結婚の意思はあるの!?いつまでも煮え切らない彼への対処法

25shutterstock_147642206

30歳が近づくにつれ、目の前に結婚の文字がちらつく。どんどん結婚・出産していく周りを見て、自分も早くしなくちゃ!と焦りはじめる人も多いのではないでしょうか?

それなのに、付き合っている彼は結婚のけの字も口に出さず、焦りと不安は募るばかり…。そんな彼に、どう向き合えば話が進むのでしょうか?

男と女のタイムラグ

気持ちが焦るほどに、のらくらとのんきな彼氏にイラついてしまったりしませんか?まずは、男と女では認識に差があることを理解しましょう。

30歳を目前に焦る女性

女性は、なぜか「30歳までに結婚したい」と、30歳をリミットにしている人が多いようです。必然的に、四捨五入で30歳になる20代後半、とりわけ28歳ごろに焦り始める。

「今から婚約して、二人で結婚資金を貯めて、式場を押さえて結婚式の準備に半年から一年…」などと逆算する結果なのでしょう。

都会では、30代で独身を謳歌している女性は普通ですが、地方では未だに「25歳を過ぎたあたりで、結婚はまだかと言われる」「30歳過ぎたら売れ残りという空気を感じる」と、時代錯誤なプレッシャーが存在することも。

ところが、多くの女性が焦り始めるその年齢は、男性にとっては全くぴんとこないのです。20代後半は、仕事も遊びも乗って楽しい時期。

ずっと独身でいるつもりはなくても、結婚はまだまだ先のことで具体的には考えられない、という男性は多いのです。仕事が充実している人ほどそういう傾向があります。

現実感の違いと、出産リミット

多くの女性が結婚を焦る理由の一つに、出産のリミットがあります。医療が発達したといっても、35歳を過ぎると高齢出産に数えられ、高齢出産のリスクは高いということが女性なら耳にしたことがあるのではないでしょうか?

卵子も老化していくし、年齢が上がるほどに妊娠自体もしにくくなる…。そんな情報を仕入れて不安になった女性たちは、将来の色んなケースを具体的に考えます。

30歳で結婚して、1年くらいは夫婦だけの生活を楽しんで、妊娠して出産するころには大体32歳かな。子供は2人欲しいから、2年後にまた出産するとして34歳でぎりぎりセーフかぁ。でも、もしなかなか妊娠しなかったら不妊治療を受けないといけないから…。

そんなふうにシミュレーションする女性の頭の中は、男性は全く理解していないと思っておいたほうがいいでしょう。

妊娠しない男性は、そんな情報自体知らなかったりしますし、自分の身に迫ったことでないと、誰しも真剣に具体的に考えたりしないものです。

加えて、男性のほうが圧倒的に、女性より現実感に欠けるといえます。結婚後の夫婦でも、金銭的なことや現実的な細かい事を気にかけてピリピリするのは妻の方、ということが多いのです。

最低3~4年のタイムラグが

筆者の周りでは、男性が本格的に結婚を意識しだすのは32歳以降が多い気がします。女性よりも、最低3~4年は遅いのです。

まずそのことを頭に入れておく必要があります。そういうものだと思っていれば、「いつになったら結婚の話になるの?」と必要以上にやきもきすることも減るでしょう。

もし彼が、もうすぐそのあたりの年齢にさしかかるとしたら、結婚する気が全くないのでない限り、待っていれば自然とそういう方向になることも考えられます。

だけど、もし彼が年下や同い年で、全く危機感がないとしたら、前述の「女性には出産のリミットがある」「最近は不妊が多い」「高齢出産のリスク」などの情報を、さりげなく提示するといいでしょう。

そうでないと、突然人が変わったように焦りだす彼女が男性には理解できず、すれ違いの原因になってしまいます。

外堀埋め&人を使う作戦

早く彼と結婚がしたい。少なくとも、結婚の話がしたい。そう思っても、相手からその話が出ないと自分からは切り出しにくいという人も。

まずは、親を使う

どうしてもストレートには切り出しにくいという人は、まずは親を使ってみてはどうでしょう?

「母親から電話があって、最近友達の娘の出産が続いてるから、私も早く孫の顔が見たいって言われたよー」「こないだお父さんに、彼氏をちゃんと会わせろって言われちゃった。これから先どうするつもりなのか気にしてるみたい」などと、何気なく言ってみる。

もし彼氏が、今はまだぼんやりしていてもいずれは…とどこかで考えてくれているとしたら、戸惑いながらでも結婚に向けての話に流れていくはずです。

友達や知り合いの幸せエピソードを話してみる

友達や知り合いの夫婦を見て、「いいな」と思ったエピソードを世間話程度に話すというのも、話のきっかけとしてはハードルが低いのではないでしょうか?

