大人の恋愛

記事一覧

「男性が欲しがるオンナに」!男性を誘惑する方法はカラダから

shutterstock_98803814

男性が女性に対して好意を抱く部分。それは顔であったり声であったり服装であったり、その男性の好みに応じてさまざまです。

しかし、男性が思わず惹かれてしまう女性は、男性に対して、ある共通の気持ちを抱かせるという特徴を持っています。

それは具体的にどのようなものなのでしょうか。まず男性が女性と出会った時に、注目されるのは顔、そして次に「カラダ」です。実はこの「カラダ」というやつがとっても重要なのです!

続きを読む

友達止まりなんて言わせない!あなたの隠れた色気で彼を落す方法

shutterstock_187285535

気になる彼と仲よくデートしたりするんだけれど何故かサバサバした関係で彼からは彼女として認められていないような空気。こちらは完全に恋人関係で付き合っていた筈なのに彼はまさかの友達以上恋人未満の関係。

「君のこと女性というより、守ってあげないといけない妹みたいな存在」

「ゴメン、恋人としては付き合えない。友達の関係ではいけないかい?」

などと告白され落胆してしまったという経験はありませんか?私のことをずっとそう思って付き合っていたの?なんてひどい男!と憤慨するのもわかりますが、チョット待ってください。あなたが彼女になれなかったのは男性の一方的な勝手ごとでしょうか?

続きを読む

なぜ婚外恋愛?自己中心で寂しすぎる女性が依存する道外れた恋

10294

不倫という言葉に変わり婚外恋愛という言葉が使われるようになってきました。不倫と聞くと道外れた恋、浮気などダークなイメージが強いのですが婚外恋愛という響きには何かしら正当な恋愛関係を誇示しているような感じを受けてしまいます。

好きになった人にたまたま妻子がいた。もう少し早く二人が出会っていれば・・・など言い分はさまざまあるようですが、本当にお互いが純愛を通すなら、きちんと男性は身辺整理をして女性を迎え入れるのが筋だと思うのですが。

相手の愛を信じながらも自分は常に愛人の立場で不倫にどっぷり浸ってしまう。別れてもまた同じような人を選んでしまう。そんな行動を繰り返すのは何故なんでしょうか。

続きを読む

恋愛はOKでもそれ以上はNO!女性に無関心な草食系男子の特徴 

恋愛はOKでもSEXはNO!女性に無関心な草食系男子の特徴 のイメージ画像

対人関係にストレスを抱えている人が増えている中、恋愛関係にもストレスがあるといいう人達も増えてきています。

恋愛すると相手に合わせるのが面倒だとか、金銭面で負担がかかるとか、自分の時間が持てないなど、恋愛に対する意欲が褪せているように感じます。

近頃では恋愛に興味のない男性を草食系男子と呼んでいますが、この草食男子と呼ばれる人たちは単に恋愛にストレスを感じるだけではないようです。

続きを読む

モテない女の特徴はこれだ!喪女を卒業する為の7つの習慣

モテない女の特徴はこれだ!喪女を卒業する為の7つの習慣のイメージ画像

モテない女…喪女。様々定義はあるものの、今やモテない女の総称となっています。男性経験が皆無、純潔の女性のことを主にそう呼びます。

気がついたら純潔を守っていた。守っていたというより、守っていたつもりもないのに誰も奪ってくれなかった。

男性に関わりがない生活を送ること○十年。流石にそろそろ道に迷った王子さまも、探しに来てくれる頃じゃないでしょうか。

いや、こんな入り組んだ現代社会、のろしでも上げなきゃ気づいてもらえないかもしれません。そこで、喪女の皆さんへ、いい加減喪女を卒業しませんか?という意味をこめて、モテ女になる為の7つの習慣をご紹介します。

騙されたと思って試してみれば、効果があるかもしれません。喪女友に差をつけて、一歩前へ進んでみませんか?

続きを読む

【出会いがない】ネットがきっかけの恋愛って実際どうなの?

【出会いがない】ネットがきっかけの恋愛って実際どうなの?のイメージ画像
毎日、家と職場の往復。職場での出会いは期待できそうもないし、休日も家でゴロゴロ。たまに女友達と会うけど、友達も同じような状況。合コンなんて遊びたいだけの人たちの集まりだろうし、正直知らない人との飲み会なんて参加したくない。

実際、このような状態の女性は多いかと思います。黙って生活している分には何も困ってはいないけれども、漠然と不安に襲われるのではないでしょうか。

恋愛したくないわけじゃないけど、出会いがない。出会いを求めて外へ飛び出さなければいけないのに、見えない弊害が多い。

そんな時、ふとインターネットを見てみると、そこには自分のような人がたくさん!もしや、ネットが恋愛のきっかけになるかも?

