すれ違いの原因は恋愛観の差だった!知っておくべき男女の違い

1

どんなに長い付き合いのカップルでも、ときには心のすれ違いは起こるものです。この恋愛でありがちなすれ違いの原因の多くは、相手が何を考えているのかわからないということではないでしょうか。

そこには男女の恋愛観の違いが影響しているんです。そこで、知っておくべき男女の驚くほど違う恋愛観についてご紹介していきましょう。

相手に対する採点方法が違う

1
男性が女性を評価し採点する場合と、逆に女性が男性を評価し採点する場合とでは、正反対の考え方をする傾向があることが統計で明らかになっています。

男性は加点方式を採用?

男性は彼女に対する評価を加点方式でする傾向があります。

恋愛対象のハードルが女性に比べて低い男性は、相手の良い部分を見つけては加点していく、もしくは「したがる」のだと言われています。

「料理が上手」「指がきれい」「シャンプーの香りがいい」など、少しずつ相手の良い部分を探しては加点していきます。無意識に相手の女性を好きになろうと努力しているのかもしれません。

ただ、そんな傾向の反面、第一印象で徹底的に最悪な印象を受けた女性に対して、男性は決して恋愛感情を抱かないとも言われます。つまり加点の対象ですらないんです。

女性は減点方式を採用?

女性は彼氏に対する評価を減点方式でする傾向があります。

そのため、付き合っている男性の悪い部分を見つけては減点していき、猛アタックしてゲットした相手であっても、「なんだ、こんなもんか」となってしまうんです。

ところが、こうした傾向の反面、女性は相手の男性の第一印象が最悪であっても、なにかのきっかけで恋愛対象に変化することがあります。

女性は男性より、異性のことを長い目でとらえることができるようです。

恋愛相手に求める理想が違う

2
男女の考え方の違いは、恋愛相手に求める理想にも大きく表れます。これを男女別にランキングして比べてみると次のようになります。

男性が求めるポイント
1位 顔がかわいい
2位 優しい
3位 自分より背が低い
4位 笑顔が魅力的
5位 性格が明るい
6位 会話が楽しい

女性が求めるポイント
1位 自分より背が高い
2位 優しい
3位 思いやりがある
4位 スポーツマン
5位 性格が明るい
6位 会話が楽しい

男性が女性に求めるのは容姿にかかわるものが多いのに対し、女性が男性に求めるのは内面にかかわるものが多いようですね。上位には「イケメン」のイの字もありません。

男女で気持ちのピークが全く違う!

「男性は熱しやすく、女性は熱しにくい」と言われます。つまり、男性の恋愛感情はピークに達するまでの時間が早く、女性の恋愛感情はじっくり時間をかけて盛り上がります。

これは、男性が主に視覚から得た情報で瞬時に女性を判断するのに対し、女性は相手の男性と心身ともに親密な関係になってからピークを迎えるという傾向の表れです。

ある統計によれば、男性にとって恋愛対象になる女性の割合は、全女性の8割にのぼり、女性にとって恋愛対象になる男性の割合は、全男性の2割程度だと言われています。

男性の恋愛感情がいかに短期決戦であり、女性の恋愛感情がいかに長期型であるかということが見て取れる結果だと思いませんか?

こんな本能からでしょうか、男性はアタックした相手に脈がないとわかったり、彼女に興味がなくなると、急速に気持ちが冷めていく傾向が強いようです。

気になる男性からの誘いには、焦らしたりせず、即応じるのが無難なのかもしれませんね。

ちなみに、男性向けのマニュアルを見ると、好きな女性を誘って2回断られても、3回目の誘いをかける男性は恋愛に成功する可能性が高いとされています。

これも恋愛までに時間をかける女性の傾向を物語っているのでしょう。

会えない時間の心の変化

3
仕事や遠距離など、何かの事情で相手に会えない期間が続いてしまう場合、男女の心の変化には正反対の違いが生じます。

男性は、彼女に会えない期間が長く続くほど、「会いたい」という感情が膨らんでいきます。彼女との間に距離や生涯が生じている現状に耐えることが難しいんです。

ところが女性は、彼氏と会えない期間が長く続くほど、「会いたい」という感情が薄れていきます。そのため、恋愛関係が自然消滅することさえ受け入れてしまうんです。

そのくせ、彼氏と長時間を一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、その日の別れが惜しくなり、なかなか別れられないのも女性の特徴です。