もしかして彼は、職場の上司や先輩から夫婦生活の愚痴を聞かされ、結婚に対してあまりいいイメージを持っていないかもしれません。

そんな場合でも、「結婚ていいかも」と思える、具体的にイメージができる情景を彼の頭の中に描いてあげることは有効と言えます。

「もっといい人がいる」と言われてしまった!

けれども、残念ながら遠まわしのアピールが全く効かないこともあります。

つい爆発してしまった

Mさんは、付き合っている彼氏と早く結婚がしたいと焦っていました。あまり直接的に言うのはがっついているようで気が引けて、ちょこちょことアピールを重ねてきたものの、一向に脈がない。

彼氏の態度に苛々と不安がマックスに達して、ある時とうとう爆発してしまいまいました。

「2年も付き合って、私はそろそろ30歳なのに結婚の話が出ないなんて信じられない。周りがどんどん結婚して、Mちゃんはまだなの?と言われてみじめだ。もし全く結婚する気がないなら、こっちだって新しい人を見つけないと間に合わない」

そんなことを泣きながらまくしたててしまったのです。

彼の答えは…

それに対して彼は、こう答えたのです。

「Mのことは好きだけど、正直言って今はまだ結婚とかは考えられない。いつになるかわからないけど、もう少し待ってみてほしい。だけど、すぐに結婚したいっていう期待にはこたえてあげられないから、もっといい人を探す方がMにとっていいのかもしれない」

自分の投げ方がまずかったとはいえ、Mさんはショックでした。これは実質的に別れを切り出されたのだろうか。それとも、正直に気持ちを話してくれた彼を信じて、待つべきなのだろうか、とその後一人で深く悩んだのです。

見切りをつけたほうがいいことも

日本では、結婚=責任を背負うこと、と考えている男性は多い。社会的・経済的に自信がついてからでないと、結婚なんてできないと思っているのです。

加えて、最近は「30歳で成人」というのがスタンダードになってもいいのではと思うほど、精神年齢の低い男性も増えている印象です。彼らはいつまでも身軽・気楽でいたいと、責任を伴うことを敬遠する傾向が。

だからこそ、女性側も気を遣って、「プレッシャーを与えないような、結婚話の切り出し方」なんて土台無理なことを試みるわけですが、Mさんの場合、試みた結果、一番まずいやり方で爆発してしまったというわけです。

だけど、「違う人を見つけたほうがいい」と言える彼氏は、この先何年経っても同じことを言う可能性もあります。

もしくは、結婚自体を考えられないのではなく、Mさんを結婚相手としてイメージできない、という可能性も。長く付き合った彼女と別れた後、別の人とスピード結婚した男性もけっこういるのですから…。

決断が難しいところですが、どうしても結婚に目が向いているMさんはこの彼に見切りをつけたほうがいいかもしれません。

結婚できれば誰でもいい?

結婚を促すような話をする場合、「この子はただ結婚を焦っているだけで、誰でもいいから結婚したいだけじゃないのか」と思われ、彼氏が乗り気になれない場合もあります。

焦りが露骨だと、特にそう思って引いてしまうのです。

だけど、「結婚」の二文字に目隠しをされてしまったような状態で、実際に「ただとにかく結婚がしたい」という思いに取り付かれている女性が多いのも事実。

「彼に結婚する気がないなら、早く次を見つけなきゃ間に合わない」と口にする女性をよく見かけますが、それでは彼に「結婚できれば誰でも…」と思われても仕方がない。まあ、誰しもそんな強迫観念に取り付かれる時期はありますが。

そう思われないためにも、あなたとだから結婚したい、ということを理解してもらう話し方が必要になってきます。

結局は、ストレートに話し合うのが一番

プレッシャーを与えないように、誰でもいいと思われないように…。色々と気を遣ってしまう結婚話ですが、結局は正直な気持ちをストレートに切りだすのが一番だと筆者は考えます。

誰かと一生過ごし、家族を作るということは、そもそも男女問わずプレッシャーと責任を伴うことです。

実際に結婚すれば、予想外の困難が次々に現れますし、それを二人で乗り越えていくためには、切り出しにくいことも話し合わなくてはいけない場面がたくさんあります。

それが、結婚するという話もできないようでは、二人でやっていくこと自体が難しいのでは、と思うのです。

結婚はタイミング、とはまさにその通りで、二人のタイミングが合わないこともあります。だけど、勇気を出してあなたからストレートに切り出しても逃げの姿勢に入るような相手なら、残念ながらそれまでの相手だったということ。

逆に、正直に切り出して話し合うことで、今すぐに結婚、という話にまではならなくても、まるで病気のように取り付いていた焦りから解放されて落ち着いたという人もいるのです。

一人で苛々あせっているよりも、まずは勇気を出して切り出してみてはいかがでしょうか?よい結果をお祈りしています!