あなたも当てはまってない?彼氏ができない残念女子の特徴とは

40shutterstock_189475316

今の世の中、非常に『草食系の男性』が増えています。ですので、待っているだけでは彼氏が出来ない事も多いですよね。ただし、草食系うんぬんは抜きにしても『彼氏が出来にくい女性の特徴』というものはあるものです。

中にはとても美人であるのにも関わらず、全く男性と縁がない女性も多いんですよ。当然のことながら、そういう女性の場合、彼氏が出来ない原因はルックスではありません。ズバリ、内面です。

世の多くの男性が「彼女にしたくない」と考える女性の特徴を抑えておいてください。そして、思い当たる箇所が1つでもあるのならば、即座に改善していくことです。そうすれば内面が原因で彼氏が出来ない『残念女子』からは卒業できますよ。


残念女子の特徴その1:自称・面白人間

男性にも女性にも『自称・面白人間』はいます。自らが周囲を笑わせようと頑張る人達ですね。10代前半の男性ならばクラスの主役になれるような存在です。面白い……というか、自らが体を張って笑いを取りにいく人達が一番輝けるのが、この時代ですね。

しかし、この黄金時代は長くは続きません。たとえ男性であろうとも10代後半あたりからは『面白い人』よりも『カッコいい人』『頭が良い人』『何かを持っている人』に女性からの人気はシフトしていきます。

大人になればなる程、自称・面白人間の価値は暴落していきます。それよりも別の意味で面白い人が、もてはやされていくんですね。つまりお笑い芸人のような面白さではなく、『一緒にいて面白い人』の価値の方が高まっていきます。これは男性でも女性でも一緒です。

恋愛にお笑い要素は必要ない

とくに女性の場合、お笑い要素はマイナス要素にしかなりません。本人はキャラが濃いつもりなのでしょうが、男性目線で見た場合、『恋愛対象外』になってしまうことがほとんどです。

まとめてみましょう。

  • 男性ですら、お笑い要素で異性の気が惹けるのは10代前半まで
  • とくに女性にお笑い要素は求められていない
  • そもそも自称面白人間が本当に面白いのは、稀
多少厳しいことも言いましたが、お笑い系の女性は本当に需要がありません。もしも本当に「需要がある」と信じているのであれば、お笑い芸人でも目指せば良いんですよ。

残念女子の特徴その2:話し方に問題がある

続いて紹介するのは『話し方』です。まったく同じようなルックスをしていたとしても、話し方1つで女性のモテ方は大きく変わります。

とくに残念女子に多く見られるのが、話し方で損をしているパターンです。では、どのような話し方が男性陣の気持ちを萎えさせるのでしょうか?

  • 滑舌が良すぎる
  • やたら早口である
  • 人の話を遮って自分の話をしようとする

話し方で損をしている女性には、このような特徴があります。

滑舌の良さは可愛く無い?

1つずつ紹介しますね。まず『滑舌の良さ』は、1人の社会人としては『良し』とされていますよね。

だから真面目な女性は、その話し方が良いもの、と感じてしまうかもしれませんが、恋愛という面で見るとあまり魅力的ではありません。しっかりしすぎている印象を男性に与えてしまうからです。
「守ってあげたい」「俺がなんとかしなくちゃ」なんて思われるはずもなく、「あぁ、あの人は1人で生きていける人でしょ」なんて思われてしまうのが積の山です。

ただ、滑舌の良さは本来は長所です。その事は忘れないでください。恋愛にかぎっていえば、という条件付きの話ですからね。滑舌の良さを失いたくない人は、声の大きさを少し小さめで話す事を意識してみると良いです。

頭が良い人は要注意!

