いざ結婚!どのくらいの費用がかかるのか、平均と内訳を紹介!

いざ結婚!どのくらいの費用がかかるのか、平均と内訳を紹介!

一生にたった一度のもの!と思いたい結婚。多くの女性は結婚について夢見ているでしょう。

でもあなたの夢を実現しようとすれば、その1つ1つにお金がかかってしまいます。

さらに本音を言ってしまえば、同性の友人への見栄もあるでしょう。あんまりみすぼらしい結婚式は友人には見せたくない。そう思うはずです。

あなたの将来の旦那候補に、どれだけの財力があるかは判りませんが……結婚にかかる費用は女性も知っておくべきものです。

事と場合によっては、あなたの結婚式の夢が叶えられない財力しか持たない男性とは、お別れするという道もあるのです。

あれも!これも!は、無理……かもしれない

結婚にかかる費用は、人によって様々です。やろうと思えばいくらでも豪華にやる事が出来ますし、極端な話婚姻届を出して終わり」でも良いわけです。

しかし、女性のみなさんには子供の頃からの憧れでもあるわけです。ですのでなるべくなら、抱いていた夢をより多く実現させたいですよね。

次に結婚の機会がいつあるのか判らないわけですから(笑)。

ただ、男性側の財力の問題もありますので、全てを叶えるのは無理かもしれません。そんな場合、優先順位を決めておく事も必要です。まず、結婚において何にお金がかかるかを挙げてみましょう。

まず、「指輪」です。これはさすがに外したくないのではないでしょうか?結婚指輪だけに外してもらっては困りますよね(笑)

豪華でなくても構わない、そして婚約指輪はなくても構わない。でも結婚指輪はそれなりのものが欲しいと、多くの女性は思っているはずです。

ちなみに結婚指輪にかかるお金の平均は約20万円。婚約指輪は約30万円と言われています。

「あれ?婚約指輪が給料の3ヶ月分って話は?」なんて思ってしまった方は、どうぞ昭和にお戻りください。今はそんな時代ではありません。

結婚式自体には、それ程お金がかからない

次に「挙式」です。結婚式、披露宴、二次会、三次会……と、まぁどこまで続くかは判りませんが、数百万のお金が必要な場面です。

しかしあなたもご存知の通り、結婚式や披露宴には「ご祝儀」と呼ばれるものがあります。

ですので事実上、あなたの方から出て行くお金は実際にかかった金額の半分以下には少なくともなります。

やり方次第では、持ち出しゼロにする事も十分に可能です。出て行く金額が大きいだけに、挙式での出費を考えてしまうかもしれませんが、実はそこまでお金がかかる場面ではありません。

挙式に必要な平均の金額は約350万円なんて言われていますが、持ち出す金額は?と問い直せば、0から100万円程度であり、平均にしても約50万円程度でしょう。

実際に一番かかるのは、新生活への準備かもしれない

そして忘れてはならないのが「新婚旅行」です。かの坂本龍馬が始めたと言われる、この新婚旅行。

豪華にしようと思えばいくらでも豪華に出来ますし、挙式と違って全額が持ち出しプラスお土産代まで必要になってきます。

世間の平均相場は約70万円。これが高いか安いかはさておき、ここはあなた達の財力次第ですね。.

極端な話、新婚旅行は無し!なんて夫婦も決して珍しくありません。金額の面もありますが、長期の休みが取れないなんてケースも多いんですよ。まったく、どれだけブラック企業が世間に溢れているんだ!という話です。

閑話休題。最後にご紹介したいのは「新生活への準備」です。同棲生活からそのまま結婚に流れる形ならば、そう問題ありませんが、多くの方にとっては新居が必要です。

普通に引っ越し費用と考えただけでも結構な金額ですが、2人の新生活のために家電を一新!なんてしてしまったら、さぁ大変。もしかしたら、ここが一番お金のかかるポイントかもしれませんね。

こんな感じでしょうか?ここでの平均相場を見て、安いと感じたか高いと感じたかは判りませんが、どのポイントでもお金をかけようと思えばいくらでもかけられますし、節約しようと思えば節約も出来ます。

個人的にはお金をかける優先順位が高いものは、「新生活の準備」、「結婚指輪」の2つだと思います。

結婚式はたった1日。新婚旅行はたかが数日。ならば、これから長く続いて行く新生活を充実させた方が良いのでは?という意見です。

結婚指輪もこれから長く、あなたの指にはめられているものですからね。お気に入りのものを選ぶべきです。