはNGです。それで推し進めてしまった場合、アナタ一人の意見だけでどんどん話が進んで行き、彼が置いてけぼりになりがちです。

そうならないために、アナタから彼に同意を得ることが大切。例えば、「LINEのID交換してもいい?」と聞かれて「いいよ」と答えたほうが、彼の意思でアナタのIDをゲットしたという実感に繋がります。

告白の仕方としても、「好きです!」と言われるより「好きになってもいい?」と言われた方が、彼にとっても落ち着いて返事が出来るのだとか。

グイッと彼に接近してしまう前に、一歩下がった状態で彼に気持ちを確認するようにしましょう!アナタの熱意に流されたという感覚が弱くなり、自分でアナタを選んだという気持ちが強くなるのです!

アナタから積極的にアプローチしつづけると彼が息苦しくなってしまいます!
根気強く小出しのアプローチを!彼のリアクションや返事を待つ・もしくはアナタから質問してあげることで、ゆっくりと彼との愛を深めていきましょう。

勇気を出して徐々に自分をさらけ出していく彼を長い時間をかけて受け止めてあげましょう。彼からの信頼を得ることが出来れば、強い愛情で結ばれたカップルになれますよ!