デートをドタキャンする男と付き合わないほうがいい理由5選

デートをドタキャンする男と付き合わないほうがいい理由5選のイメージ画像

この世には付き合わない方がよい男性が存在します。その男性と付き合うとたちまち不幸になり、健康が損なわれ、肌も荒れ、日常が荒みます。しかし、別れることもなんとなく出来ずにそのままズルズルいってしまうのです。

約束を守らない、デートに毎回のように遅刻する男性、デートをドタキャンする男性はその典型的なパターンともいえます。そのような男性とは即効縁を切った方がいいでしょう。その理由をご説明します。

あなたを軽んじている!?

一度ならずなんども待ち合わせに寝坊が理由で遅れてくる&ドタキャンする男性は、会社や大事な場面でも寝坊で遅刻&無断欠勤をしがちです。もし、そういう場には遅刻をしなくても、あなたとのデートに沢山遅刻&ドタキャンをしてくるという事は軽んじられているのです。

どんな場でも遅刻する場合、もちろん、会社での評価などは低いでしょうし、将来が不安になりますよね。ルーズな男と付き合うと不幸になりますし、例えばイベントなどで、会うことをすごく期待をしていたのに裏切られることも多いと思います。

  • 映画の約束をしていたのに来なかった。
  • 遊園地で待ち合わせをしたのに来なかった。
  • 旅行の待ち合わせをしたのに来なかった

これだけで、深い絶望感を感じませんか? まだ近隣のショッピングセンターなら「なんとか我慢できる」と我慢してしまう人もいますが、付き合っていくうちにドタキャン&遅刻の規模が大きくなってきます。そうなったら耐えられますか?

ですから、遅刻やドタキャンが多い男は社会的面、経済的面、精神的面で付き合うと不幸になります。即効、縁を切り素敵な男性を探しましょう。

結婚しても家事も仕事もしてくれない!?

面倒くさくなって遅刻&ドタキャンする男性とは即効縁を切るべきです。まず、無気力なところがかなりのマイナス点。これは生活するうえでとても困りますし、旅行などの計画をたてても反故にされる事が多いです。

だらしなさすぎる男と付き合うのはかなり大変です。結婚したとしても家事などの負担は全てあなたに降り掛かってくる恐れがあります。恋人のうちは平気でも夫婦になるととても大変です。ダメな男性を好きになってしまう女性は母性本能を即効捨てましょう。

仕事面でも昇進することはおろか、まともに働けているのかも疑問ですね。家事も仕事もしなくてはならなくなるととても手におえません。それに加え金の無心をしてきたらどうでしょう? 考えただけでもぞっとしますね。

結婚後の生活が最低に!

これは言語道断ですね。かなり蔑ろにされています。完全に甘えきっています。「彼女だからいいや」という男は結構たくさんいるので注意が必要です。

前から約束してもかなりポイっと他を優先してしまいます。このタイプの男は結婚すると帰ってくるのは夜遅く、散財して妻を泣かせる確率が高いです。

あなたに甘えきっているのです。一度痛い目に合うべきで、そこから、どう転ぶかによって今後のこちらからの対応が分かれてきます。別れを覚悟し、一度、徹底的に激怒することをおすすめします。それで「面倒くさい」という態度でしたらすぐさま別れましょう。

そもそも約束に遅刻するだけでもかなり失礼なのに、挙句、他の約束を優先は最悪です。一発殴って別れるべきですね。すごく仕事が大変だったりする場合や他のことで愛情を感じられる場合も中にはあるかもしれませんが、確実に縁を切ったほうがいいです。

付き合っていても虚しいだけ

完全に軽んじられています。直ぐに縁を切りましょう。あなたに甘えきっているし、そもそも恋も愛もそこには一切ありません。残るのは虚しさだけです。こっちばかりが追いかけてしまう恋になります。

「遅いな」と思って電話したら「忘れてた」です。これは最低ですね。せめて急いでいる風の素振りを見せるべきです。人として最低です。縁を切りましょう。

どんな場面でも嘘をつく

遅刻&ドタキャンの理由に嘘をつく男がいます。まだ、嘘をつくだけマシかとも思いますが、ところがどっこいです。そういう男は嘘が手馴れていて、どんな場面でも嘘をつく可能性が高いのです。

一度や二度ならいざしらず、何度も嘘をつくような人間は、偽りだらけで生きている可能性があります。嘘は付けば付くほど癖になりますし、誠意がありません。謝ってくるのならいいけれど、こういうふうに誤魔化す人間は最低です。

例えば、家族を殺したり、親戚を殺したり、親族の具合が悪いと言ったり、風邪を引いたなどを言ったりする男は確実に違う場面でもこのようにして乗り切っています。そしてそれはいつか露見します。

将来性がありませんし、一緒にいても都合が悪くなると、直ぐに嘘をつかれます。悲しい思いをするのは女性で、不安ばかりで鬱憤が溜まります。いつか治るだろう、と思ってもそこまでなるにはよほどの苦労をしなくてはなりません。精神的苦痛を伴いますので、別れましょう。

それでも別れられない場合はカウンセリングに通わせる、という手もありますが、お金と時間、精神的苦痛を考えると、てキッパリ別れて次の男性に行ったほうが懸命です。