許したいけれど許せなくて苦しい貴女へ…彼の裏切りを許す方法

61

彼と付き合っていく内に、二人の間には色々な事があるでしょう。時には、彼を好きになったばかりの時には、想像もつかなかったでき事などがあるのではないでしょうか。

貴女の大好きな彼が、自分を裏切るような真似をするなんて思いもしなかったと思います。許したいけれど、未だに彼を許せずに苦しんではいませんか?

想いの分だけ傷は深い

shutterstock_2217473228

「彼が他の女性と浮気していた」

「もうしないと私と約束したのに、その約束を彼が破った」

「私がショックを受けるような嘘を、彼がついていた事が発覚した」

自分は彼の事を心から想っていて、お互い信じ合いながら傍にい ると思っていたのに、彼にそのような事をされてしまったら、誰でも裏切られたと感じてしまいますよね。

彼を想っていた分だけ傷は大きく、悲しんで傷ついて、その痛みを修復する事は中々難しかったり、時間がかかってしまうと思います

時が癒してくれる事もありますが、人間、嫌な記憶はどれだけ消し去りたいと強く思っても、中々消えてくれないものです。随分長い年月の間、自分ではどうしようもできずに、苦しめられている女性もいるのではないでしょうか。


それが起きた原因を考える

1034

彼をいきなり許す事は、無理やりでも難しいと思います。相手を許すためには、相手への理解を少しでも深める事 が大切です。

原因を考える事で心を整理する

苦しい感情は少し横に置いておいて、まずは、何故、彼が貴女を裏切るような事をやってしまったのか、ゆっくり考えてみていただきたいと思います。

「どうして、傷つけられた私が彼のやらかした理由を考えてあげなきゃいけないのよ」そんな風に、思ってしまう女性もいらっしゃるでしょう。

ですが、これは貴女の傷つけられた心を少しでも癒すために、そして自分の気持ちを整理するために大切な事なんです。

彼とこれから先も付き合っていきたいと、少しでも思うのならば、同じような事が繰り返し起こらないためにも、原因を考えてみ る事は必要ですよね?

彼がやってしまった事ですが、これからの自分のためだと思って、貴女の気持ちが落ち着いてきた時でいいので、ちょっと頑張ってみてください。

原因は色々考えられる

例えば、彼が浮気をしてしまったとします。浮気は許される事ではありません。ですが、そこに至った、彼の経緯をパートナーとしては知ってあげても良いのではないでしょうか?

浮気の原因は、色々あるでしょう。貴女とあまり会えずに彼が寂しいと感じる事が多かったり、貴女と喧嘩や衝突などが多くて、貴女との仲が上手くいっておらず、その隙間を埋めるためかもしれません。

あるいは、彼 が意志や理性が弱い人であったり、元々浮気性のような彼ならば、精神的に弱い部分や満たされない部分があるから、何人もの女性を求めてしまうのでしょう。

嘘をついた彼も同じです。精神的に弱いから、貴女が離れていくのが怖くて嘘をついてしまう事もあります。あるいは、貴女を心から信頼できていないから、嘘で誤魔化してしまうのです。

彼の心情をできるだけ理解する

いずれにしろ、どんなでき事にも原因はあります。その原因を、貴女がどういう風に感じて、どのように考えていくのかで、彼を許せる事に近づくきっかけになるのです。

「彼が浮気をしても、私と別れないのは、結局彼は私の事が 好きなんだなあ」

「彼は心が弱い人だから、あんな事をしてしまったんだ」

「彼が嘘をついたのは、結局は私に嫌われたりするのが怖かったからかな」

「彼があんな事してしまったのは、私がこんな感じだったからかもしれない」

そんな風に、彼のやってしまった事に自分の要因を絡めて考えてみたり、あるいは彼の弱い部分を察するように考えてみてあげてください。

そうすると、ちょっとでも心が落ち着いてきて、彼の事をすぐには許せないとは思いますが、彼の事をほんの少しでも理解してあげる事ができる、きっかけになるのではないでしょうか?

相手の事を許すには、まずは相手を少しでも理解してあげる事から始めるのが大切です。

彼に対する感情と捉え方

158

貴女を一度裏切った彼を、今まで通りそのまま受け入れる事は難しいですよね。

彼に疑心暗鬼を抱いてしまう

彼に対しても、自分に対する愛情を疑ってしまったり、この先また彼は自分を裏切ってしまうのではないかなど、疑心暗鬼のように陥ってしまう事もあるでしょう。

裏切られても、彼の事は大好きだから信じたいけれど、信じられない自分の気持ちもあって、その葛藤で更に自分を苦しめてしまいます。

貴女を傷つけた彼本人が、貴女を癒してくれるのならば良いのです。ですが、どれだけその彼が貴女に誠意をもって 謝罪したり、罪滅ぼしをしようとしても、それを貴女が素直に受け入れられるかどうかが難しいところだと思います。

先ほどもお話しましたが、一度裏切られてしまった相手に対して貴女は疑心暗鬼を抱いているので、彼のその謝罪や罪滅ぼしなどですら、貴女は疑ってしまうのではないでしょうか。

素直に非を認められない彼

そして、彼が本当に誠意を持って貴女に対して申し訳ないと、心から思ってくれるのならばまだ良いのですが、残念ながら中には、そうではない男性もいるでしょう。

貴女がとても傷ついたにも関わらず、彼の方は対して気にも留めておらず軽い謝罪だけで済まされたり、あるいは、プライド が高いのか謝罪するのが嫌なのか、誤魔化して済まそうとする男性もいます。

