やきもち焼きな女性必見!片思い中のジェラシーを紛らわす方法

shutterstock_100838053_

女性は好きな人ができると誰でも他に彼女ができてしまわないか、なんて常にハラハラしてしまうのは仕方がありません。しかし付き合っている男性に焼くやきもちと、片思いの男性に焼くやきもちって決して同じものではありません。

付き合っている彼氏にやきもちを焼くことは、いわば彼女の特権とも言えるのではないでしょうか。しかし片思いの男性にやきもちを焼くという行為はいささか腑に落ちない雰囲気が漂っているのは気のせいではありません。

やきもちで一番怖いのが、まだ自分と関係を持っていない相手に対して異常なほどにジェラシーを燃やしてしまうことです。

やきもちというジェラシーは次第に熱を帯びていき、終いには暴走行為へと発展してしまう恐れがあります。

そうなってしまうと男性に気持ちを伝える前に嫌われてしまうので片思い中のやきもちをコントロールできるかできないかでこの恋愛の行く末が決まってしまうのです。

ではなぜ片思い中の過剰なやきもちが問題なのでしょうか。

はっきり言って迷惑

好きな男性が感づいてしまうほどのやきもちというのは、相手にとって大変な迷惑行為なので感づかれてしまってはいけません。

彼女のような立ち位置になってしまう

過剰なやきもちを焼くことで、彼女でもないのに彼女であるかのような激しい感情の起伏が自分自身をより一層勘違い行為へと誘ってしまいます。

好きな男性の事を思うばかりに自分の現実的な立ち位置を見失ってしまってはいませんか?!

やきもちの度が超えると彼への憎悪に繋がる

度が過ぎるやきもちというのは、一線を越えると相手の男性へ憎悪の気持ちが湧いてきてしまいます。これは自分をこんなに苦しめる相手の男性への気持ちのやり場が本当に本人へと向いてしまった結果です。

ここまで来てしまうと好きな人であるにもかかわらず、嫌がらせ行為を働いてしまったりする危険性が出てきます。

やきもち焼き女の特徴って?!

ではそんな激しいやきもちを焼く女性というのは一体どのようなタイプの人なのでしょうか。ここでは過剰なやきもちに走ってしまう危ない女のタイプをご紹介します。

男性関係の少ない女性同士でつるんでブラック女子会を夜な夜な開く女

皆さんは人の悪口ばかりを話すブラック女子会ってご存知ですか?!過剰なやきもちを焼く女性は男性との交わりが少ない割に、似たような女友達と男の悪口を常に酒の肴にしているような女性です。

好きな男性をアイドル化する女

好きな男性に対してまるで有名俳優や人気アイドルかのように敬うようなコメントをする女性がいます。友達と好きな人の話題をする時に、「○○様」「○○王子」や、面識もないのに下の名前で呼んで好きな人の話をする女性がいます。

これはまるで有名人のファンかのような錯覚を受けるのですが、実際に好きな人が自分と同じような一般女性とお近づきになると異常なほどのやきもちを焼きます。

そしてそのやきもちは好きな人の周りにいる女性をボロカスにけなすことで発散されるのです。

妄想癖のある女

やきもちの主な原因というのは自分の中で作り上げた好きな人のあるべき理想像が裏切られる度に増えて行きます。

妄想をする癖がある女性は現実を受け入れられずに好きな人がいるにもかかわらず、自分の頭の中で作り上げた理想に恋をしています。

その理想と実際の人物のギャップを見たらどんどんこんなはずでは無い、自分の世界へと引きこもってしまいます。好きな人を取り囲む女性関係も実際はただの友達であっても、自分の中ではみんな彼の事が好きだと決めつけてしまっています。

もはや現実の好きな人に恋をしているのではなく、自分一人で物語を作ってしまっているのです。

やきもちが許されるのは1%の可愛い子のみ?!

過剰なやきもちを焼くと相手の男性にかなり不快な思いをさせてしまいます。しかし時には例外もあり、誰もが認める可愛い女の子のみそれが許されるのです。

それ以外は全く関係の無い所から出た煙のようなもので、相手の男性への迷惑行為という分類にされてしまいます。

時にはストーカーだと訴える男性もいるので自分の気持ちのコントロールをしっかりできないと犯罪行為へと繋がってしまうのです。

自分をも苦しめて好きな男性に迷惑もかかってしまう過剰なやきもちはどうすれば改善できるのでしょうか。

ここでは好きになり過ぎてしまう女性のための、やきもちを軽減するノウハウをご紹介します。手遅れになる前にぜひ一読してみてください。

自分のモノでは無い!と自分自身に言い聞かせよう!

やきもちを焼く気持ちの根源にあるのは、「知らず知らずのうちに好きな男性を自分の心の所有物にしてしまっている」ことが原因です。

これは一見かなり図々しい行為とも取れるのではないでしょうか。彼氏でもない男性を勝手に自分のモノのような気持ちで見てしまう、なんとも自分本意な感情であります。

やきもちと一言で聞くと可愛いですが、その裏には女性の身勝手な図々しさが隠れているのです。なのでやきもちを焼かれると男性は不快な気持ちになってしまうのです。

まずは自分の中で謙虚な姿勢を作り上げることが大事です。好きな人を心の中で強く思うことは誰にでも与えられた自由ですが、好きな人であるからこそ穏やかな気持ちで見つめてみましょう。

きっと血が滲むような黒い感情がスッと抜けていくでしょう。

ネガティブな女友達とつるまない

恋愛話は女性にとって欠かすことができないライフワークです。しかしそんな大事な事を間違った相手としていませんか?!

女性というのは常にお互いを刺激し合い影響しあって生きています。そんな大事なツレ選びを間違えると女性はすぐに影響されてしまいどんどん負の道をたどってしまうのです。

常に人の悪口やネガティブな意見をいうような女友達と一緒になってブラック女子会を楽しんでいるようではいつまで経っても過剰なやきもちからは解放されません。

ブラックな女友達というのはとても根が深く一度足を突っ込んでしまうとなかなか抜けることができません。自分の好きな人の悪口をいうような女友達とは少し距離をおいて、度が過ぎるやきもちを焼かないような友達付き合いにチェンジしていきましょう。

好きな男性本人から聞いた事以外は信じない

やきもちの原因の中には過剰な妄想による勘違いがあると説明しました。好きな人の情報集めや妄想を膨らませて確かでない事に気をもむのは止めにしましょう。

やきもちは自分が作りだした好きな男性のあらゆる虚構の情報によって成されています。そんな不確かな物に自分の感情を左右されていたのでは身がもちませんし相手の男性にも非常に失礼です。

好きな人ができたら周りからの意見に惑わされずに「好きな人から直接聞いた事以外は信じない」というスタンスを持ちましょう。

これによって好きな男性への忠誠心や信頼も生まれ、余計な感情の起伏を抑えることができるからです。好きな人だけを信じる、というまっすぐな気持ちがやきもちを招かない薬となるのです。

まとめ

過剰なやきもちは好きな人との関係を壊すと同時に自分自身をも破壊していってしまいます。そんな悲しい結末を繰り返していてはまともな恋愛、ましてや人間関係すらも作れるようにはならないのです。

好きな男性へのやきもちで何も手がつかなくなってしまう女性はぜひ過剰なやきもちを紛らわす方法を試してみてください。

きっと今までには得られなかった男性との関係を手に入れることができるでしょう。