そこで、ネットから始まる恋愛について考察しました。筆者が実際に登録し、男性会員とやり取りした内容を元に、利点と注意点をまとめてみました。これから始める人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

【結婚したい独身女性へ】目からウロコの失敗しない男性の選び方

【結婚したい独身女性へ】目からウロコの失敗しない男性の選び方のイメージ画像

そろそろ結婚してもいいかな。でも、これから出会う男性は注意深く選ばないと、結婚してしまってから後悔することになる!と疑心暗鬼になっている独身女性の皆さん。

今回は、結婚相手を選ぶ際の失敗しない選び方をご紹介します。恋愛だったら、失敗したなと思ったら別れればいいだけですが、結婚となるとそうはいきません。

両家の親族を巻き込んで盛大に祝ってしまいますから、後から「こんなはずじゃなかった!」と思っても、お別れするのにはいくつも段階を踏まなければなりません。

それに、いざ結婚するまではトントン拍子でも、後になって隠していたことが表に出てきて、子供まで生まれている場合、諦めて結婚生活を続けていかなければなればならないことも。

そうなる前に、いくつかのチェックポイントを確認して、これなら大丈夫、と思える人を選びましょう。【初対面編】【年上編】【年下編】の三章に分けてご紹介します。

続きを読む

「気遣い上手はとこ上手」一体ナゼ?特徴を知って自分に応用

「気遣い上手はとこ上手」一体ナゼ?特徴を知って自分に応用のイメージ画像

昔から聞く「気遣い上手はトコ上手」という言葉。
気遣いを称賛される場面が多いのは、人が集まる場面やビジネスにおいて。
それが何故「トコ上手」に繋がるの??

疑問を抱く人もいるかと思います。
気遣いとは一言で言っても、普段行っている小さな気遣いから少し頭を使って考えなくてはいけない気遣いがあります。

それは一体どういった気遣いなのかという解説から、その気遣いがどのように「トコ上手」に結びつくのかを紐解いて行きたいと思います。マグロ女に成らないためにも、女性としてここは抑えておいて損はしません。

「気遣い」と「トコ上手」の関連性が分かってしまえば、自分に応用するのは簡単。彼を大満足させ更に自分に夢中にさせてみるのも良い考えかもしれませんね。

続きを読む

これって脈あり?なし?男性の態度から見抜く本心8つのサイン

これって脈あり?なし?男性の態度から見抜く本心8つのサインのイメージ画像

気になる男性の本心を知りたい! どうして世の中には男と女しかしないのに、隣にいる男性の気持ちや心の動きが読み取れないのでしょうか。もし、こちらを向いてくれないのなら早々に諦めもつくし、ちょっとでも気にしてくれているのなら…。

そこで、男性の本心から態度に出てしまうサイン8つをご紹介します。女性と比べて、男性の好意のある態度というのはストレートです。無意識が表面に現れやすいので、一見女性からすると理解できない行動も、実は好意の表れであることが多いようです。

女性側の意識で測ってしまうと、そもそも使う定規が異なるので数字に誤差が出てしまうように、男性側の意識というのが存在します。小さなサインも見逃さないように、細かくチェックしてみましょう。

続きを読む

「元カレと友達に戻りたい」押さえておきたい最低限のマナー

「元カレと友達に戻りたい」押さえておきたい最低限のマナーのイメージ画像

遥か昔、まだ人間が獣を狩って、剥いだ皮を身に着けていただけの頃、男性が女性を棍棒で殴って気絶させてから穴倉や茂みに連れ込み、力ずくで子を成すことは、別に珍しいことじゃなかったそうです。

平成の現代で考えると、ひたすらおっそろしいですけどね。当時はそんな無理やりなやり方でも、生まれてきた子を集落の全員で受け入れて、全員で育てたといいます。

人間は群れを形成する生き物なので、原始時代にも原始人なりの社会性はあったんでしょうが、おそらく”個”を尊重するという概念はまだ存在していませんでした。

男性も女性も”群れ”の一員として、全体で繁栄していくために、相手が誰であるとか、自分がその相手を想うとか愛するとかではなく、繁殖のタイミングが合うかどうかが、なにより重要なポイントだったんでしょうねえ。

しかし、そんな原始時代から長い長い時を経て、男性が女性に惹かれたり、女性が男性に惹かれる引力を恋愛と呼び、互いの想いを確かめ合った上で関係を固める二人を、恋人同士と呼ぶのが常識となった今、男女関係は非常にややこしくなりました。

その中でも特に厄介なのは、元カレ&元カノの関係。一度は恋人同士になった二人が、さまざまな事情により別れを選んだ場合に陥る、なんとも複雑なアレです。

日本は一夫一婦制の国ですし、恋人関係も1対1が原則。稀に例外があるとはいえ、家族でも恋人でもない異性は全員、知人か友人の枠内に収めなければいけないんですが…。

元カレとは果たして、友人というカテゴリーに大人しく属してくれる生き物なんでしょうか?

続きを読む

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 >