続いて紹介するのが『やたら早口の女性』ですね。これは相手に威圧感を与えてしまいます。つまり怖がられてしまうという事です。これは頭の回転が早い人が陥りがちなので気をつけてください。

これは論外!話を聞かない人

最後に紹介するのが、人の話を遮って自分の話をしようとする人です。ええ、これは人の話を聞かないタイプの人ですね。女性だからというわけではなく、男性でもこのような特徴の人は人間関係に苦労します。

誰だって『人の話を聞くよりも、自分の話をしたい』という欲はあります。しかし、それを実行してしまっては駄目なんですよ。話し上手のつもりなのかもしれませんが、本当に話し上手の人は、こういう印象を相手に抱かせません。きちんと相手の話も聞くからです。

会話はバランスが最も大切です。5:5のバランスを意識するのではなく、3:7で自分が話す……そのくらいのバランスを心がけると良いですよ。

話し方に問題がある人への改善策は以下の通りです。

  • 滑舌が悪くなるように意識する、もしくは声を小さくする
  • 自分でも呆れるくらいゆっくり話す
  • 会話のバランスは3:7を目指して、相手により多くの言葉を話させる

これらを意識するとモテる女性の話し方に近づきます。

残念女子の特徴その3:女子会がやたら多い

女子会……まぁ楽しいのは認めます。男共がいない所で「あーだ、こーだ」と好きな事を言っているのですから、楽しくなかったら嘘なんですよ。問題は集まるメンツです。たとえば、あなたの女子会のメンツにこのような特徴があれば要注意です。

  • 彼氏のいる女性がほとんどいない
  • 既に家庭に入っている女性が多い
  • 同性から見ても「下品」と感じる女性が多い

このようなメンツで行われる女子会は、あなたの女子力を損なわせてしまうだけです。今後はよくよく考えて参加するようにした方が良いですね。

と言っても、これだけでは説得力が足りないでしょう。何故、そのような女性達に囲まれての女子会があなたを駄目にしてしまうのか、お話しします。

女性は影響を受けやすい生き物である

基本的に男性はモテる男同士でつるみます。モテる男の友人はモテる男が多く、モテない男の友人はモテない、これが普通です。しかし女性は違いますよね。モテる女性もモテない女性も同じグループにいる事も決して珍しくありません。

だからグループの作り方としては、男性よりも女性の方が理想的なんですよ。様々な角度の意見が聞けて、自分自身の成長に繋がりやすいからです。

しかし、同時に女性は『周囲に影響を受けやすい』生き物でもあります。今のあなたにあてはめると、当然女子会メンバーの影響を強く受けています。

これはもう否定しても仕方がない事実だと受け止めてください。あなたは女子会メンバーの影響を強く受けているんです。

モテないのが当たり前にならないために

さて、そのメンバーに『女性としての魅力』が欠けているとしたらどうでしょうか?

彼氏がいないの事が当たり前、話題の中心は家庭のグチ、品の欠片もない言動……そのような環境で多くの時間を過ごしていると、それがあなたにとって『当たり前』になってきてしまうんです。

彼氏がいなくても危機感を感じなくなり、結婚の夢よりも現実を見せつけられます。最悪なのは品の無い友人と一緒にいると、あなたの品まで損なわれてしまうかもしれません。

「友人はよく選べ」とは、よく言った者ですが、あなたが「楽しい」と感じる女子会のメンバーこそ、もっとも選んで欲しいものです。

女子会が楽しくなってしまうと「恋人との楽しさはなくても良いかなー」とも考えてしまいがちなんですよ。

仮にあなたが「私は女子会があれば、生きていける!男なんていらない!」と考えていたとしても、他の友人が同じように考えているとはかぎりません。

いつの間にか、1人だけ置いてけぼりにされていた……なんて事にならないように気をつけてくださいね。

残念女子の特徴その4:やたら頑張っている

頑張っていることは決して悪い事ではありません。しかし度を超してしまうと、女性としての魅力を損なってしまうのも事実です。『頑張る』と一言で言っても、色々な頑張り方がありますが、とくに男性側に敬遠されてしまう頑張り方をいくつか紹介しましょう。

  • 仕事で頑張り過ぎている
  • リア充アピールが凄い
  • 男が欲しいアピールが凄い

この辺は、かなりの高確率で男性陣がドン引きします。つまり恋愛対象外になりやすいのです。

時には仕事が原因でモテない時もある

まず、仕事で頑張り過ぎている女性ですね。これは単純にプライベートの時間がなくなってしまいがちだからです。どのような恋愛でも一番肝心なのは『出会った当初』ですよね。

