恋愛は余裕がないと続かない!女がさぼって良いことダメなこと

5

彼氏と過ごす楽しい日々。「いつも綺麗でいたい」「料理やインテリアにこだわるイイ女でいたい」と、気付けばキャパオーバーで疲れていませんか?

本当にイイ女は自分にもリラクゼーションを与えています。手を抜いて良い所、ダメな所を学んで、余裕があるイイ女になりませんか?

理想には程遠い?あなたの生活に余裕はありますか

「余裕がある女はモテるってよく聞くけれど、それって付き合ったり結婚するまでのテクニック的なものじゃないの?じゃあすでに彼氏がいる自分は何もしなくていいのかな、わざわざイイ女を演出しなくても彼氏いるし」

なんて思いがちですがオンナの余裕の必要性って、なにも彼氏をつくるためだけにあるわけじゃないんですよ!

「いかに自分をリラックスさせるか」
本当に大切なのはこっち。どういうことなのか、ちょっと覗いてみましょう。

理想と現実とのギャップはよくある話

あるステキ女子の記事を読みました。

最近は仕事も忙しいので帰りが遅いことが多いです。けれど部屋にいつ彼氏が訪ねてきても大丈夫なように掃除は毎朝欠かさずしてますね。朝1時間早く起きるだけで済んじゃいます。

食事ですか?毎日帰ってから自炊してます。え?ぜんぜん凄くないです、適当なものばかりですよー(笑)

休日は早朝ヨガで汗を流してデトックスしたあと、一度帰って着替えてから彼氏とデートって感じですね。

むりむり!!そんなに毎日きちんとやってられませんよ!現実はと言えば、仕事のストレスでよろよろと帰宅、もちろん料理する体力なんて残っていないので近くのコンビニで弁当と飲み物を購入済みです。

ここ最近は疲れて掃除もそこそこ、少々散らかり出したリビングでテレビをつけてモソモソ食事。そのままダラダラと横になりテレビ鑑賞。

うとうとする自分にムチを打ってシャワー浴びて寝よ、と立ち上がると彼氏から「今から行っていい?」とメール。え、ウソもう最寄駅なわけ?

部屋は汚いし疲れてるしで何を繕うにもタイムオーバー。あぁ今日も嫌とは言えないワタシ・・・。
これがリアルじゃないでしょうか。

余裕がないのは仕方ないこと

わたし達だって働いているのですから、自由な時間は限られています。朝早く起きて掃除もいいけれど、それなら1分でも長く寝ていたいのです。料理だって嫌いじゃないけど仕事帰りの自炊は辛いのです。

平日は毎日仕事でクタクタなんですから、休日くらいはたっぷり寝て、午後からは溜まった家事を片づけるので手いっぱいになるのも仕方ない。

素敵な自分を演出するために貴重な睡眠時間を削ったり、リラックス空間にこだわり過ぎて疲れが取れないなんて本末転倒です。

簡単にリラクゼーションを手に入れる方法

それでも内心、冒頭にあったような「毎日充実してる女子」になれたらいいのにな、と思うことがありませんか?

自分の身の回りのことをきちんと整えておくと、気持ちに余裕ができて自信がついたり人に対して優しくなれたり、そんな効果があるのも確かなのです。

限りある時間を全て潰すことなくリラックス空間をつくりたい!そんなあなたにサボリのテクニックを紹介しましょう。

曜日ルールをつくって負担を減らしてみる

掃除、料理、洗濯を曜日で管理してみましょう。例えば月水金が掃除の日。火金でまとめて洗濯。日曜日に常備菜を3種類作る。

やるべきことは1週間で片付けるようにして、1日の負担を最小限に抑えるましょう。ちょっと散らかしても掃除の日までは放っておく!これが手抜きポイントです。

そして土曜日はしたいことだけできる丸々オフの日。金曜日までに掃除と洗濯を片付けておいて休みを迎えたときの開放感はクセになりますよ。

散らかった自宅から逃避

前述の曜日ルールが習慣になるまでは、彼氏であっても家に招かないのがベターです。多少の散らかりなんて気にならないよ、なんて言葉を鵜呑みにしてはいけません。自分はどうであれ、彼女には綺麗好きでいて欲しいのが彼の本心ですから。

そんな時は彼の部屋に遊びに行くことで回避!これが手抜きポイントです。多くの男性は面倒くさがり屋ですから、彼女の方から来てくれるのは大歓迎なはずです。ちょっと手土産でも買っていけば尚良し。気遣いのできる彼女になりきりましょう。

ただしくれぐれも通いつめることのないように!5回に3回は彼の部屋でもOKですが1回は外デートを楽しんで、そして1回はあなたの部屋で過ごすくらいの配分がいいですね。

オンナ磨きは飲み会で

そして最後に、あなたが魅力的でい続けるためにオススメしたいこと。気がつけば毎日が仕事か彼氏か、だけになっていませんか?

ここはひとつ重い腰をあげて、少なくとも月に1度は複数メンバーでの飲み会に参加しましょう。彼氏持ちなのに友情も大切にできる女性は評価が高いものです

異性がいれば「どう見られるか」を気にするでしょうから美意識が高まりますし、女友達ともファッションやメイク、恋愛話で盛り上がって自分に刺激を与えることができます。

限られた時間を有効に使うために

余裕がない毎日を送らないために、簡単に解決できることをお伝えしました。

ポイントは手を抜くイコール何もしないではダメということ。ちょっと工夫して少しでも自分の気持ちを楽にしてあげる。これが習慣になれば、自然と気持ちにゆとりが出てくるでしょう。

そうすると、自由な時間をもう少し何かに使ってみようと欲が出てきます。それがまた習慣になって・・・の繰り返しです。いきなり完璧を目指すのではなく、無理せずちょっとずつ理想に近付いていきましょう。