失恋

記事一覧

恋愛するのが怖い!トラウマを植え付けた男に私がハマった理由

22

愛される自信がない。どうせまた振り回される。もう男の人が信じられない!

過去につき合っていた彼氏の影響で、恋愛するのが怖くなってしまった女性。トラウマに悩まされる彼女たちに話を伺いました。

そこから見えてきたのは、彼女たちに共通する「ダメンズ依存」その詳細と、改善方法について掘り下げてみました。

続きを読む

突然の別れ!大好きな彼氏に振られたらこの対処法で復縁を狙え!

shutterstock_1582743488
大好きな彼とずっと一緒にいれると思っていたのに、話があると言われて来てみたら…「別れて欲しい」と突然の別れ話!

私はまだ好きなのに、彼の気持ちはもう決まっていて「もう無理だから」一点張り!…そんな経験ってありますよね。

彼にとってはよく考えて出した結論でも、自分にとってはいきなり出てきた話だし、彼を好きでいればいるほどすぐには受け入れられなくて当然です。

でも、この一番辛い時期に、どうやって過ごすかが「復縁のカギ」を握っている ことをご存知ですか?

この時期に彼に見せた行動や態度で、「やっぱり別れなきゃ良かった」「良い子だったのに」と後悔してもらえるか、「あぁ別れて良かった」「スッキリした」と思われるか運命を左右することに!

突然振られてしまったけれど、まだ彼を諦められない人必見の、復縁を狙う対処法をご紹介します。大好きな彼にただ押しかけるのではなく、「この子とやり直したい」 と思ってもらえるように、頑張りましょう!

続きを読む

眠れないほど辛い…失恋をして立ち直れない貴女のための処方箋

shutterstock_178155887
人を好きになるって素敵な事ですよね?でも、楽しい事や嬉しい事ばかりだったらいいのに、残念ながらそうはいかないのが現実です。人を好きになったと同時に、時には失恋という経験もする事になります。

ですが、これはほとんどの人たちが通る道ではないでしょうか?

続きを読む

彼氏はもう私のこと冷めてるなと気づいてしまう態度TOP3

彼氏はもう私のこと冷めてるなと気づいてしまう態度TOP3のイメージ画像

辛い事ですが、彼氏がもう自分の事を冷めてしまっているなと気付く瞬間てありますよね。

もちろん人間ですから、疲れている時や、テンションが低い日もります。女性も同じですよね。体調が悪くいつもより元気がない日もあります。

でも最近一緒にいても、なんだか楽しそうじゃない。会う回数もどんどん減ってきた。連絡もあまりとっていない。など気のせいかな?勘違いかな?と悩む事もあります。

でも、彼氏に直接聞くのはイヤだ。ふられるのが恐いと思う女性もたくさんいると思います。でも、もし彼氏が本当に冷めているのなら、このまま一緒にいても辛いだけですよね。

でもやっぱり、見せるふとした瞬間の態度で女性は全てを悟ってしまうものですよね。みんなが感じた、彼氏がもう自分の事を冷めているんだなと気付く瞬間TOP3をご紹介します。

続きを読む

元カノと復縁の可能性「無くはない」…でもうまくいくかは別問題

あなたは今、復縁を考えていますか? 大好きで仕方なかった男性と別れてしまい、何に対してもやる気の起きない日々を送り、とても辛いと思います。

でも元彼さんはどう考えているのでしょうか。元彼さんはあなたとの復縁に関して、考えていることがあるはずです。

ここでは男性たちの「復縁」に対する意見を聞いていきたいと思います。

続きを読む

復縁が難しいには理由がある 復縁を願うアナタが知っておくべき事

いつの間にか、二人の関係が悪化していて、大好きなはずだった彼から距離をおきたいと言われた……。

別れるとなると、とても淋しくて、なぜもっと彼のことを大切にしなかったんだろうと後悔してしまう。

そういうことってありますよね。

もう、彼の心は取り戻せないんだろうかと悩んでる人も結構いるようです。ただ、復縁の成功率はなかなか高くはないのが現状です。

続きを読む

諦めきれない想い。別れてしまった元彼と復縁できる?できない?

別れた彼が忘れられない。復縁の望みはあるの?

恋愛相談で非常に多い復縁問題。やはり、そう簡単に気持ちを切り替えることはできませんよね。
ただ、実際問題としては、復縁してうまくいくことは稀です。

別れるからには、相応の理由があるわけですから、基本的には別れの理由がなんであれ「今ならその問題をクリアできる」といった、状況・心境の変化がある場合に限ります。

続きを読む

【悲報】同性でも見ててイタイ失恋した女性の行動とは?

大事にしてきた思いだからこそ、失った時の痛みも大きいのが失恋というもの。

仕事をしていても、友達といても気が晴れず、その痛みにジッと耐えなくてはならないつらさは、多くの人が共感できることだと思います。

続きを読む

1