しかし、男性の方があなたに近づいてきても、なかなかデートの予定が合わなかったり、仕事の都合でキャンセルされたりしてしまえば、せっかく芽生えた恋心も萎えてしまいます。体の良い断りに聞こえてしまう事も多いでしょう。

ですから仕事にあなたの人生を殺されないように気をつけてください。「私は仕事で生きていく!」なんて思っていても、いつ自分が心変わりするかわかりませんよ。まともな恋人が欲しいのであれば、職選びも重要なんです。

「リア充」アピールは正直、痛い

あと個人的に「残念だなー」と感じるのは、必要以上に『リア充』アピールをしてくる女性ですね。これは『自らチャンスを潰してしまっている』と考えて下さい。

SNSなどに事細かに、今日自分がやった事をアップして「私、楽しい!毎日が充実!」とアピールしている人がたまにいますが、逆効果だとそろそろ気づいた方が良いです。

あれ、充実していないからやるものなんですよ。つまり、充実はしていないけれど、周りには充実していると思われたいと思っている、典型的な残念女子です。

まともな恋愛がしたいのであれば、SNSは最低限の使用にしておいた方が良いです。今の自分は騙せても、将来の自分は騙せませんよ。

ガツガツしている所にも男は来ない

そして『男が欲しいアピールが強すぎる』女性ですね。素直なので個人的には微笑ましいと思いますが、残念ながら周囲の感想は「何故、そこまで必死なの?」です。

このタイプの女性は、本命の彼女ではなく『遊び相手』として扱われてしまうこともしばしばです。それはあなたの望む恋愛の姿ではないはずです。

ですので、あまりにも露骨なアピールはNGだと思って下さい。もちろん本心では必死なのかもしれませんが、周囲には余裕を見せておくことがポイントです。

この項をまとめますね。

本来ならば対象がなんであれ、頑張っている事は褒められる事であり、NGとするべきものではありません。しかし、事が恋愛に関わる場合、話は変わってきます。

多くの男性は『頑張っている女性』に好感は持っても、その好感は知人・友人としての好感であり、自分の恋人候補にしたくはないんです。

頑張っている女性と交際するのなら、自分も頑張らなくちゃいけないようなプレッシャーを感じてしまう、という男性側の気持ちに原因があるかもしれませんね。

繰り返しますが、頑張っている事は悪い事ではありません。ただ、アピールするものではないんです。陰でひっそりと頑張るのなら、いくらでも頑張ってください。

残念女子の特徴その5:隙が無い、または隙だらけ

『隙がない女性はモテない』なんて言葉は、あなたも聞いた事があるでしょう。これはその通りです。隙がない女性は、口説き落とすのに苦労しそうと男性の側が考えてしまうのが一番の原因です。

ですから、男性の前では多少隙を作る。意図的にも作る、というのが正解なんです。

しかし逆に『隙だらけの女性』もまたモテません。何故かというと『だらしない女』という印象がついてしまうからです。遊び相手としてならば重宝されるかもしれませんが、本命の恋人や、結婚相手にそのような女性を求める男性は、極めて稀です。

隙は作りすぎも、作らなすぎも良くないんですよ。自分がどちら側の人間なのかは自覚しておくべきです。そうすれば修正方向が見えてきますからね。

5つの弱点をクリアした先に待っているものは?

ここまでの話を全てクリアしている女性はほとんどいないはずです。どこかに『あなたの弱点』が見えてきたことでしょう。弱点が見えたのならその弱点を克服出来るように努めてください。そうすれば、あなたは残念女子を卒業できるはずです。

実は男性の気を本当に惹くためには、ルックスやファッションを頑張るよりも、こういった内面の弱点を克服する方がはるかに話が早くなります。

とくにあなたが美人であるのにモテないと自負しているのであれば、残念要素を取り除きさえすれば、十分な選択肢があなたを待っているはずです。