一番やっかいなのが、自分のした事を認めなかったり、開き直ったりして女性にいわゆる逆ギレの状態になる彼です。

自分のした事を素直に認めて相手に謝るという事ができずに、その自分が上手くできないもどかしさを女性の方にぶつける事しかできないのです。

彼に裏切られて傷ついた女性の中にも、「彼のやってしまった事は仕方がない、でも私の心が少しでも癒えるような、十分な彼からのフォローがないのが悲しい」と感じる女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

自覚はないが罪悪感はある

しかし、軽い謝罪にしろ、誤魔化すにしろ、逆ギレにしろ、ほとんどの彼は自分がやってしまった事で、彼女を傷つけてしまった事に対する罪悪感や後ろめたい気持ちはもっています。

ただ、そこに自覚がない事が多いのです。ですが、罪悪感という嫌な感情を、彼らは無自覚ながらに感じてしまっています。

ですから、その自分では何なのかわからない嫌な感情から逃れるために、敢えて謝罪や罪滅ぼしというものから、無意識に目を背けて逃げてしまうのです。

そして、結果的に貴女を更に傷つけるような事になり兼ねない対応しか、できなくなってしまうのです。

もし、彼が自分を裏切る前は、彼の愛情を感じ る事はあったのに、裏切った時は充分な謝罪をしてくれなかったと感じる女性は、男性のそういった部分を少し考えてみてください。

勿論、だからと言って許さなくてはいけないとか、無理に理解する必要などはありません。ただ、この先も彼と付き合っていきたい気持ちが少しでもあるならば、ほんの少しでも貴女の捉え方を変える事も必要だと思うんです。

「彼はあんなひどい事したのに、私に素直に謝ってくれなかった。私の事は本当は好きじゃないんだ」そんな風に捉えてしまっては貴女が苦しくて、この先彼とは上手く付き合えなくなってしまうでしょう。

「彼はあんなひどい事したのに、私に素直に謝ってくれなかったけれど、悪いとは感じてい て、それが素直に表現できない心が弱い人なんだ」

そんな風に捉えると、貴女の心が少しでも彼と付き合うために前を向くきっかけになるのではないでしょうか。

根に持つタイプと誤解されない

アクション

貴女がまだ傷ついていても、彼の中ではすでに終わっている話だと思われている事もあります。

冷静に彼に伝える

また、男性よりも女性の方が、物事やでき事などを鮮明に覚えている事が多いです。その結果、よく女性は昔の出来事を持ち出して、グチグチ言ってくるというような話を耳にします。

確かに、中には、いわゆる根に持つと呼べるような女性もいらっしゃるようで すが、彼に裏切られたなど相手に非がある場合は、女性側がその相手の男性に充分なフォローをして貰っていない事も多いのです。

にも関わらず、そういう風に思う男性に限って、自分の都合の悪いところはほとんど記憶していないので、彼の中ではいつまでも根に持っている女性側が悪いという認識になってしまうのです。

こういった彼には、彼のやった事が悪くて自分が如何に傷ついて、そして納得のいくような謝罪や心のケアなどのようなフォローがなかったか、そういう自覚はありません。

まずは、そういった彼にはどういった部分で貴女が傷ついて、いくら許したくても彼からのフォローがほとんどないので、許せずに自分も苦しいという事を伝え てみてください。

その時は決して、感情的にならずに淡々と冷静な口調で話してみましょう。男性は、女性が感情的になっている状態で話し合うのは苦手で、避けようとしますが、冷静に話し合えば耳を貸してくれる事もあります。

あまり話が長いと、彼がイマイチ理解できていない事もあるので、伝えたい大切な事は要点をまとめておきましょう。

少しでも良い方に考える

そして、どれだけ貴女が冷静に話してみても、耳を貸そうともしない彼や、いつまで根に持っているんだというような態度をとる彼もいると思います。

そういった場合は、話し合いをする事は無駄に近いどころか、彼に貴女がしつこ い女性だと思われてしまう可能性もありますよね。

そこで、貴女が、「彼はこんな冷たい人なんだ、彼は結局私の事なんてどうでもいいんだ」そんな風に判断して、彼との付き合いを見直すのも良い事だと思います。

ですが、それでもまだ彼と付き合っていきたいと思うならば、彼の事をまだ許せなくても良いです。ただ、彼の前でその話題を出す事をやめましょう。

彼は確かに、貴女を裏切りました。それは決して許されない行為かもしれません。ですが、それでもまだ貴女といるのは、これから先も彼も貴女と付き合あっていきたいという思いはあるのです。

彼にとっては、過去の悪い事は早く忘れたりなかった事にして、この先の未 来は貴女と楽しく付き合っていきたいのです。

ひどく、むしの良い話に感じると思います。ですが、彼が貴女にこれからも傍に居て欲しいと思う気持ちだけは本心です。

彼とこの先も付き合っていきたいと思うならば、そういう彼の本心にできるだけ目を向けるようにしてみていただきたいと思います。

そうすると、貴女の彼への嫌な感情がほんの少しかもしれませんが、軽減されるのではないでしょうか。

許す事を許していないのも自分

shutterstock_136570493

彼を許したいのに許せないのは、結局、彼を許したくないという気持ちが貴女の中にあるからです。

それは、彼を許してしまっては、自分の傷ついた心がないがしろにされているような気がするからではないでしょうか?

彼を許して苦しい気持ちから楽になりたいという心に、彼を許してしまったら傷ついた私はどうなるのかという心が抵抗しているのです。

貴女は悪くありません。悪いのは彼です。彼のやった事も悪い事です。ですが、結局その抵抗で苦しんでいるのも、彼ではなくて貴女自身です。

貴女はたくさん苦しんで、そして傷ついた自分と十分に寄り添えたはずです。これ以上、自分自身を苦しめる事はもうやめにしませんか?

貴女の幸せな未来のために、彼を許そうとする自分を、自分で許してあげていただきた いと思います。