そのヒトコト変えてみませんか?モテる女の言葉づかい講座

10444

普段の言葉を少し変えればあなたもモテる女の子になれます。女の子らしさを感じさせる言葉づかいをしてみましょう。時には可愛らしい単語を交えてみたり、さりげない褒め言葉をベストなタイミングで使い相手を気持ちよくしてあげましょう。きっとあなたもモテる女の子になれます。

女の子らしい言葉づかい

shutterstock_69856033

正しく品のある言葉づかいをしましょう。いつも何気なく使っている言葉を置きかえてみたり、女の子だから使える言葉を使ってみましょう。

「すみません」を置きかえてみる

何かをしてもらった時、ついとっさに出てしまう「すみません」。そのヒトコト「ありがとうございます」に変えてみましょう。

何かミスをしてしまったときにも出てしまう「すみません」、このヒトコトは「ごめんなさい」に変えてみましょう。

素直で礼儀正しい女の子はどこでも好印象を持たれます。

「~で」ではなくて「~がいいです」「~をお願いします」

カフェで注文するときなど「何にする?」と尋ねられます。「紅茶で」というより「紅茶がいいです」「紅茶をお願いします」と、ちょっとしたことですがきちんとした受け答えができると感じが良くなります。

「超」や「マジ」、「ヤバい」は禁句です

いわゆる若者ことばといわれることばですが、今や広い世代に浸透し使っている人も若者だけにとどまらず性別年齢問わず多くの人が使っています。しかしこれらの言葉を使っても好印象を持たれるということはまずありません。幼く乱暴な印象を持たれてしまうだけです。

レストランで注文したものが運ばれてきたときには「すごくおいしそう!」、美味しいお食事をいただいた時は「とってもおいしいね」と笑顔で言ってみましょう。男性はまた食事に誘いたくなるでしょう。

時には可愛らしい単語を使ってみる

きちんとしてばかりいては隙の無い堅い印象になってしまいます。時には親しみやすい可愛らしい単語を会話に入れてみましょう。

カフェでスィーツを食べたいけれども、一人一つだと多すぎると感じてしまったときにシェアすることにしたとしましょう。二つのお皿に取り分けて「はい、はんぶんこ!」と両手でお皿を持って渡してあげましょう。可愛らしい印象を持ってもらえます。

他にも「少し」を「ちょっと」に変えてみたり、「ふわふわ」「キラキラ」「プチプチ」などの擬態語や擬音語を入れてみるとよいでしょう。

ただし、あくまでも、時にはです。やりすぎるとぶりっ子になり逆に不快感を与えてしまいますのでご注意ください。

知らない人にも優しい言葉づかいで

shutterstock_185444933

一緒に過ごしている相手にだけでなく、まわりの人に対しても優しい言葉をかけましょう。

例えばお店の人によくしていただいたら、よいサービスを受けて当然と思うのではなく「ありがとうございます」、「助かりました」、「またお邪魔させてください」などのヒトコトを掛けてみてください。周りに配慮のできる女の子として彼の目に映るだけでなく、お店の方もよい気持ちでお仕事ができるでしょう。

さりげなく褒めてあげる

shutterstock_290388872

さりげなく相手の男性を褒めてあげましょう。

例えば服装を褒める時に「おしゃれだね」というところを「似合っているね」と言ってみましょう。ファッションを褒めるのではなく相手の男性をさりげなく褒めてみてください。

ドライブで目的地に到着したときには「運転お疲れ様です」ではなく「〇〇さん運転上手ですね」と褒めてください。

また美味しい食事を楽しんだ後も「美味しかったね」ではなく「美味しいお店に連れてきてくれてありがとう」と男性を褒めてください。

褒められたときは素直に

shutterstock_209436676

褒められて嬉しくない人はいません。しかし、褒められたらついつい謙遜して「そんなことないよ、全然○○じゃないし」と否定してしまう人が多いのです。

褒められたときは「ありがとうございます。そう言ってくれるのは◆◆さんだけですよ」と素直なお礼の気持ちと否定ではない謙遜をしましょう。

きれいな服を着て、素敵な靴を履き、きちんとメイクして、ヘアをセットして、ネイルサロンに通って、キレイになるのはすぐにでもできることです。美意識の高い女の子はたくさんいますが、その意識は言葉にも及んでいるでしょうか。言葉づかいは一朝一夕には変わらないものです。まず相手の気分がよくなるヒトコトを言ってみましょう。そして自分をよく見せるためのヒトコトも徐々に増やしていけば必ずあなたもモテる女の子になれます。