【彼の本当の姿を見たい女性必見!】恋人と海外旅行のススメ 

【彼の本当の姿を見たい女性必見!】恋人と海外旅行のススメのイメージ画像
一定の期間付き合った恋人同士が抱えるお悩み、それが「この人で本当にいいのであろうか」という将来を見据えた疑問です。

特に多くの女性の間では「付き合う彼氏は結婚を前提に」という考えが根強く、自分のお付き合いしている彼氏を未来の旦那さま像として見ている人も多いのではないでしょうか。

恋人関係と将来を共にする伴侶というのは全く別物です。彼氏という存在であればパーフェクトな男性であっても実際に結婚となると自分では判断に困ってしまうというのが実際のところなのです。

ではそんな人生のジャッジを下せずにいる女性に、一発で心を固めることができる荒業をご紹介します。それは【彼氏と海外旅行をする】ということです。

我が国にはかの有名な【成田離婚】という言葉が存在するように、海外旅行は付き合っている男性の生の姿を目の当たりにできる絶好のシチュエーションなのです。

海外旅行で発見できるその人の本性を見逃すな!

仲の良い友達と国内旅行をするのはとても楽しいひと時を過ごせるのに、海外へ出た途端に絶好してしまう友情が後を絶たないのはなぜでしょうか。

ここでは海外旅行がもたらす人間関係のひずみをご紹介します。

言葉が通じない

日本語が分からない、伝わらないという状況は普段おとなしい大和撫子性質を早急に崩壊へと導きます。日本人特有の【恥】という言葉にがんじがらめになった私達は一緒に同伴する人にやりどころのないストレスをぶつけてしまうのです。

未知の世界

海外は日本とは全く違う道路事情、街並みで地図を片手に行ったり来たりを繰り返す事を余儀なくされます。そんな未知の場所で抱えるプレッシャーと言ったら半端ではありません。

頼れるのは自分の運と一緒にいる友達もしくは彼氏のみの状況なのです。優雅に異国情緒を満喫している余裕など一切ないのが海外旅行の真実なのです。

不便

日本から旅立つとどんな先進国に行っても【不便な思い】を必ずします。普段はまったく意識していなかった日常も場所が変われば逐一脳みそフル回転で状況を把握する手間が出てくるのです。

そんな不便さを旅行中一緒にいる相手にひたすら愚痴をこぼしてしまうのです。

海外旅行でチェックすべきはこの5つ!!

ではストレスに満ち溢れた海外旅行で一体どのような点に気を付けて人間観察をしたらいいのでしょうか。

海外を旅する状況というのは【プチパニック】なシチュエーションと変わりません。私達が生活する中でそこまで自分をコントロールできない状況というのはなかなか無いのではないでしょうか。

しかし将来を共に歩きたいと思う相手の本性や底力を見たいのであれば海外でプチパニックシチュエーションに挑みましょう。

チェックその1.協力的であるか

海外で必ずついて回るのが「道に迷う」ことです。地図を見たり道を人に尋ねたりする事が必要不可欠になってきます。

そんな時にすぐに力を発揮するのが女性です。女性は難しい状況下におかれると腹がすわって勇気ある行動に自然と出る事ができるのです。

しかしそんなあなたの横で彼氏は何をしていますか?!

プチパニックシチュエーションに「人見知り」なんて言い訳は通用しません。普段は言葉少なめの男性でも彼女に心配かけまいという頑張りを見せられる男性は、将来結婚しても一緒に協力して苦難を乗り越えていくことができるでしょう。

チェックその2.ムスッとしないか

海外旅行でつきものなのが、お互いに機嫌が悪くなって無言のまま観光をするという悲しい光景です。もちろん慣れない海外で大きなストレスを抱えるのは皆同じ、そんな時に無意味な憤りを感じて一緒にいる人と関係が悪くなるのは多少なりとも避けられません。

しかしすぐにそんな理不尽さに気が付いてお互いの空気感を良いものにしようと努力する事ができるのが真の大人です。

一緒に生活を共にする相手が不都合な状況になる度にムスッとしていては楽しい毎日も送ることはできません。気分を害しても一緒にいる人にそれを感じさせない精神力を持ち合わせているのかをしっかりとチェックしましょう。

チェックその3.「ありがとう」と「ごめんね」をどれだけ言えるか

普段は当たり前のように口に出している「ありがとう」と「ごめんね」をプチパニックなシチュエーションで言えるかというとそう簡単な事ではありません。

慣れない環境と見えないストレス、やりどころのない憤りで感謝の言葉など発する余裕も失せてしまうのが海外旅行です。しかしどんな状況下でも一緒にいる人への思いやりを持っていたらこの2ワードを口にしないわけにはいかないのです。

会話も少なめになってしまった一日を終えた時に、「今日はごめんね」「助けてくれてありがとう」と言い合える仲は結婚してもお互いを尊重しあっていける間柄です。

余裕の無い状況でこそ言葉にして感謝や謝罪の気持ちを伝えることができる男性とはこの先も二人で話し合いながら関係を構築していくことができるでしょう。

チェックその4.見捨てないか

海外旅行でのハプニングは自我が思いっきり出てしまうものです。そんな時に一緒にいる彼女を忘れて単独行動に走ったり、自分だけが助かるような振る舞いをする男性の些細な一面を見逃してはいけません。

そこまで緊迫したシチュエーションでなくても自分勝手な男性はすぐにその本性をあらわにします。例えば外国の人に英語で話しかけられたなんていうよくある状況の際に、フラッと彼氏の姿が見えなくなるなんて事はありませんか?!

もちろん「人見知り」や「英語が苦手」なんていう言い訳もありますが、これは明らかに【逃げの行為】なのです。どんな小さな状況でも自分からすぐに身を引いたり立ち向かう姿勢が一切見られない男性は、普段の生活の中の小さな問題からも必ず逃げる性質があるからです。

一緒にいる人がいながらそこを去るという態度はある意味【見捨てている】と同じことなのです。このような男性は信頼性に欠けるので要注意であります。

チェックその5.適応能力はあるか

慣れない海外旅行でウダウダと不平不満を言っていると、一緒に生活した際にも同じような非難の日々が待っています。自分の知らない状況に「へ~そんなもんなんだね~」と受け入れられる適応能力があると異なる人生を歩んできた二人の未来も円満なものとなるでしょう。

常に「日本では○○なのに」と嘆く男性は、一緒に暮らした時などにも「俺の生き方とは」というように自分の我を押し通してきます。それではせっかくの二人の将来もどちらか一方的に合わせるような生き方になってしまいます。

二人の異なる点を考慮し合いながら新しい関係性を築いていくにはお互いに対する適応能力が不可欠なのです。

人間の本性はプチパニックシチュエーションでしか発見できない!

相手の事をより知りたい、いざとなった時の対応の仕方を見てみたい、と思う女性はぜひ彼氏を海外旅行に誘いましょう。もちろん旅行前に二人で協力し合う上での話し合いを持ったりするのも大事です。

関係が今よりも危うくなってしまうという可能性も否定できませんが、それを乗り越えることができたらより一層二人の距離は近づき信頼関係が深まるのです。

特に今お付き合いしている彼氏と将来結婚という大イベントを考えている女性は、その男性の【生存能力】を知る必要があります。普通に生活している中では決して見る事ができない彼氏の一面を海外という非日常的空間で丸裸にしちゃいましょう。