国際恋愛のハードルとは!外国人の彼氏とのありがちな別れの原因

6

国際恋愛と言えば、日本人男性では味わえないレディーファーストが体験できたり、大胆な愛情表現を受けられたりと、甘いイメージを持つ女性もいるかもしれません。

しかしながら、実際は問題だらけの国際恋愛。今回は外国人の彼を持つにあたって、あなたが心得ておきたいことや、起こり得る別れの原因について、お話したいと思います。

そもそも外国人彼氏との恋愛ってどうなの?

2

文化も言葉も違う相手との恋愛。違うからこそ、うまくいくこともあれば、わかり合えないはがゆさを持ち続けることだってあります。ここでは、外国人の彼氏と付き合うことで感じるであろう日本人男性との違いについて、挙げていきたいと思います。

気遣いや優しさの表現がダイレクトである

日本人の男性と比べて、外国人の男性はそれぞれの文化の差はあれど、優しさの表現がより直接的で、女性への気遣いを大切にします。

日本人にとっては、女性が気を利かせて、料理を取り分けるなど、気遣いをすることが当たり前という風潮があり、形だけでもこのような振る舞いをして、日本人男性の気を引くなんていう手法もありますよね。

しかしながら、周りへの気配りを頑張ったところで、別段日本人男性のように評価を与えてくれるわけでもなく、逆に女性のために、率先して働いてくれるのが、外国人男性の魅力と言えるかもしれません。

お互いがそれぞれ異なった個人であるという認識が強い

日本は特に「和」を大切にする文化ですが、海外では比較的「個」を重んじる傾向があります。よって「あなたはどうしたい?」「あなたはどう思う?」という個としての考えを問われることが多く、自分自身を持つ事が大切にされます。

何でも彼氏に甘えて、べったり・・・なんていう関係は成立しないので、多少日本人からしたら冷たいと思う時もありますが、どんなに愛し合っても、あくまで個人と個人という認識のもと、形成された関係ということなのでしょう。

「〜すべき」が通用しない

これは文化の違いからくる問題ですが、自分の価値観で「こうあるべき」という考えは相手には通用しません。先ほども書きましたが、それぞれが「個」という認識が強いため、「それはあなたの考えでしょ」と言われてしませば、言い返す言葉もありません。

日本人男性のようにとりあえず面倒くさいからと、何でもかんでも女性に折れることはまずないので、押し付ければ押し付けるほど、問題は悪化するだけでしょう。

将来が不安定であり、保証はない

これは外国人男性に限った話でもありませんが、要は、彼が日本にいつまでいるのか、ビザの問題など、恋愛関係を続けていくには、あまりにも不安定な状況が生まれやすいということです。

遠距離になったとしても、国内のような距離でもありませんし、仕事の問題にしても日本語が堪能ではなかった場合など、より条件の良い仕事を見つけるのも容易なことではありません。そんな保証のない中で、恋愛を続けていくことにもなります。

外国人の彼氏を持つなら知っておくべきこと

99
上記でも記した通り、やはり文化や言葉の違いが二人の関係に大きく影響することは理解できましたね。ここでは、事前にトラブルを避ける為に、あなたが知っておいた方がよい国際恋愛の心得を挙げてみます。

「情」とは日本人独特の感性である

「イエス」「ノー」が明確な文化であればあるほど、お涙ちょうだいの別れはなく、決めたからには、さっぱり、あっさりと後腐れなく、別れます。

日本人男性のように受け身で、「情」を持ち合わせる男性は、外国人男性にはあまり見られないので、「えっ?」というくらいドライな対応に驚かされることもあります。

「口にしなくても彼はわかってくれている」だとか、「ゆくゆくはよりを戻す」みたいな期待は持たない方が賢明でしょう。

尊敬を大切にするという考え方

「個」と「個」の関係というのがやはり強いため、相手の人格や否定する行為はNGです。日本人のように、自分を抑えて、相手に合わせたり、我慢をする美学というものは基本的にはないので、恋愛よりもまず自分の尊厳の大切にする傾向にあります。