男性の場合はと言うと、その日の別れはすんなりできるくせに、会えない日が長期間になると無性に会いたくなってしまうんですね。

この心情の変化の違いを考えると、そもそも恋愛とは難しいものだと思わずにはいられませんね。

男女の脳の違いは、仕事の仕方にも表れる

3
基本的に多くの男性がいっぺんに1つのことしかできないのに対し、女性はいくつかの作業を同時にこなすことができます。

「テレビを観ている最中に話しかけたら彼氏に怒られた」なんてエピソードをよく耳にしますが、このような男女の違いが原因だと言えるでしょう。

つまり男性は、1つのことにしか集中できず、その最中に妨げられるとイラッとしてしまうんです。同時進行型の女性には、こうした男性の心理がなかなか理解できません。

仕事に集中している男性には、この性質が顕著に表れます。忙しいときには仕事に集中するあまり、彼女のことを考えられず、結果的にほったらかしにしてしまいます。

仕事を理由にデートをドタキャンする理由には、こうした背景が影響しているんです。中にはたんなる言い訳として仕事を持ちだしているだけの男性もいますが…。

一方、女性はどんなに忙しくても恋愛をそっちのけになどしません。男性とは逆に、忙しくてストレスが溜まるほど彼氏に会いたくなるものです。

恋愛を自分の楽しみとして、仕事や生活の励みにしているのが女性の特徴と言えるでしょう。

男性は不言実行派が多い!

多くの日本人男性は、女性に対する好意や愛情を言葉で伝えることが苦手です。それに対して、「好き」という言葉を口にすることができるのが女性です。

ネット上を検索すると、彼氏が「好き」と言ってくれないことに悩んでいる女性が多いことがわかります。でもこれは、多くの男性の傾向から仕方のないことでもあるんです。

しかし、言葉で伝えるのが苦手な代わりに、男性は行動で愛情表現をするものです。本来は面倒なはずのメールの返信をこまめにし、忙しくても会いに行くなどの行動がそれなんです。

男性が行動することで愛情表現する生き物であると理解しながら観察すれば、彼の行動のあちこちに愛情を感じることができるようになるはずです。

男性は1人でじっくり、女性は皆で考える

悩み事や問題が発生したとき、男性が1人で解決しようとするのに対して、女性は彼氏に相談したがる傾向があると言われています。

彼氏が何かに悩んでいたり落ち込んでいる様子のときに、「どうかしたの?」「何かあったの?」としつこく聞き出そうとして、イラッとされるのはこのためです。

彼氏がこのような様子を見せている場合には、彼のほうから何か言ってくるまでそっとしておくのがベストな対応だと言えるでしょう。

これに対し、女性の場合には悩みや問題が生じると彼氏に相談しようとします。多くの女性、とくに若い女性は、1人で悩みを抱え込むのが苦手だからです。

でもどうやら、アドバイスを求めるというより、愚痴を聞いてほしいだけということのほうが多いようですね。

恋愛観は成長度合いで変わる

4
いかがだったでしょうか?これまでご紹介した内容をまとめてみましょう。

  • 男性は相手の良い部分を見つけたがり、加点方式で採点する
  • 女性は減点方式で相手を採点し、恋心が萎えることが多い
  • 恋人の理想について、男性は外面、女性は内面に求める傾向がある
  • 男性は熱しやすく、女性は冷めやすい
  • 長期間会えないと、男性は会いたくなり、女性はどうでもよくなる
  • 男性は1つのことにしか集中できない
  • 男性は行動、女性は言葉で愛情表現する
  • 男性は悩みを1人で解決しようとし、女性は相談しようとする

生物学上、脳の作りが異なるとされる男女のこと。恋愛観や価値観が違うのはどうしようもないことですね。互いに理解し合うしかありません。

ちなみに、男性が理想とする女性像は、精神的な成長度合いのバロメーターでもあるそうです。成長度合いの低い順に並べると、次のようになります。

  • 母親代わりになる存在
  • 性的欲求を満たす存在
  • 恋愛感情を満たす存在
  • 精神的なものを捧げたい存在
  • 知性の豊かな存在

彼に理想の女性像について質問してみれば、人間としての成長度合いが試せるかもしれません。1人の男性でもある彼のことを理解することにも役立つと思いますよ。