日本では奥さんがよく旦那さんに対して、人格否定のような文句を躊躇なく口にし、旦那も特にとがめることなく、聞き流すなんていう風景がありますが、外国人男性の場合、尊敬というものを大切にする傾向にあるので、侮辱ととらえ、完全にシャットアウトされる可能性もあります。

自分のことは自分でやる独立心

可愛げのある女性に思われたくて、できない振りをして甘えたり、それで男性の心をつかめるなんてものは、そもそも日本の特有な文化なのです。男女が対等であることを普通と捉える外国人男性にとって、自分のことを自分でやることも、また当たり前のことなのです。

どういう状況であっても「これが自分の人生」という認識が強いので、個を打ち消して、和を重んじる日本の文化とは違い、自分のことは自分で考えて、進むという考えを大切にしています。

国際恋愛に陥りがちな別れと失敗

33
ただデートをするだけであれば、楽しいだけで済むのですが、より深く相手と関わるとなると、特に国際恋愛は問題がたくさんでてきます。ここではそんな別れの原因や失敗についてお話したいと思います。

言葉の障害は思ったよりも大きい

対等な関係を作るにあたって、言葉の役割は非常に大きい問題です。お互いの言語を完璧に理解できなかったり、話す事ができなかったとしても、面倒と思わず、ともに成長しようと思えるパートナーであれば、問題はないでしょう。

ただし、それはあくまで日本国内でいるという事が前提です。仮に、あなたが彼と共に、彼の故郷に戻るという選択をした場合は、すでにあなたはアウェイでの戦いをスタートさせたことであり、起こりうる様々な問題も受け入れていく覚悟が必要になります。

彼以外とのコミュニケーションには言語の習得が必須です。話せない、聞けないことで疎外感や孤独感を味わうことだってたくさんあります。それでも彼のために努力をいとわないと思える愛があれば、きっと乗り越えられますし、軽い気持ちで始めれば、痛い思いをするのは自分自身です。

日本人だから好かれているという不安に襲われる

外国人男性の間で、日本人の女性は人気が高く、モテます。それは、個人として相手を見ているという前に、日本人であるあなたに勝手なイメージを持ったり、付き合うことに何かしらのアドバンテージを感じているということもあります。

特に言葉ができず、コミュニケーションがうまく取れないレベルだと、相手の本当の部分をしっかり理解できていなかったり、誤解が生じたりして、本当に自分自身のことを見てくれているのか疑ったり、不安になることもあります。

きっとそれはお互いの歩みよりや、信頼がない状態ですので、今後も安定した関係を築けるかを考えた場合、恐らく続けていくのは難しいケースでしょう。

将来が見えないことへの不安に勝てない

相手の仕事の問題や、今後も日本にいるのか、海外での生活になるのか、今の時点で未確定な問題がたくさんあります。結婚を意識する年齢の女性であれば、いつまでもふわふわと自由な彼に対して、しびれを切らすことになるかもしれません。

何もかもが違う彼との将来は、予想もつかないことが待ち受けていることだってあります。それでも覚悟と責任をもって、彼についていくと決断することは、決して簡単なことではありません。

強い覚悟があればきっと乗り越えられる

3
文化や言葉の違いが生じる問題について、多くを挙げましたが、しかしながら、人種が違うという理由ではなく、あくまでも相手の性格の問題であることも大いにあります。だから、彼が外国人だからという見方を少しゆるめて、まずは人として向きあうことが大切です。

さまざまな困難はありますが、忍耐と強い心があれば、きっと二人で乗り越えていくことができるでしょう。しかしながら、ただうわべだけの気持ちで始めてしまえば、相手に利用されたり、遊ばれてしまうこともあります。

恋愛には誰か代わりに責任を取ってくれる相手もいなければ、泣きついたところで他人があなたにできることはごく一部のことです。だからこそ、障害の多い国際恋愛には、自立心と覚悟を持って挑んで欲しいと思います。